スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


戦う準備 ~ なでしこジャパン 対 韓国代表
カテゴリ: なでしこ / テーマ: サッカー / ジャンル: スポーツ
初戦のタイ戦を3-0と数字上のみでは快勝で終えたなでしこジャパン。
よく言われていることだが、ワールドカップ優勝により、彼女らがおかれた環境は一変した。マスコミに取材され、ファンが押しかける生活は、口でどう言おうが精神的な影響がないとは言えない。そういった状況で予選に臨むことはきわめて危険といえた。それに加え、予選では負けられないとの重圧もある。
そういった意味で、選手を温存という趣旨は理解できたが、タイ戦で苦戦をしたのは、いい薬になったと思う。いきなり強豪とぶつかり多少なりとも隙がある状態で戦うよりはよっぽどよかった。
しかし、底上げというのは、ザックジャパンでもそうだが、難しい課題だ。

そして、迎えるは最近力を急速につけている韓国代表。
アジアからオリンピックにいけるのは2チームのみ。ワールドカップベスト8のオーストラリアが控えていること、中国、北朝鮮といった強豪も控えていることからすれば勝たなければいけない試合となる。

NHKの放送は、川上直子さんで定着しそうですね。松木安太郎さんの女性版みたいな感じもします。


~ 先発
 GK 海堀あゆみ
 DF 近賀ゆかり 岩清水梓 熊谷紗希 鮫島綾
 MF 大野忍 澤穂希 阪口夢穂 宮間あや
 FW 川澄奈穂美 安藤梢

 事前の会場をつかった練習では、スパイクを使う許可がでなかったという話もあった本番。
 ピッチの状況にうまく合わせることができるか。


~ 先制はなでしこ 
 試合開始早々からいいプレスがかかるなでしこジャパン。
 先制は、崩した得点ではなく、CKから。宮間あやのキックを阪口夢穂がたたきつけてゴールに突き刺した。
 
 韓国はほぼディフェンスに追われているうちの失点。CKの前のプレーでは、安藤梢→スペースにぬけた宮間→川澄奈穂美ヒール→安藤梢フィニッシュという流れるようなプレーもあった。
 なでしこが高い位置からプレスにいけているうちは、なでしこのペースで試合は進むだろう。ただ、ときよりワンタッチでつないでくるところがありプレスがかかりきらないことがあるので、ここは気をつけたい。 


~ 思いがけない失点 
 失点をするとしたら、カウンターかミスかと思っていた矢先。
 岩清水梓が熊谷紗希にパスを出したところで、熊谷が足を滑らせ、韓国に奪われる。ここから4人をかけたカウンター。選手は戻るが、人数をかけた韓国のカウンターに十分なプレスをかけきれず、チソヨンにコースをねらったゴールを決められてしまう。
 芝が長く、ところどころ凸凹で狩りそろえられていないピッチに足をとられた格好。チソヨンにプレッシャーをかけられず余裕を与えた近賀ゆかりは、外側を韓国の選手があがっていただけに責められないか。
 しかし、プレッシャーのかかるところでも細かいパス回しをするなでしこジャパンの戦術が裏目にでてしまった。
  

~ 我慢の時間
 最初にとばして、そこで追加点までとれなかった付けはやってくる。そして失点の仕方は別として、相手に勢いを与える。そして、熊谷も少し気持ちに落ち着きを失っているようだ。
 運動量がすくなること、出足が少し遅れるだけでも韓国のパス回しは威力を発揮する。

 こういう苦しいときでも澤穂希は、プレーでチームを鼓舞する。ピンチの芽を摘むために獅子奮迅の守備をしている。
 精神的支柱にふさわしいが、それだけに不在となる試合には不安を感じる。


~ ロスタイムの勝ち越し
 スローイングからのリスタート。澤がペナルティエリアに侵入し川澄へ。川澄がねばってキープして、中央の宮間へパスを送り、大野忍がシュートを決めて勝ち越し点。
 澤の動きもよかったが、川澄の粘りが生んだゴールだ。

 前半終了間際で流れを引き戻す得点が決まった。これで前半の嫌な雰囲気を引きずらずに後半に臨むことができるだろう。


~ 攻勢をかける韓国
 後半開始早々、早めに前線にボールを入れてシンプルに攻撃をしかける韓国。
 なでしこは、中盤が下がり目になってしまい、前線との間がおおきくあいてしまっている。そのため、得意の前線からの早いプレスは当然のように機能しない。連動した守備がとれないからだ。
 そしてマイボールにして前に攻めようとしても選手も少なくフォローもないため、あっさりボールを失ってしまう。

 しかし、海堀はキックが悪い。女子は、やはり男子と比較しキック力が落ちるからサイドチェンジやクリアのボールにどうしても距離や威力がでない。しかし、だからこその細かいパス回し。

 45分守りきったという形で試合終了。韓国がいつ得点をとってもおかしくなかったと思う。この試合もそうだが、次やったら勝てるか全くわからない相手だ。


~ 総括
 苦しい展開は予想はしていたこととはいえ、今後の試合を戦うにあたりいい影響を与えると思う。
 ワールドカップのときのなでしこの最大の武器、それは気持ちだった。苦しいときでも走りプレスをかける試合展開ができていた。しかし、この試合は、完全に韓国にお株を取られている時間帯が長く、なでしこの選手が走れない時間、焦る時間が多かった。
 この試合を教訓にして残りの試合を戦わなければいけない。苦戦をするのは、若手を使っているからだけではない。アジア予選を絶対的な実力で抜けられる力もない。
 ワールドカップ王者といえど、絶対的な存在ではない。 
 次の試合、もっと気持ちを感じる試合がみたい。

 

なでしこジャパン 2 ー 1 韓国代表
10分 阪口夢穂(なでしこ)
30分 チソヨン(韓国)
45分+1 大野忍(なでしこ)

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 

 
スポンサーサイト
2011.09.04 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
順位表
サッカーニュース
プロフィール

弁護士やす

Author:弁護士やす
Jリーグ創設元年からJリーグの試合を追いかけています。弁護士の職業よりもJリーグ観戦歴は長い(笑)
サッカーだけでなく、法律がかかわる問題を簡単にご説明いたします。

Web page translation
FC2ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。