スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


一戦必勝 ~ セレッソ大阪 対 浦和レッズ
カテゴリ: ナビスコカップ / テーマ: Jリーグ / ジャンル: スポーツ
ナビスコカップ準々決勝。準々決勝からACLに出場していたチームが参戦。そして、準々決勝は一発勝負。勝った方がベスト4に進む。タイトルへと近づく一戦。負ければ終わり。一戦必勝だ!
ホームは、ACLに出場したチームである。

セレッソ大阪は、ACLベスト8で敗退し、清武弘嗣、キムボギョンといったところが怪我。しかし、若手の成長は著しい。今年のリーグ戦は厳しい戦いが続くが、来年以降、本当に楽しみなチームだ。
対する浦和レッズは、リーグ戦15位と大苦戦。チームとしてのまとまりを欠く厳しい状況だ。ナビスコで勝ち抜くとそれだけリーグに集中できな悪循環に陥ることにはなるが、チームに勢いをつける試合ができれば、リーグでの戦いも変わるかもしれない。


主審は吉田寿光さん。


~ 先制は思わぬところから
 浦和は攻撃の形ができないと言われている。実際、フィニッシュの直前くらいのプレーから苦し紛れのプレーが増え、決定的なフィニッシュにたどり着けないことが多い。
 
 しかし、この試合、先発の入れ替えが功を奏しているのか、バランスがいい。あとは山田直輝が開始早々から躍動している。
 高い位置で扇原貴宏が緩いプレーでクリアしようとしたところを山田直輝にボールを奪われ、そのまま中央に折り返される。
 これをクリアにいった茂庭照幸がこれもクリアしそこねて足に当たったボールはそのままセレッソのゴールに吸い込まれた。
 浦和の選手が競り合ってたわけではなく茂庭の反応の方が早かったわけだが、中途半端に早かったのが致命傷となってしまった。

 決定力に苦しむ浦和は、山田直輝のプレーが先制点のプレゼントをもたらした。


~ 浦和らしくない
 この試合、いい意味で今シーズンの浦和らしくない試合が展開されている。
 一言でいえば試合開始から積極的な試合を展開している。

 目立っているのはエクスデロセルヒオ、山田直輝の二人だが、ここにマルシオリシャルデスの出場停止で機会を得た梅崎司が絡んでいる。
 1トップが孤立義務だったチームが、エクスデロセルヒオが前線にはることで2トップ気味となっている。エクスデロセルヒオは積極的な仕掛け、ディフェンスが光り、デスポトビッチの孤立を防いでいる。
 あとは柏木陽介のポジションがいつもよりも前目のようだ。前線のパス回しに巧く関わっている。

 ディフェンスラインでいくと両サイドのあがりが抑えられている感じがする。それからラインが少し低めで裏をとられることを警戒している。

 セレッソが防戦ということで攻撃に迫力がないせいか、ディフェンスのバランスもなかなか崩れない。裏をねらわれるボールが少ないこともあり、ディフェンスラインが崩れていた印象はいまのところはない。


~ 若さ故か 
 セレッソは、先発がベストメンバーから最大評価で5人異なる。選手の入れ替えでチーム力をあげてきたセレッソであるが故にベストメンバーが誰かということは評価が難しい。
 
 前線でキープできるポイントがないのも苦労している理由かもしれない。
 小松塁というターゲットはいるが、うまく生かせていない。防戦のためか2列目の選手がうまく絡めていない。

 浦和のプレスの出足がいいが、これが最後まで持つとは思えない。形勢逆転は十分に考えられるところだ。


~ ギアチェンジ
 後半にはいり、スピードのある村田和哉を投入したセレッソ。村田がスピードを活かし、前線をかき回す。
 セレッソの前線の特徴である選手のポジションチェンジも少しずつだが出てきた。

 後半16分には、播戸竜二を投入してさらに前線を厚くする。扇原との交代だが、この試合、扇原は動きが悪すぎた。注目の選手ではあっただけに残念だ。
 セレッソもあとはフィニッシュの精度の問題だ。1点入れば試合はどうなるか本当にわからなくなる。
 

~ 播戸竜二
 いつもの前線ではなく、中盤でボールを受けた播戸竜二からの浮き球のパス。一度は浦和のディフェンスがヘディングでクリアしようとするが、そのボールを再度播戸が前線にスルーパス。この時点で浦和のディフェンスは中央播戸に意識は集中し、後ろにいたファビオロペスをフリーにしてしまった。
 裏へ抜けたファビオロペスは落ち着いてゴールに流し込んだ。

 後半28分で押していた浦和は同点に追いつかれる。ここで強い気持ちで戦えるか下がってしまうのか。
 準々決勝から一発勝負なだけに点を取らなければ勝ち上がれない。両チーム点をねらって戦うしかない。


~ 流れの中から
 浦和の流れからの得点はいつ以来みていなかっただろう、
 中央山田直輝→デスポトビッチ→柏木陽介→梅崎司→デスポトビッチと右サイドから左サイドに流れ、最後に中央に戻ってきたボールをフィニッシュ。エクスデロが前で跳び、デスポトビッチの得点をサポート。最近の浦和ではみられなかった流れるような攻撃、そしてサポートする動き。ボールを持ちすぎないパス回しも最近の浦和ではそう簡単にみられるものではない。

 浦和が見事なチームで奪った得点で勝ち越した。


~ 試合を終えて … セレッソ
 若い選手にムラがでた前半の試合展開だった。オウンゴールは扇原の怠慢といわれても仕方のないプレーからだった。
 また、2列目の選手にボールをキープ、さばける選手が欠けていたのは大きかった。パスミスが招くピンチ。これは2失点目のきっかけとなった。
 
 これでねらえるタイトルは天皇杯のみとなった。
 できることなら若い選手に出場の機会を与えてチーム力の向上を図って欲しいところだが、来年のACLの出場権は得たいところだろう、。
 リーグ戦と天皇杯とどううまく戦うか注目をしたい。


~ 試合を終えて … 浦和
 最初の方でふれたが、いい意味で今シーズンの浦和らしくない試合だった。
 チームとして試合の大半機能していた試合を見たのは、いつぶりだろう。攻撃も連動していた、守備も大きく崩れた場面も少なかった。ねばりも最後まであった。動きが停滞し、個人技に走りバランスを崩すという浦和の姿はなかった。
 今日のような試合ができればリーグ戦の降格争いにも光明が見えるのではないか。
 もっとも安定しない戦いが浦和の弱点でもあるし、ペトロビッチ監督の采配でもあるのだが。できれば、同じメンバーで次のリーグ戦も戦って欲しい。

 ナビスコの次の相手は、リーグ戦で軽くひねられたガンバ大阪。リベンジのチャンスとして欲しい。
        


セレッソ大阪 1 ー 2 浦和レッズ
9分 オウンゴール(浦和)
73分 ファビオ・ロペス(セレッソ)
83分 デスポトビッチ(浦和)

にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
2011.10.05 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
順位表
サッカーニュース
プロフィール

弁護士やす

Author:弁護士やす
Jリーグ創設元年からJリーグの試合を追いかけています。弁護士の職業よりもJリーグ観戦歴は長い(笑)
サッカーだけでなく、法律がかかわる問題を簡単にご説明いたします。

Web page translation
FC2ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。