スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


下克上を! ~ FC岐阜 対 ジェフ千葉
カテゴリ: J2 / テーマ: Jリーグ / ジャンル: スポーツ
勝ち点8ダントツの最下位のFC岐阜。ここ5試合得点なし、そして連続失点記録が継続している。しかし、ジェフ千葉には昨シーズンも勝利しており、特段の苦手意識はないはずだ。
対する千葉は、1試合少ないながら、昇格圏内から落ちてしまった。昇格争いから脱落しないためにも最下位のチーム相手に星を取りこぼすことはできない。

 千葉は、オーロイに長期離脱の感がある。大島秀夫を期限付きとはいえわざわざアルビレックス新潟から獲得したことから、オーロイの穴をどう埋めるかということ、そして基本戦術(ロングボールを入れる)は変わらないことが伺える。

 主審は前田拓哉さん。


~ とりあえずは得点を 
 FC岐阜は、高い位置でプレスをかけボールを奪い、千葉にできるスペース、そして裏をねらっていく戦術のようだ。ボランチの佐藤藤勇人、ファンゲッセルは決してキープ能力は高くなく、ファンゲッセルについてはスピードにも難ありのため、連動したプレスをかければボールを奪えるかパスミスでボールを奪える可能性は高い。
 千葉は、前線の久保裕一、林丈統、深井正樹はもともとFWの選手。サイドにいる林・深井も攻撃にどうしても重点がかかる。そのため、サイドバックとの間があき、そこを両ボランチがうめることになるが、その場合、中央が弱くなる。これは佐藤勇人・ファンゲッセルという両ボランチのどちらかが攻撃に参加していれば、より強くなる。
 この試合、オーロイがいないため、前線の3選手の位置がかぶることがおおいのは、役割分担がうまくできていない結果だろう。
 千葉の両サイドバックは、決して守備能力が高いわけではないので、ダイレクトパスをまぜつつ裏とスペースをねらえばチャンスは多い。

 岐阜にチャンスがあるのは間違いない。5試合無得点の状態を抜け出すことが次ぎにつながる。


~ 岡本昌弘 
 その岐阜の攻撃に立ちはだかったのは岡本昌弘
 今シーズン、完全に正ゴールキーパーに定着した。
 この試合、出番が多い。裏をねらう岐阜に巧く裏をとられ1対1の場面を作られるが、いい飛び出し、いい反応でゴールを死守する。
 前半25分の押谷祐樹の隅をねらったシュートもはじき、その後詰めた西川優大のシュートも素早くコースを防ぐことでブロックした。
 前半42分の押谷の至近距離からのダイレクトボレーも岡本が反応してはじいた。
 その直後、西川が抜け出しシュートを放つが、岡本がタイミングいい飛び出しでボールに入ったため、ふかして枠の上に蹴ってしまった。
 普通ならゴールが決まるシーンが何度もあったが、決まらないのは岐阜の流れの悪さがもたらすものだろうか。
 前半何度もチャンスがあったのに得点できなかったのはあまりに痛い。
 しかし、後半もこの調子でいければチャンスはあるはず。1度でもいいからとにかく決めることだ。
 
 岡本は、気分にむらがありなかなかプレーが高い質で安定しないことが指摘されてきたところだが、この試合でいえば大当たりの試合だ。
 しかし、千葉は両サイドバックの弱さがセンターバックにも悪い影響を与えている。サイドをうまく使われ、それにサイドバックが対処しきれていないが故にセンターバックがカバーにいかなければいけない。しかし、センターバックがでたスペースにはサイドバックの選手はフォローに入ってこない。裏に抜けるボールへの処理があまりに悪い。これは両サイドバックの前の林・深井のディフェンスを抜きにしての話だ。


~ 怖いセットプレー 」 
 後半2分に左サイドから深井のフリーキックからフリーでファンゲッセルがヘディングシュートを放ち、ゴール左横に外れるシーンがあった。ファンゲッセルも192センチあり、セットプレーでは要注意の選手だ。

 得点は後半5分右サイドの深井のフリーキックからファンゲッセル。やはりフリーだった。
 岐阜は注意しなければいけないはずのセットプレーからの失点。  


~ 疲れか・・・ 
 千葉は後半開始から林に代えて青木孝太を投入。米倉を右サイドにし、青木をトップ下に入れる。これは前半に林と他の選手(特に久保)が重なるなどバランスが悪く、これを修正するためと思われる。

 岐阜は、後半開始早々は積極的な攻めを見せたが、焦りを感じた。
 その後も右サイドを重点的に使って攻撃をしかけようとする。坂本將貴の守備力を考えるといい選択肢だが、前半と比べて明らかに雑だ。前半はいいボールがでて勝負を仕掛けるところまで言っていたが、後半はそういったシーンがみられない。

 得点ができない焦り、先制点をとられてしまった焦りがリズムを崩しているのだろうか。
 サポーターはまずは岐阜の1点を待っている。


~ 逆をとられる 
 後半23分、青木孝太が橋本卓に対し、執拗なプレス。パスを出そうとしたところを奪い、そのまま独走。インサイドキックでキーパーの逆をつき、ゴール右隅に決める技ありのシュート。
 青木は、出場後、高い位置からいいプレスをかけていたが、それが実を結んだ格好だ。
 
 前線からのプレスは前半は岐阜がやっていたことであったが、それを逆手にとられた。
 岐阜は疲れだろうか。プレーが遅くなっている。  


 李漢宰のフリーキックもポストに嫌われた。そのまま試合終了で岐阜は6連敗。そして6試合無得点。この試合、染谷一樹はいいあがりを見せチャンスをつくっていた。野垣内俊もオーバーラップを見せていた。押谷、西川といったところも決定的なシュートを放っていた。あとは結果のみ。ただ、それが一番難しく大切なことだ。
 次は水戸ホーリーホックとの戦い。くじけず応援するサポーターのためにまずは1点、そして勝利を勝ち取ってもらいたい。
 対する千葉は、これで2位に浮上した。消化が少ない1試合が17日に迎える。9日で3試合の過密日程になるが、星を落とすことはそのまま順位に影響する。苦手であり、かつ最近好調なコンサドーレ札幌相手にどういった試合をするか。オーロイ不在は明らかに影響を与えている。プレースタイルを変えないからなおさらなことであるが、久保が交代した際、MFの米倉の体の強さをとってワントップに据えたことなど、台所事情の苦しさを表している。千葉は厳しい戦いを強いられそうだ。


~ 前田拓哉
 特に言うことはないです。
 流すところは流していたし、よかったと思う。

 坂本のイエローも抱きかかえていたので当然かと思います。今シーズンから手をつかったプレーは厳格にとるという話でしたが、抱きかかえは論外でしょう。




FC岐阜 0 ー 2 ジェフ千葉
50分 ファンゲッセル(千葉)
68分 青木孝太(千葉)


にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト
2011.08.16 / コメント:: 2 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
順位表
サッカーニュース
プロフィール

弁護士やす

Author:弁護士やす
Jリーグ創設元年からJリーグの試合を追いかけています。弁護士の職業よりもJリーグ観戦歴は長い(笑)
サッカーだけでなく、法律がかかわる問題を簡単にご説明いたします。

Web page translation
FC2ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。