スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


真価 ~湘南ベルマーレ対横浜FC
カテゴリ: J2 / テーマ: Jリーグ / ジャンル: スポーツ
J2陥落後の初戦を5-0で快勝した湘南ベルマーレ。阿部、新居といったストライカーを放出した後、巻祐樹といったFWを補強。J1の記録としては、記録的な降格を味わった湘南の真価はいかに?通常、昇格・降格を同時期に味合う監督はいない。反町監督の真価が問われる。
対する横浜FCは、岸野監督の2年目。真価が問われるところだ。

双方、昇格と降格を味わったチーム。昇格への名乗りをあげるためにもともに負けられない戦いだ。

~ 先制点は開始早々 
 横浜FCの得点は開始1分。湘南のDFのあたりが中途半端な中での得点。
 荒堀が思いっきり切り込んで放ったシュートの湘南の守備がついていけずに、ゴール!両チーム通じて初めてのシュートがゴールにつながる。月並みにいえば、集中力の問題だ。
 未だ勝ち点のない横浜FCとして欲しかった先制点を勝ち取った。

 対する湘南は、勢いで勝ってきた感もあったため、攻撃力の真価が問われることになる。昨年J1で得点できなかった攻撃陣をどう修正してくるか・・・


~ ポジショニング 
 湘南の今シーズンの過去の試合を見ていないので、この試合限定という留保をつけたいが、湘南は、選手が重なる、前線の動きが少ないため、攻撃としては停滞が予想される。玉離れも遅く、プレッシャーにかかりやすいように思える。
 前線にボールをおさめる選手もいないようだが、どうするのか?


~ 両者ともいまいちか・・・ 
 横浜FCは、攻撃の形がない。先制点は、立ち上がりの油断をついたともいえるゴール。しかし、それ以降、崩しての形というのはない。守備には人をさいていて、大けががない程度に安定を保っていると思えるが、個人技への対応には問題が残る。波状攻撃をうけると破綻する可能性は高い。
 対する湘南は、どういった形を攻撃のイメージとしているのか、いまいちつかみづらい。サイドの菊池を使うシーンもみられるが、パスがつながるわけではなく、確立した形があるとは思えない。


~ 手をつかってはいけない 
  後半6分、横浜FCの飯尾が抜けられそうな相手のユニフォームを引っ張りイエローカード。
  今年から手を使った行為は厳しきなっているが、セットプレーというのは、実力を超えて相手に大きなチャンスを与えることになるので、お互い気をつけなければいけない。仮にPKの判定を受けるとなれば、試合の流れを180度変えかねない。
 幸い?このセットプレーは横浜FCの壁にあたり、試合の流れに影響を及ぼさなかったが、お互い気をつけたいところだ。


~ 湘南はやはり決定力に苦しみそうだ  
  過去2戦で6得点とはいえ、この試合にその迫力はない。
  後半27分にアジエル→鎌田のパス交換でクロスバーにはじかれた惜しいシュートもあった。しかし、前線の選手には迫力不足を否めない。それ以外のプレーにも遅さを否めない。
 当然のことながら、試合に勝つためには得点は必須。どうやって得点をとろうとするのか、反町監督。このままでは、昨年の二の舞になりかねない。
 特にFWの奮起はどうなるのか???


~ ごめんなさい。カズがみたい
 試合の流れどうこうではなく、カズのプレーがみたい。カズは、健在だ。
 89分に登場。勝っている試合は、やはり出番は厳しい。しかし、最後をしめるのは、やはりベテランだ。
 正直なにかやったというわけではないが、カズのプレーは全力なだけに、うれしいし、中年?の星でもある。
 今後もカズのプレーには注目したいし、ゴールがみたい。 



湘南ベルマーレ 0 - 1 横浜FC  
1分 荒堀謙次(横浜FC)

スポンサーサイト
2011.04.30 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


順位表
サッカーニュース
プロフィール

弁護士やす

Author:弁護士やす
Jリーグ創設元年からJリーグの試合を追いかけています。弁護士の職業よりもJリーグ観戦歴は長い(笑)
サッカーだけでなく、法律がかかわる問題を簡単にご説明いたします。

Web page translation
FC2ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。