スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


何かの力に ~チャリティーマッチ
カテゴリ: 日本代表
被災した方々に心よりお見舞い申し上げます。
このような時期にサッカーという言葉はよく聞きますが、言葉は悪いですが多少の娯楽は必要だと思います。勇気とかきれいな言葉でなく、違うことを考えられる機会が必要だと思います。

日本サッカー協会が震災地のために企画した日本代表対Jリーグ選抜の試合。会場は長居。当然、西日本です。
会場使用料は、スタジアムの好意で無料。参加選手も日当・勝利給を返上。すべてが募金に回されるとのこと。ラジオ放送をする日本放送が東北地方のラジオ放送局に放送を提供するとのことです。せっかくの試合も震災地に伝わらなければ仕方ない。そういった心配が少し減りました。あとは実況ができる限りがんばるしかないです。サッカーは全体が動くからラジオで伝えるのは並じゃない。

一ついっておきたいことは、東北だけではなく、茨城県も被災地です。千葉県の一部も津波の被害を受けています。ただでさえ苦しいとき、忘れ去られていると思われることは取り残されていると一緒で、被災者にとって苦痛以外の何でもありません。

(審判団) 
 審判は西村雄一さんを筆頭とした南アフリカワールドカップで審判団を務めた3人。西村さんは、ワールドカップで株を上げましたね。それまでは?がつくことも多かったのに・・・平間亮さんが宮城県サッカー協会というのは、微妙なはからいでしょう。

(代表のシステム) 
 日本代表は3-4-3。今までとっていなかったシステムですが、攻撃的に魅せるという意味ではいいと思うし、申し訳ないが試すのにはいい機会でしょう。
 3バックにすることで長友・内田が高い位置をキープできるが故にそれぞれの攻撃力を活かすことができます。実際、長友はいつも以上に攻撃に関わっていました。内田が少しとまどいがあったような感じはするけど、アジアカップに比べたら、高い位置にいました。
 スリーバックの中央は今野。ボランチが本職のはずが、いつのまにかセンターバックに定着気味。日本人のセンターバックが育っていないことを示しています。これは、TEAM AS ONEのセンターナックが中澤・闘莉王であることからも明らかです。吉田は、アジアカップをみていた限りは、成長が必要です。

(急造といえど・・) 
 気持ちでは負けられないTEAM AS ONE。当然プレーでも負けられない。代表もそうだけど、選ばれた人間には背負うべきものがある。責任がある。コンディション不足なんていいわけはできないですよね。
 小笠原は、パスミスにコンディションの悪さが見えるけど、ディフェンスでがんばっています。彼は攻撃的な選手だったのに、鹿島ではボランチをやるようになっていますね。センスがあればこそです。
 4-3-3のシステムのはずが、どうしてもサイドバックがいません。急造だけにディフェンスの連係がなっていません。センターの2人は何度もくんでいるからいいのでしょうが、センター二人に対してサイドやボランチなどの関わりが・・・
 ちなみにユニホームの色は、ベガルタ仙台の色も意識しているらしいです。

(試合内容は・・前半)
 ディフェンスがうまくいかないと、すべてうまくいきません。
 TEAM AS ONEのセンターバック2枚に対し、日本代表が3人、または4人といったシーンがよくみられした。
 その結果が開始20分までに2失点。1失点目は遠藤の見事なフリーキックでしたが、試合内容からすれば必然的な得点でした。
 佐藤寿人のミドルシュート以外は、なかなか見せ場のないTEAM AS ONE・・・前半を活かし、後半に修正してがんばってほしい。日本サッカーを代表する選手がいるんだから、やればできる!
 逆に日本代表は2点を取った後、少しトーンダウンした感もある。チームの成熟度や現在の日本を代表をしていることを考えれば、もっと圧倒的でもいい感じがする。最後まで攻め続けてほしい。
  
(意地をかけた後半)
 大幅なメンバーチェンジをした代表に比べ、このまま終われないTEAM AS ONEはわずか4名の選手交代。4-5ー2かな。4-2-3-1かな。中村俊輔は技術はやはり高い。パスの精度もいいですね。ただ、本当にわずかに合わないのが急造ゆえか・・・
  日本代表は、メンバーも変えサイドも変わったことや押され気味だったこともあり、4バックに変更。この変更でバランスが安定した感じがする。ただ、攻撃に迫力がない。ちょっと心配。
 後半17分にカズが登場。44歳のサッカー小僧。カズダンスなんていっても、今のサッカー少年にはわからないんでしょうね。言葉は悪いけど、中年の星としてもがんばってほしい。正直、ヴェルディ川崎のときはあまり好きではなかったけど、今は応援できる。そして、こういう試合でゴールを決めるのはさすが・・・あわてない落ち着いたシュート。そして、ゴール後のパフォーマンス。スタジアムの盛り上がりは、今日一番か。
 あまり目立たなかったけど、ハーフナーマイク。言わずとしれた横浜マリノスでプレーしたオランダ人ディドハーフナーの子供です。オリンピックに出たときは、ただでかいだけの選手でした。それがJ2でもまれて足下も成長してきました。J1でどの程度やれるか注目される選手でもあります。 

(今日の試合の意義) 
 今日の試合がどれほどの影響があるか・・それはわかりません。ただし、この試合をやったこと自体に意義はあったと思います。それ以前に試合前に毎日のように募金活動をしただけでも意義はあったと思う。あとはどうやって継続していくか。
 チャリティーという趣旨を考えれば、今日の選手のユニフォームは、出場選手のサインを入れるなどして被災地に送るか、オークションにかけて代金を募金に回すなどしてほしい。当然考えられていることだとは思うけど。
 あと、日テレは、利益を考えずにスポンサー広告料を募金に回してほしい。この試合を中継する責任もあると思う。24時間テレビのようにいろいろと言われるようなことにはしてほしくはない。当然考えていると思うけど。

(最後に)
 試合中に震度4の地震がありました。私が住んでいるところも揺れました。余震の頻度が少なくなり、大きな余震も減ってきているとはいえ、まだまだ安心できない状況です。
 でも、みんなで支え合い、それぞれができることをやって前に進みましょう。どん底があれば、当然上があります。このまま終わるなんてことはあり得ません。
 人類皆兄弟なんて言葉がありましたが、我々は仲間です。時間はかかるかもしれないけど、支え合い、少しずつでも笑顔がある生活をつくりあげましょう。


試合の結果

日本代表 2 ー 1 TEAM AS ONE
15分 遠藤
19分 岡崎
82分 カズ


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
2011.03.29 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
順位表
サッカーニュース
プロフィール

弁護士やす

Author:弁護士やす
Jリーグ創設元年からJリーグの試合を追いかけています。弁護士の職業よりもJリーグ観戦歴は長い(笑)
サッカーだけでなく、法律がかかわる問題を簡単にご説明いたします。

Web page translation
FC2ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。