スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


世界の舞台への一歩 ~ U22日本代表対U22マレーシア代表
カテゴリ: U22 / テーマ: サッカー / ジャンル: スポーツ
ロンドンオリンピック最終予選。グループ1位になればロンドンオリンピック出場が決まるリーグ戦の大事な初戦。相手はマレーシア。マレーシアは、5~6人が守り、カウンターをねらう。
得失点差も気にしなければいけないため、マレーシアとの戦いにはそれなりの得点も求められる。得点を狙い堅守を崩せずに焦り、カウンターをうけてしまっては元も子もない。どのようにゲームをコントロールするかも求められる。


~ 先発
 GK 権田修一(FC東京)
 DF 酒井宏樹(柏レイソル)、鈴木大輔(アルビレックス新潟)、濱田水輝(浦和レッズ)、酒井高徳(アルビレックス新潟)
 MF 清武弘嗣(セレッソ大阪)、扇原貴宏(セレッソ大阪)、東慶悟(大宮アルディージャ)、山村和也(流経大)、原口元気(浦和レッズ)
 FW 大迫勇也(鹿島アントラーズ)

 永井謙佑はベンチスタート。


~ 試合感 
 権田修一や濱田水輝は、チームでは控えに甘んじて試合に出ていない。U22では不動のレギュラーの位置にあるが、普段公式戦を経験せず、国際マッチに出場することにどのような影響がでるか。

 練習とは異なる雰囲気にのまれ、思いがけないミスをしかねない。
 とにかく緊張感をもって集中して臨んでもらいたい。


~ 先制
 試合開始早々、酒井高徳のクロスから清武が決定的なシュートを放つがキーパーの好セーブに合う。
 その後も積極的な攻撃を見せるが、パスミスでチャンスをつぶす。マレーシアが高い位置からプレスをかけてくる場面もあるだけにボールの失い方には注意をしなければいけない。

 前半10分、東が清武に出したボールを清武がためを作り、ディフェンスを引きつけた上でフリーの東にパス。これを東がダイレクトでゴールに流し込み待望の先制点が入った。清武のためとパスのタイミングは絶妙だった。

 その後も積極的に攻め、得点直後にも東がシュートを放つがキーパーのセーブに合う。
 前半16分の濱田のヘディングシュートもキーパー、チェマトがファインセーブ。
 1点差だけでは、ちょっとしたミスで同点に追いつかれる可能性があるだけに、早めに追加点を奪いたいところだ。


~ サイドの攻防
 日本は両サイド、特に左サイドからの攻撃が多くなっている。センターリングをあげる機会はみうけられるが、だんだんフィニッシュまでたどり着けなくなっている。一方のみに偏りすぎたり、ピッチをワイドに使えない、攻撃が単調になっているというところが原因だと思う。

 しかし、マレーシアは、数人が一人のマークにつくようなシーンがみられる。ダイレクトパスでその網を抜けられればフリーの選手がでてくる。先制点のシーンがそうであったが、どれだけ相手を振り回せるかが追加点をとれるかどうかに関係している。 

 マレーシアの攻撃は、2トップにロングボールを入れるという形で固まり始めている。前のめりになったところをカウンターという形が一番怖いことだ。
 
 前半30分くらいからみすが目立ち始め、パスミスでボールを失い、中盤でのせめぎ合いを作り出してしまっている状況。
 少し慌てている感じもする。

 試合感という点でいうなら、濱田はボールをもっているときプレッシャーをかけられると少し慌ててしまっているような感じがする。


~ バランス
 時間とともに選手間の距離、動きの連係が悪くなっている。距離が悪いからパスがカットされる、連係がないからパスのだしどころに困り、持ちすぎたり無理な縦パスを送る。 

 永井が投入され、フィールドを動き回るがなかなか永井の動きに回りが反応しない。

 流れが悪い・・・

 後半17分にはちょっとした気のゆるみから酒井高徳が振り切られ、ピンチを招く。その後の守備も少し慌てた感じだった。失礼な話だが、相手が、マレーシアだから助かったようなものだ。


~ 長い沈黙
 ようやく追加点をとれたのは、後半31分。
 清武の浮き球を永井が中央に折り返し、そこつめたのは山崎亮平。マレーシアのディフェンスの裏を完全にとった得点だった。

 清武は2得点に絡む活躍。そして交代出場の永井と山崎が結果を出した。

 後半40分ころから清武が足を引きずり始めた。連戦が続いているだけに疲労ものこっているだろう。大事に至っていないことを祈るばかりだ。


~ 総括
 前半30分までの戦いはよかったが、その後の戦いには課題が残った。
 オフェンスは完全に停滞した。パスの精度もさることながら、選手間の距離や動きだしなどすべての質が落ちた。攻めあぐねたときのボールの扱いについても無理が多かった。
 前半のようにサイドをつかった崩しも激減した。疲れと相手の勢いが攻撃の幅を大きく減殺した形だ。
 永井を投入してスペースに走らせており、それ相応の効果が現れたが、ただスペースに走らせるだけでは仕方がない。永井の動きに一人二人と絡まなければいけない。 

 ディフェンスについてもカウンターをうけたときの対応が少しずつ悪くなり、相手にチャンスを作らせていた。押し込まれたときにどう対応するかというのは、このチームをみていてずっと感じている課題だ。慌てる必要のないところで、なぜか慌ててしまう。どう落ち着いて対応できるか、最終予選を勝ち抜くためにも克服しなければならない。若さ故という面もあるだろうが、それは世界では通用しないいいわけだ。  


U22日本代表 2 ー 0 U22マレーシア代表
10分 東慶悟
76分 山崎亮平


にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2011.09.22 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
順位表
サッカーニュース
プロフィール

弁護士やす

Author:弁護士やす
Jリーグ創設元年からJリーグの試合を追いかけています。弁護士の職業よりもJリーグ観戦歴は長い(笑)
サッカーだけでなく、法律がかかわる問題を簡単にご説明いたします。

Web page translation
FC2ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。