スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


車の運転には気をつけよう
カテゴリ: ニュース / テーマ: サッカー / ジャンル: スポーツ
東京Vでも活躍した元ブラジル代表FWエジムンド氏(40)が16日、逮捕された。95年に3人が死亡する交通事故を起こし、過失致死で懲役4年半の半禁錮刑を受けながら、14日に判事が逮捕状を請求するまで執行が延期されていた。(スポニチ


日本では、車を運転した事故では、自動車運転過失致傷罪・危険運転致死傷罪というものがあります。
また、事故後に救護を怠ったり、無免許、飲酒運転といった事情があると道路交通法違反がつきます。いずれも悪質なもので、通常の自動車運転致死傷罪よりも重く罰せられることになります。

3人が死傷するような事故を起こしたとなると、日本の裁判においても初犯であっても執行猶予付の判決を求めることは厳しいかもしれません。特に上記の道路交通法違反がつくならなおさらです。
自動運転致死傷罪は、過失犯であり、わざとやった犯罪とは区別されます。ただし、道路交通法違反はわかっていながらやっているものと判断せざるを得ません。また、自動車運転過失致死傷罪においても、事故の態様、怪我の程度などは当然考慮されます。
自動車運転過失致傷罪だけなら、怪我の程度によっては罰金に落ち着くこともあります。危険運転致死傷罪が新設されて以降、同罪が適用されると自動車運転致死傷罪の何倍かの量刑になる傾向があります。懲役10年以上の判決がでるなど、傷害致死罪の判決よりも重い判断が下されることが多々あります。飲酒運転やスピードの出し過ぎなどでは、同罪の適用がされる可能性が高くなります。車は動く凶器ですから、当然ともいえます。
また、危険運転致死傷罪にならなくても道路交通法違反の事実があると、ただちに逮捕されてしまう可能性が高いです。


車の運転で人を死傷させることは犯罪です。
運転には十分にきをつけましょう。
飲酒運転やスピードの出し過ぎは問題外です。
また、事故を起こしたら、落ち着いて救護活動をするようにしてください。被害者のためでも自分のためでもあります。
交通ルールを守って、安全運転を心がけましょう。


にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
2011.06.18 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


韓国Kリーグで八百長?
カテゴリ: ニュース / テーマ: サッカー / ジャンル: スポーツ
お隣韓国のKリーグで八百長疑惑で選手を含む4名が拘束されたそうです。(ニュース)(ニュース2

八百長の対象となったのは、Kリーグとは別に開かれるカップ戦の試合。
年俸が安い選手を相手に八百長を持ちかけていたようで、八百長に関与すると年俸の倍程度の報酬が得られた模様。

ここで基となる韓国の法律は、国民体育振興法。同法律に基づき、体育振興投票券というのが販売されます。日本で言うtotoです。
法律が改正されているかもしれませんが、これに違反すると懲役5年または1500万ウォン(本日1ウォン0.08円。つまり120万円)以下の罰金、そして10年以下の資格停止になります。1500万ウォンは、得られる報酬と比較して安いですね。まずは、懲役になるでしょう。
8名以上が関与の疑いというから、Kリーグをゆるがす事件になりそうです。


ちなみに日本では、スポーツ振興投票の実施等に関する法律というのがあり、ここにスポーツ振興投票券、いわゆるtotoについての規定があります。
罰則がいまいち分かりづらいですが、同法の38条以降に規定があります。八百長の場合、3年以下の懲役または200万円以下の罰金(第 41条 偽計又は威力を用いて指定試合の公正を害すべき行為をした者は、3年以下の懲役又は200万円以下の罰金に処する。 )になるようです。
日本の法が重い刑が定められていると思いきや、懲役の上限が低いのは驚きでした。


八百長は、スポーツの楽しみをなくします。
日本のJリーグでは八百長はないと信じています。


にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
2011.05.26 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


懐かしのアルシンド、その長男が鹿島に入団
カテゴリ: ニュース / テーマ: Jリーグ / ジャンル: スポーツ
アルシンドという選手に記憶はありますか?
鹿島アントラーズのJ開幕当初の好調を支えた選手です。

アデランスのCMに出て、「アルシンドになっちゃ~ダメ」と言っていた選手でもあります。
また、雨の日にゴールをあげることが多かったのと、その髪型から「カッパ」と呼ばれていたこともありました。アルシンド本人は、カッパが分かりませんでしたので、当初は喜んでいたそうですが、カッパの正体がわかり、激怒したなんて話もありました。

そんなアルシンドの長男ブラジル人FWのイゴール・トーレス・サルトーリ(18)が鹿島アントラーズとC契約を締結したそうです。
C契約といえば、Jリーグのプロ契約としては一番下位の契約になります。基本年俸も480万円以下でもいいことになります。一般的に新入団の選手は、C契約から始まります。そして、その選手が試合の出場時間について一定程度の要件を満たすと、クラブは契約のランクも上げなければならなくなっています。

将来性をかっての契約だそうですが、その実力はいかに?
Jリーグでプレーする姿を楽しみに待ちたいと思います。

(ニュースはこちら)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110310-00000062-jij-spo


人気ブログランキングへ
2011.03.10 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


協会に異議をだしたい・・・
カテゴリ: ニュース
 日本プロサッカー選手会が2月の臨時総会で労働組合化を決めたそうです。いつから労働組合化するかは今後の議論によるようです。
 ちなみにお隣のプロ野球では、既に労働組合化されています。
 今現在は、選手で構成される日本プロサッカー協会は単なる団体にすぎません。今回あえて労働組合化することを選択したわけです。では、労働組合化をするとどうなるか?
 憲法でも認められている団結権・団体交渉権・団体行動権が認められることになります。さらに労働委員会に届出をすることにより、仲裁などの手続きを利用することも可能となります。
 イタリアのセリエAが開幕する際、最近よくストライキが話題にあがりますよね。労働組合化したことにより団体行動権が認められると、日本でもJリーグでストライキをすることなどが可能となります。
 労働組合の構成員は多いほど、団結した行動がとりやすくなります。もっとも労働組合に加入することを強制すること、加入することを阻害することは認められていません。今後、どのような方向で労働組合を組織していくかは、日本プロサッカー選手会の手腕にもかかわることでしょう。

 日本代表の報酬の件について、話し合いを継続していくというけど、どうなるのでしょうか。場合によって、代表戦をストライキでやめる、ということもあるのでしょうか。
 日本代表というのはサッカー選手にとっての一つのあこがれであり、難しい気もします。
 ストライキとなれば、チーム・サポーターに対する影響も大きなものになります。もっとも、その威嚇がストライキの大きな魅力なのですが・・・

 カズやゴン中山など比較的高齢の選手もでていますが、サッカー選手の寿命は、やはり短いです。十分な収入もなく、業界を去る選手もたくさんいます。引退後の生活において、指導者や解説などに進めるのはごく一部。大多数は、第二の人生を送るのに大変な苦労をしています。私の知り合いのサッカー選手は、引退後に備え、大型二種免許をとっていました。
 現役として働ける期間が短い以上、その間の待遇は大切なものです。短期間としては給与はよくても(若手は新入社員のサラリーマン以下です。)、長い目でみるとどうなの?という気持ちがあり、以前、巻誠一郎選手に「長い目でみれば、やすさんは俺たちの何倍も稼ぐから」と言われたこともあります。
 
 弁護士の立場としては、労働組合を結成し、意見を主張することはいいことだと思います。
 選手にとってもチームにとってもサポーターにとってもいい方向にむかうことを祈りたいです。



(ニュースはこちら)
http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2011/03/09/kiji/K20110309000394690.html


人気ブログランキングへ
2011.03.09 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


試合はどうするのか?
カテゴリ: ニュース / テーマ: サッカー / ジャンル: スポーツ
 少し前の話になりますが、2月26日に行われたアルゼンチンの5部リーグのサッカーの試合で両チーム全員の36人にレッドカードがでて、用具係1名を含めた37人が退場処分となる珍記録がでました。
 問題となった試合は、クライポーレ対ビクトリアーノ・アリナス戦で、2—0でホームのクライポーレが勝利した後、両軍全選手の乱闘が起き、激怒したダミアン・ルビノ主審が、控えの選手を含めた36人全員にレッドカードをだしました。クライポーレの監督は、ほとんどの選手は仲裁しようとしただけなのに審判が暴走したために混乱したと激怒したとのこと。
同国リーグでは、過去に試合放棄をしたチーム18名にレッドカードを提示した試合があったそうですが、それを大幅に上回る結果となってしまいました。

 レッドカードといえば、当然次節は出場停止。チームが契約選手が29名いれば次節11人を準備できますが、できない場合、どうなるのでしょうか・・・延期などの超法規的措置がとられるのしょうか。ルールからすれば、そういうことにはならないでしょうね・・・

 日本でもそうですが、審判のレベルというものがあります。J1を担当できる審判、J2までしか担当できない審判、地域リーグまでの審判などあります。Jリーグをみる上で、どの審判がどのカテゴリーの笛を吹いているか、というのをみてみるとおもしろいかもしれません。ちなみに割り振りは基本的には審判候補者の希望をきいて割り振りをしているそうです。
 ちなみにワールドカップで笛を吹いた西村さんは、当然、一番上のランクの審判でJ1の試合の笛をふいています。J1とJ2の両方の笛を吹いている審判はもう一息といったところです。
 審判について知りたいという方、「サッカーを100倍楽しむための審判入門」という本がありますので、是非読んでみてください。審判目線にたった擁護しているとも思える本ですが、審判の実態を知るという意味ではおもしろい本です。

 野球でよく見られる?乱闘もサッカーではあまりみられませんね。野球の場合、デットボールというきっかけがあり、かつ、乱闘になりそうな際止めに入らなければ逆に罰則が適用されるという事情もあります。サッカーは小競り合いがありますが、審判がうまく試合をコントロールしている(黄色をだす)ということになるのでしょうか。

 いずれにせよ、日常でもスポーツでも暴力は振るった者負けです。激怒することがあっても手を出すことだけは避けてくださいね。
 スポーツでラフプレーが許される?理由、それはおいおいふれます。


 ニュースのURL
 http://news.biglobe.ne.jp/topics/sports/0305/52193.html


 「サッカーを100倍楽しむための審判入門」購入なら(※ アマゾンとは一切関係はありません)
 http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%92100%E5%80%8D%E6%A5%BD%E3%81%97%E3%82%80%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E5%AF%A9%E5%88%A4%E5%85%A5%E9%96%80-%E6%9D%BE%E5%B4%8E-%E5%BA%B7%E5%BC%98/dp/4062156938


人気ブログランキングへ
2011.03.07 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


順位表
サッカーニュース
プロフィール

弁護士やす

Author:弁護士やす
Jリーグ創設元年からJリーグの試合を追いかけています。弁護士の職業よりもJリーグ観戦歴は長い(笑)
サッカーだけでなく、法律がかかわる問題を簡単にご説明いたします。

Web page translation
FC2ブログランキング
遠征の手配など
検索フォーム
QRコード
QR
アクセス数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。