スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


クリスマスチャリティマッチ ~ 東北ドリームス対JAPANスターズ
カテゴリ: チャリティマッチ / テーマ: サッカー / ジャンル: スポーツ
クリスマスの被災地向けチャリティイベント。


~ 先発
 JAPANスターズ
 監督 山本昌邦
 GK 土肥洋一
 DF 鈴木大輔 土屋征夫
 MF 那須大亮 伊東輝悦 佐藤勇人 國吉貴博 鈴木惇
 FW 池元友樹 都倉賢 カレンロバート

 香川・内田は所属クラブから出場の許可がでなかった。これに違反して出た結果、なにか起きてしまうと契約違反となってしまう。


 東北ドリームス
 監督 加藤久
 GK 小針清充
 DF 渡部博文 岡山一成
 MF 松下年宏 佐々木勇人 熊林親吾(秋田出身) 奥山泰裕 林勇介 山本脩斗 小笠原満男(岩手出身)
 FW 萬代宏樹(宮城出身)

 主審は佐藤秀明さん。岩手県出身の方。副審も東置く出身の方がつとめる。


~ 試合の流れ
 開始当初は東北ドリームスが押す展開。サイドからの攻撃がいい。   
 3-2-3-1の布陣を取るJAPANドリームスはなかなかリズムが作れない。
 
 先制は15分、東北ドリームス奥山が先制点を決める。
 落とされたボールをダイレクトで豪快にけり込んだ。
 その後、サンタ姿になり、選手がスタンドにプレゼント?を投げ込むパフォーマンス。その後、スタンドに向けて弓を引くポーズ。チャリティならではの風景だ。

 前半21分、JAPANドリームス鈴木惇(福岡)の豪快なミドルシュートが決まり、同点。
 ノーマークとはいえ、素晴らしいシュートだった。
 ゴール後のパフォーマンスは胴上げ。

 得点後からはJAPANスターズが押す展開に変わった。
 しかし、岡山は相変わらずのお祭り男。目立つなぁ。
 前半35分に得たPKを岡山にボールを渡されるが、ボールをおいた岡山は小笠原をキッカーに指名。
 その小笠原は、チョップキック気味にシュートするが、タイミングをずらされたキーパーの手にひっかかり、ゴールならず。

 前半40分、鈴木惇のセンターリングをカレンロバートがそらしに鈴木大輔が頭で合わせて勝ち越しゴール。
 パフォーマンスはベンチにいる中山雅史を胴上げ。

 ハーフタイムには、サンタの衣装をきた香川と内田がスタンドにプレゼントを投げ込んでいた。
 そしてタッキーアンド翼のミニコンサートが行われていた。

 後半開始
 東北 
  佐藤寿人(元仙台所属)、齋藤(仙台所属)・角田(仙台所属)・一柳(元仙台所属)・田村(仙台所属)・東(宮城出身)・高萩
 JAPAN
  槙野・矢野・黒部・松井・仲間(熊本)・伊野波

 後半15分、松井のセンターリングに矢野貴章が頭で合わせて3-1。松井のパスは柔らかくコントロールされていた。本当に素晴らしいテクニック。
 ゴール後のパフォーマンスは選手全員で囲んだ中で中山がサンタの衣装に着替えて登場。登場の際に囲んだ選手が倒れるというもの。

 GKで関と川口が登場。

 後半31分、松井がキープしてアウトサイドで出したパスを仲間が決めて4-1。JAPANは、パフォーマンスがネタ切れの模様。しかし、松井のボディバランスは素晴らしかった。

 後半32分、大津が出場。大津は、今日帰国して駆けつけた。途中、渋滞のため?タクシーを降りて走ってきたとのこと。試合途中にスタジアムについて、そのまま出場。

 後半40分、コーナーキックからのボールを佐藤寿人が押し込んで4-2。佐藤寿人は、サンタクロースの衣装をきて、スタンドにプレゼントを投げ込む。そのまま東北ドリームスの全員がバックスタンドに走り、弓をひくパフォーマンス。

 後半42分、香川と内田が主審に交代のアピール。副審に二人が入る。主審は、当然、笑顔でこの交代を認める。
 観客は大喜び。
 その直後、槙野と大津が香川に異議を唱えるパフォーマンス。

 後半44分、中山雅史が登場。

 後半45分、副審の香川がコーナーキックを軽くけり込み、リスタートをする。

 ラストプレーは中山のプレー。シュートを打つかと何度か見せかけつつ、持ち込んだボールを槙野にセンターリング。しかし、これがキーパーにキャッチされて試合終了。


~ 試合を終えて
 チャリティーマッチの意義は何か?という疑問がある。
 しかし、この試合をみれば明らかだと思う。時間とともに被災地にいる人間以外は、ボランティアの意識、チャリティの意識が薄れてしまう。被災地に住む方々を喜ばせるとともに、それを思い出させてくれる機会になっている。
 行政や企業が勝手に復興しているような雰囲気を醸し出しているが、実際はそうではない。過去経験のないようなレベルの震災がそう簡単に復興できるわけがない。そういった中で前を向いて生きている被災地の方々に笑顔を与え、被災地以外に住んでいる人たちに忘れかけているものを思い出させる。それだけでチャリティマッチの意義はあると思う。
 
 震災後に書いたが野球は硬直化しすぎていて、こういったイベントが自由にできない。選手たちが自主的にこういったイベントを継続的に開こうとしていることには、本当に敬意を表したい。

 
東北スターズ 2 ー 4 JAPANドリームス
15分 奥山泰裕(東北ドリームス)
21分 鈴木惇(JAPANスターズ)
40分 鈴木大輔(JAPANスターズ)
60分 矢野貴章(JAPANスターズ)
76分 仲間隼斗(JAPANスターズ)
85分 佐藤寿人(東北ドリームス)

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
2011.12.24 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


集いし男たち ~ ANTLERS REGENDO 対 WITH HOPE UNITED   
カテゴリ: チャリティマッチ / テーマ: サッカー / ジャンル: スポーツ
被災した鹿島スタジアムで行われる復興チャリティイベント。
この試合から鹿島スタジアムでの試合が行われるそうです。

メンバーは、以下のとおり。かっこ内は年齢です。
WITH HOPE UNITED
GK 小島伸幸(45) 都築龍太(33)
DF 中西永輔(37) 鈴木秀人(36) 小村徳男(41) 米山篤志(34) 三浦淳寛(36) 上村健一(37) 福西崇史(34) 柳本啓成(38)
MF 山口素弘(42) 名波浩(38) 北沢豪(42) ラモス瑠偉(54) 岩本輝雄(39) 奥大介(35) 澤登正朗(41) 平野孝(36)
FW エムボマ(40) 長谷川健太(45) 小倉隆史(37) 福田正博(44) 西澤明訓(34) 山下芳輝(33) 城彰二(35)
監督 松木安太郎


ANTLERS REGENDO
GK 古川昌明(42) 高桑大二朗(37) 千葉修(43)
DF 名良橋晃(39) 秋田豊(40) 奥野僚右(42) トニーニョセレーゾ(56) 大野俊三(46) 大岩剛(38) 室井市衛(36) 賀谷英司(42) 金古聖司(31)
MF 本田泰人(41) オズワルドオリヴェイラ(60) ジーコ(58) 阿部敏之(36) 熊谷浩二(35) 石井正忠(44)
FW アルシンド(43) 平瀬智行(34) 長谷川祥之(42) 鈴木隆行(34)
監督 ジーコ

 
すごく懐かしい面々。鈴木隆行は、水戸ホーリーホックに加入したばかりなので、懐かしいは失礼ですが。
鹿島アントラーズの監督のオリヴェイラが先発出場!選手としてのキャリアはほとんどないようだが、大丈夫なのか?

主審は岡部拓人さん。試合の趣旨を理解した笛を吹くのは難しそうだ。

解説は、中田浩二と本山雅志。下手なこといえないから、大変そうだ。

先発は
WITH HOPE UNITED
GK 小島
DF 中西 上村 小村 柳本 
MF 山口 澤登 ラモス 北澤
FW 長谷川 エムボマ


ANTLERS REGENDO
GK 千葉
DF 名良橋 秋田 大野 賀谷 トニーニョセレーゾ
MF 本田 オリヴェイラ ジーコ
FW アルシンド 長谷川

試合は30分ハーフ。

みんな太くなりましたね。ジーコは」別の意味で存在感をましましたね。こうみると名良橋はむしろやせたか?名良橋は、今年1月の湘南国際マラソンのハーフだったと思いますが、ゲストランナーでていました。そのとき私はフルの部にでていたわけですが。
オリヴェイラは10分で膝が腫れると言っていたようですが、どうでしょうか。


ジーコは、運動量こそ・・・ですが、やはり視野が広い。ボールさばきはさすがです。

エムボマのリフティングドリブルは湧きましたね。エムボマは、ガンバ大阪在籍時代、浪速の黒彪と呼ばれた選手。こういったイベントにわざわざきていただけるのはありがたいですね。


前半16分 
長谷川祥之 → イゴール
アルシンドの息子。19歳はおじさま相手に反則じゃないのか?
大野 → 奥野
千葉 → 古川

アルシンドとイゴールの親子2トップ。イゴールはまだあどけなさがありますね。

前半19分、長谷川健太のミドルシュート。これで長谷川健太は足を痛め、ベンチに交代のアピール。
前半20分に長谷川健太に代えて山下。長谷川健太さん、新潟の監督でありながらこの試合にかけつけ、お疲れ様でした。

前半21分
エムボマ → 福田

前半23分
イゴールのキープから中央にマイナスのパス。これをジーコがダイレクトシュート。
こういうのをもっている、というのでしょうね。イゴールが華をもたせたという感じもしますが。


後半の解説は、岩政大樹と田代有三


後半のメンバー(確認できる限りで)
WITH HOPE UNITED
GK 都築
DF 鈴木秀人 米山 
MF 福西 名波 奥 ラモス 三浦
FW 平野 福田  


ANTLERS REGENDO
GK 高桑
DF 金古 大岩 奥野 室井
MF トニーニョセレーゾ 阿部 石井 熊谷 
FW 鈴木隆行 平瀬

後半に入って若返りをはかり、スピードがアップ。少しだけ?本気モードだ。

37分 トニーニョセレーゾ → 本田

39分
 岩本輝雄
 小倉
 城
が交代でピッチへ。

40分 石井のクロスととも思われたシュート。これが決まって追加点。
田代はクロスと認定。岩本はシュートということにしておくということです。

41分 鈴木隆行のシュート。さすが現役と思わせる勢いのあるシュートでした。

50分 WITH HOPE UNITED、オウンゴール。石井のクロスを米山がクリアできず、足にあたってオウンゴール。

51分 平瀬 → アルシンド

53分 奥 → 西澤

53分 WITH HOPE UNITED のFK。FKの数が少ないですよね。ラモス・三浦・岩本とか素晴らしいキッカーがそろっているのに・・・三浦のFKは惜しくも左にはずれる。三浦は、FKのゴール数では、記録保持者なんですよね。

55分 奥野 → 秋田

56分 24のユニを着て準備をしていた松木安太郎がとうとう出場。
    同時にエムボマが交代で出場。

    松木は右サイドバック、かな。ゆっくりとちょこちょこ走ってあがっていきます。

    秋田対エムボマのマッチアップ。エムボマが大げさに演技して倒れる場面はこういった試合ならではです   ね。

57分 金古 → 長谷川祥之

 松木、ボールをもらうのを嫌がっている感じです。ボールにさわったのはヘッディング1度?

 アディッショナルタイムは3分。名良橋が掲示しました。

 そのアディッショナルタイムに秋田が猛然と駆け上がり、ダイビングヘッド!・・・しかし、ゴール上へ・・・

 三浦が左サイドから再度FK。エムボマにかすり、ポスト直撃。スピードもあるいいキック!惜しかったなぁ。

 ラモスのパスを受けたエムボマのシュートがはずれて試合終了。


 すみません。ちょっと中途半端になってしまいました。
 でも、こうやって懐かしの選手が出てくる試合はいいですね。緊張感があまりなく、楽しく観戦させていただきました。
 復興に向けた支援、これは継続していかなければいけませんね。被災地の人たちはぎりぎりのところでがんばっています。被災地にいない方々は、「がんばろう」というだけではなく、支援をしていかなければなりませんね。「困ったときはお互い様」という言葉がありますが、これを実践していかなければいけないと思います。



にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 
2011.06.04 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


チャリティー ~ドルトムント 対 欧州日本人選抜
カテゴリ: チャリティマッチ / テーマ: サッカー / ジャンル: スポーツ
東日本大震災復興支援チャリティマッチ。
ブンデスリーガー優勝のドルトムントが企画したチャリティマッチ。相手は、欧州でプレーする日本人選手を集めたチームです。
日本選抜のユニフォームにあるワンポイントのマークは矢野貴章がデザインしたらしいです。
今日はドルトムントのホームスタジアムではなく、50キロ離れたルイスブルクのスタジアムでの試合。普段は他のチームのホームスタジアムだそうです。


いつもと違い緩い感じで書きます。

日本人選抜は、
GK フォッヒャー(川島が合流しなかったため、ドルトムントの選手をレンタル)
DF 内田篤人(シャルケ)・細貝萌(アウグスブルク)・槙野智章(ケルン)・相馬崇人(コトブス)
MF 長谷部誠(ヴォルスブルク)・赤星貴文(ボゴンシチェシン)・香川真司(ドルトムント)
FW 岡崎慎司(シュツットガルト)・森本貴幸(カターニャ)・矢野貴章(フライブルク)

控えは、安田理大(フィッテセ)・名波浩・西澤明訓・奥寺康彦(現 横浜FC会長)・城彰二・ブッフバルト(元浦和レッズ)・ルンメニゲ(元浦和レッズ)・オルデネビッツ(元ジェフ千葉※当時は市原)・そして・・・
安田以外、懐かしいメンツです。

監督 リトバルスキー
キャプテンは香川。ドルトムントとだけにね。

こうみると来期のためにアピールしたい選手も結構いるような感じです。


開始早々内田交代。安田が出場。内田はまだ試合を控えているため、形だけの出場だったみたいです。
是非はともかく、チャリティを考えれば参加しようとした内田、お疲れ様。


前半7分 マルクスホイルナー(ドルトムント)の先制ゴール。フリーだと確実に決めてきますね。
日本人選抜は、急造だしチャリティだしで、プレッシャーは少し甘め。まぁ、怪我したらしょうがないわけですが。


日本の左のCKは赤星。赤星、もっとがんばって欲しいなぁ。もう25歳か。チャレンジにでたんだしね。


前半11分、ドルトムント追加点。ダニエルジェンチク。ディフェンスはそれなりに長い時間かけてつくるものだな、と思える日本のラインでした。
シーズン通して作っているチーム相手は難しいですね。


前半18分、森本のキープから中央の香川へ。香川のキープからほぼフリーのシュートは残念ながら、サイドネット。かなり決定的なチャンスでしたが、残念です。


前34分岡崎が抜けだそうとしたところを後ろからタックルをうけ、PK。体を入れ替えた岡崎はうまかったです。
キッカーは香川。キーパーの逆をつき、右に決めてゴール。

得点後、香川交代。ルンメニゲ投入。
香川は怪我あけですしね。しかし、ルンメニゲといえば、浦和レッズを支えた選手。懐かしい。髪の毛の量はあまりかわらないか(笑)でも、一人少し太い選手が登場です。ルンメニゲはドルトムントでもプレーした選手。気のせいかプレッシャーが他に比較して甘い。


前40分赤星→名波。
赤星、がんばって。もっとでたかっただろうな。
名波といえば、あの中田英寿が認めた選手。往年の技術は健在でしょうね。


後半西澤投入らしい。すみません、後半9分くらいに実況がそう話をしていました。矢野に代えて西澤です。西澤は、スペインでのプレー経験があります。

そして左のCKはルンメニゲ。キックの精度は、運動量とは関係ない。と思っていたら、ショートコーナー・・・


後半11分、ルンメニゲのCKから岡崎の惜しいヘディングはキーパーがクリア。ちょっとコースが甘かった。


後半12分、森本に代えて城投入。フランスワールドカップのときはエースフォワードでしたが、現役引いてやはり太りましたね。城は、現役時代、スペインでのプレー経験があります。しかし、城はルンメニゲより太い。


右CKもルンメニゲ。やはりキックはルンメニゲですね。


後半19分、西澤にかえてオルデネビッツ。ジェフ市原に在籍し、左足でJをかき回した選手です。94年J得点王。元ドイツ代表。
2トップは、城とオルデネビッツ。ジェフ市原の2トップの再現です。

そしえ、後半20分、ブッフバルト投入。センターバックに入りました。交代は、相馬かな。右に安田、左に細貝。
ブッフバルトは動けないですね。まぁ、仕方ないです。

後半23分、名波に代えて赤星再投入。再投入が許されるのはチャリティ故。
ところでリトバルスキーは?

後半27分 ルンメニゲに代え、奥寺康彦。
ブンデス活躍した日本人のパイオニア。

後半33分城に代えて矢野が再投入。
城、お疲れ様。

後半36分 オルデネビッツに代えて森本再投入。
岡崎にかえて、ピートクロッケ。サッカー選手ではないらしいです。めがねをかけて登場。誰?と思っていたら、ドイツのエンターテイナーのようです。
そしてやはり目立たないですね。

そのまま特段のプレーもなく試合終了。
少し油断した感じで試合をみてしまいました。懐かしい選手がみれた喜びなどなど。
この試合でのスポンサー料・放映料・入場料などは義援金にまわされるとのことです。


にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ




2011.05.19 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


順位表
サッカーニュース
プロフィール

弁護士やす

Author:弁護士やす
Jリーグ創設元年からJリーグの試合を追いかけています。弁護士の職業よりもJリーグ観戦歴は長い(笑)
サッカーだけでなく、法律がかかわる問題を簡単にご説明いたします。

Web page translation
FC2ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。