スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


気持ちの強さ ~アビスパ福岡対サンフレッチェ広島
カテゴリ: J1 / テーマ: Jリーグ / ジャンル: スポーツ
勝ち点12、最下位のアビスパ福岡と勝ち点39で7位のサンフレッチェ広島との一戦。
 ホームの福岡は17位とも勝ち点8差をつけられた最下位。残り試合数を考えると降格が目の前に近づいてる。残留のためには勝ち点3以外が許されない状況だ。
 対するは広島は、残留には問題はない。上位にどれだけくいこめるかだ。ACL圏内というと勝ち点で10以上離れているだけに、どこまでモチベーションをもって戦えるか?


主審は村上伸次さん。


~ 前へ
 気持ちということで言えば勝たなければ全てが終わりかねない福岡は本当にわかりやすく、至上の命題である。選手の誰もが求める結果であり、そういった意味では選手の意思も一致していたことだろう。そこには美しさとか華麗さとかは関係がない。
 福岡のディフェンスには、気持ちが入っていて決して得点を決めさせないという強い気持ちを感じる。

 チャンスで言えば広島の方が多かった。ロングボールから李忠成、佐藤寿人がゴールに襲いかかるが神山竜一を中心としたディフェンスは集中して対応する。
 対する福岡もボールをつなぐが、フィニッシュまで至らない。

 広島ペースかなと思っていた試合は、思わぬカウンターで福岡に点が入る。末吉隼也が城後寿に出したボールをさらにゴール前に走る末吉にパス。そのパスを末吉がダイレクトで流し込んで福岡が先制した。
 勝たなければいけない福岡にとっては大きな先制点がはいった。
 
 対する広島は、攻めあぐねていたところでうけた失点だった。
 攻撃に移ったときにパスミスが多かったのが響いた。


~ 変化はつけど・・・ 
 広島は、中島浩司にかえてムジリ(グルジア)を入れて前線の活性化を図る。
 ムジリが攻撃に絡むことで広島の攻撃はリズムがよくなる。ムジリは、フィニッシュへの意識も高いため、神山としては一瞬の油断もできない。

 重松が足をつった状態でクリアにいこうとする強い気持ちを見せた後、中町公祐と交代。
 
 広島は、少し福岡の気迫に押されているか。攻めど攻めどゴールを割ることはできない。ミキッチからの攻撃はいいが、それ以外のところからチャンスを作れていない。
 福岡は5バックにして守備を固めカウンターをねらう。


~ 次の1点は・・・ 
 どちらに入るかと思われた次の1点。攻めていた広島に転がるとも思われた得点。しかし、サッカーはわからない。
 後半30分、自陣ゴール前で盛田剛平がパスをつなごうとしたボールが城後に当たり、こぼれ球を成岡翔が押し込んで追加点。
 
 思いもつかないところから生まれた福岡の追加点。前線からチェイスしていた福岡のディフェンスをほめるべきだが、広島としては危険なゾーンでボールをつなごうとし、結果として失点につながった。


~ 遅すぎた反撃 
 ロスタイム、コーナーキックのこぼれ球をムジリが折り返し、佐藤寿人の足にあたってこぼれたボールを水本裕貴がけり込んで1点差。
 この前のプレーで丹羽大輝が接触で倒れてしまい立てないままに進んだプレー。丹羽がプレーできていれば佐藤に入る前にクリアできていたかもしれない。

 いずれにせよ広島に入った得点。広島には最後の勢いを与えた。


 しかし、試合はそのまま終了。福岡の気迫が攻撃を防いだ格好だった。広島は疲れからか、最後の押しができなかった。
 福岡の丹羽は、試合終了後に倒れ込み、そのまま挨拶もできずにタンカで運ばれた。失点時にどこか痛めたのだろが、最後まで闘いきった結果だろう。
 

~ 試合を終えて …福岡
 気持ちの入ったいい試合だったと思う。いつもよりもプレスがよく効いていたので、広島も攻めあぐねていたこともある、2点目は高い位置からのプレスが生んだゴールだった。

 勝ち点3を取ったとはいえ、未だダントツの最下位は変わりない。今日の勝ち点3が無駄にならないためにも、次の試合も今日と同じ気持ちで臨んで欲しい。そうすれば、道が開けるかもしれない。


~ 試合を終えて …広島
 自滅したという言葉があうかもしれない。パスミスでチャンスを逃し、決定機をシュートミスではずし・・・2失点目は本当にミスが生んだものだった。
 福岡の気迫に負けたのだろうか。

 今シーズンの広島は、本当に安定しない戦いが続く。失点が多いのは変わりがないが、攻撃にも波がある。この点をどうするかは上位に進出するための課題だろう。

 3バックであるが故にかかえるディフェンスの連係の問題。この点は、ディフェンスにけが人を抱えた今シーズンは難しかったのかもしれない。

 攻撃的サッカーという言葉がある中で広島は本当に攻撃的なサッカーを目指していると感じられる。ディフェンスの問題をクリアできる攻撃的なサッカーの構築を期待している。ペトロビッチ監督も長期政権になってきただけに、そろそろ集大成を見せて欲しいと思う。  



アビスパ福岡 2 ー 1 サンフレッチェ広島
40分 末吉隼也(福岡)
75分 成岡翔(福岡)
90分+1 水本裕貴(広島)

にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 

 
スポンサーサイト
2011.09.26 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
順位表
サッカーニュース
プロフィール

弁護士やす

Author:弁護士やす
Jリーグ創設元年からJリーグの試合を追いかけています。弁護士の職業よりもJリーグ観戦歴は長い(笑)
サッカーだけでなく、法律がかかわる問題を簡単にご説明いたします。

Web page translation
FC2ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。