スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


底上げ ~ 日本代表対韓国代表
カテゴリ: 日本代表 / テーマ: サッカー / ジャンル: スポーツ
 3次予選前の最後の親善試合。正直いって国内組での底上げは不可避だけにこれを大切な機会にしてもらいたい。海外組のいつものメンバーに頼っているだけでは長い戦いは戦いきれない。ザッケローニについても正直メンバーを固定したいという意思が感じられるだけに短い時間でもどれだけ控えの選手をだし、チームになじませることができるか。
 

~ 先発 
 GK 川島永嗣(リールス)
 DF 内田篤人(シャルケ) 吉田麻也(VVV) 今野泰幸(FC東京) 駒野友一(ジュビロ磐田)
 MF 岡崎慎司(シュツットガルト) 長谷部誠(ヴォルスブルク) 本田圭佑(CSKモスクワ) 遠藤保仁(ガンバ大阪) 香川真司(ドルトムント)
 FW 李忠成(サンフレッチェ広島)


~ 香川のゴール
 アジアカップの韓国戦で負傷した香川が見事に先制ゴール。
 遠藤が高い位置でのプレスから奪い李を経由して香川へ。香川はトラップからシュートまでの判断が速い。トラップを少し失敗した感があったが、そのトラップのボールに合わせるシュート。見事!
 ゴールの予感がするような話を試合前にしていたようだが、それを実践するのは「もっている」ではなく、「実力」だろう。 

 岡崎が負傷のため、清武弘嗣(セレッソ大阪)が交代出場。岡崎は心配だが、清武はJリーグやU22で見ていても本当に楽しみな選手。
 回ってきたチャンスを思いっきりプレーしてもらいたい。


~ 追加点
 駒野が粘りサイドを突破してシュート。キーパーがはじいたところを清武が落として本田が落ち着いてシュート。
 駒野の突破からのシュートも見事、清武の落ち着いたパスも見事、そして本田の一歩下がってねらい澄ました左足のシュートも見事。

 その直後、落ち込んだ韓国へのカウンター。香川が右サイドに流したボールを清武。ワントラップで中央に戻し、走り込んだ香川がそのままシュートし、3得点目。

 香川、本田は当然いいが、A代表デビューの清武、本当に落ち着いたプレーをしている。普通に絡めるプレーというのは評価すべきところだ。


~ 交代選手 
 日本の交代は、清武、槙野智章(ケルン)、阿部勇樹(レスター)、家長昭博(マジョルカ)、細貝萌(アウグスブルク)。清武以外はあまり目新しいところはないか。
 もっとも、遠藤・長谷部といった固定メンバーのバックアップをどうするかは大きな課題である。阿部、家長が交代で入った。阿部のバランス感覚は秀逸であり、これは南アフリカワールドカップで実証ずみである。ただし阿部は長谷部や遠藤とは違ったタイプのプレーヤーである。家長にいたってはいうまでもない。家長はもともと攻撃的な選手。ボランチという位置に入りどうやって輝けるかは日本の命運を左右する。
 この点は最終ラインも同様である。今野・吉田が定着しかけている感じがする。南アフリカのときは中澤佑二・闘莉王が代わりがいない存在となりバックアップとなりうる存在といえる選手はいなかった。栗原勇蔵(横浜Fマリノス)、槙野、伊野波雅彦(ハイデュク)といったところがどう絡んでいけるか。正直、今野・吉田を含めまだまだだ。後半は特に危ない場面を作られていたが、これは明らかに集中力・コミュニケーションの問題であり、フリーな選手をつくってしまったことによる。そういった意味では、香川・本田といったところは本当に集中力・運動量を切らさない。他の選手がどこまでその域に近づけるか、そして超せるか。
 
 後半25分以降、前線とディフェンスラインの間が大きくあき、バランスを崩す場面もあった。ディフェンスの押し上げとフォロー、これはディフェンスに入ったときでもオフェンスにいえることだが、メンバーがある程度変わっても同じチームとしてのプレーができる、そういったチームを目指してこの試合を含めた親善試合を戦って欲しかったわけだが・・・
 長い予選でチーム力をあげることを期待する。  


~ らしくない 
 韓国はどうしたのだろう?
 日韓戦に限らずもっと仕掛けるのが韓国だと思っていたが、この試合、その姿が見られない。
 プレスもいつもより弱く韓国らしさが感じられない。
 いつもの迫力が感じられない。日本のディフェンスが必ずしもいいとは思わない。むしろ韓国の出足が悪いという感じがする。
 3次予選は厳しい戦いとなるだけに怪我したくないのかもしれないが、もう少しいつもの迫力が欲しかった。苦しい時間をもっと経験してこそ、だと思っていただけに本当に残念だ。今日の試合の少しぬるい感じは忘れて3次予選に臨んで欲しい。今日の勝ちは、当然のことだが予選には勝ち点として反映されない。浮かれていては足下をすくわれるだけだ。
 

日本代表 3 ー 0 韓国代表
35分 香川真司(日本)
53分 本田圭佑(日本)
55分 香川真司(日本)

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ



 
スポンサーサイト
2011.08.11 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
順位表
サッカーニュース
プロフィール

弁護士やす

Author:弁護士やす
Jリーグ創設元年からJリーグの試合を追いかけています。弁護士の職業よりもJリーグ観戦歴は長い(笑)
サッカーだけでなく、法律がかかわる問題を簡単にご説明いたします。

Web page translation
FC2ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。