スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


光明 ~モンテディオ山形対川崎フロンターレ
カテゴリ: J1 / テーマ: Jリーグ / ジャンル: スポーツ
勝ち点20の17位のモンテディオ山形。連勝への挑戦、そして残留圏まで8差を詰めるための戦いとなる。
対する川崎フロンターレは勝ち点30で12位ながら泥沼の8連敗中。降格圏も近づいてきた。

山形にとっては連敗ストッパーとなり勝ち点を落とすのは避けたいところだし、川崎にとっては下位の山形との試合を復調のきっかけとしたいところだ。

川崎は中村憲剛がベンチ入り。怪我から復帰しきったとは言い難い状態だが、ベテラン・精神的支柱の存在は大きい。山瀬功治が開幕以来のベンチスタート。
川崎は、日曜に被災地でサッカー教室を開くとのこと。

主審は吉田寿光さん。


~ いつもよりいい
 川崎は、連敗中の試合と比較してバランスがいい。そしてプレスのかかりがいつもよりも早い。
 これをどこまで保てるのかも問題だが、いい試合の入り方をしていると思う。

 攻撃面で言えばロングボールが多用されている。シンプルに前線にボールをいれるというコンセプトを持ってゲームに臨んでいるようだ。

 前半34分で楠神順平に代えて山瀬功治を投入。怪我はないと思うので、戦術的なものだと思われる。(後の監督のインタビューでは楠神選手は違和感を訴えていたそうです)


~ 工夫が・・
 山形の攻撃は少し単調になっている。早い段階のクロスから大久保哲哉に入れる攻撃が主だが、もう少し山崎雅人の突破力を活かす形も考えた方がいいと思う。ハイボールだけの攻撃というのは、やはり限界がある。

 守備は、川崎にやられている印象がある。組織的な守備をもって個の川崎攻撃陣に対抗しなければいけない。この試合、小林悠とジュニーニョのコンビネーションはたびたびチャンスを作っている。決定機といえるようなシーンだけに気を抜いたらやられる。 
 

~ 待望の先制点
 ナビスコを含めると3試合ぶりの得点が決まる。

 裏に抜けた山瀬功治からの折り返しを小林悠がダイレクトでシュートを押し込む。スピードに乗った難しいシュートだったが、右インサイドで巧く合わせた。小林は今シーズン10得点目が待望の先制点となった。

 山形のディフェンスは、山瀬のところでオフサイドと思ってしまい、一瞬とまってしまい、守備が後手に回ってしまった。

 川崎は先制したわけではあるが、連敗中は先制点を奪っても逆転負けをしてしまう試合がみられた。ここからどう失点を防ぐか。失点を怖がりすぎずプレーできるかがポイントだ。

 後半13分に田坂裕介のパスに抜けた小林がトラップは巧かったが、ドリブルのタッチが長くなってしまい、チャンスをつぶしてしまった。
 後半15分はジュニーニョがトラップをミスしてやはり追加点につながらない。
 こういったプレーが後に響かなければいいのが・・・
 

~両者得点を奪えず
 追いかける山形は、大久保に代えて古橋達也を投入。山崎と古橋の2トップでスピードを活かし裏をねらう動きにかけてきた。今の川崎にとっては大久保が出ているよりも怖い状態だろう。
 実際、古橋が入ってパス回しが早くなり、攻撃にリズムが出てきた。
 しかし、最後のフィニッシュがどうしても打てない、打ってもコースにとばせない。最後のところで川崎のディフェンスを振り切れない。 
 得点を奪う力、この問題がこの試合でも見られた。

 対する川昭も時間とともに少し間延びがしたり、選手が固まる傾向がみられたがどうにか守りきった。
 2得点目を決められなかったというのは課題かもしれないが、かえって守備の集中力を持たせたのかもしれない。中村憲剛の投入も試合を締めるための起用だろう。
 いずれにせよ、泥沼の連敗を勝ち点3を得るという形でストップした。勝ち点3は現在の川崎にとっては最大の良薬だろうと思う。気持ちがプレーに現れてしまった面もあったと思う。この勝ち点3で気持ちも上向きにし、プレーにいい影響がでると思いたい。


~ 総括
 山形はどの試合も落とせない試合。そういった中では攻撃に迫力を欠いた。浦和戦はうまく戦っていただけに残念な試合だった。
 ひとつひとつのプレーの精度の問題があることは間違いないが、リーグ戦もここまでくるとそういったことはいってられない。サポーターのためにも気持ちを前面に出して残りの試合を全力で戦って欲しい。チームの戦術なのかもしれないが、少し消極的な感じがする。

 川崎は、連敗ストップで素直に安心した。ここまで連敗をするチームではないだけに試合内容とかをみて本当に心配していた。
 相馬監督の目に涙があったが、連敗中、本当につらかったと思う。監督選手ともに今日の勝利をかみしめて次の清水エスパレス戦に臨んで欲しい。



モンテディオ山形 0 ー 1 川崎フロンターレ
53分 小林悠(川崎)


にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト
2011.09.18 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
順位表
サッカーニュース
プロフィール

弁護士やす

Author:弁護士やす
Jリーグ創設元年からJリーグの試合を追いかけています。弁護士の職業よりもJリーグ観戦歴は長い(笑)
サッカーだけでなく、法律がかかわる問題を簡単にご説明いたします。

Web page translation
FC2ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。