スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


降格 ~ヴィッセル神戸 対 モンテディオ山形
カテゴリ: J1 / テーマ: Jリーグ / ジャンル: スポーツ
勝てば残留が決まるヴィッセル神戸と勝っても浦和レッズの結果しだいでは降格が決まるモンテディオ山形の一戦。勝ち点は関係ない。勝つことがすべてとなる戦い。
過去は、神戸の1勝3敗1分け。

松岡亮輔が100試合達成とのことで表彰。

主審は西村雄一さん。


~ 形がみえない
 ここ数試合というより今シーズン通じての課題。
 守備も攻撃も形がみえない。そのため、ボールをカットしても攻撃に移れずあっさりと敵の攻撃を許す悪循環。、それはこの試合も同様だ。
 
 ボールがつながらないため、神戸に長い時間攻撃を許している。
 勝たなければいけない山形にとって、攻撃の形がないことは本当に痛い。


~ 先制
 先制は、吉田の個人技から。
 パスを出すふりをして外に出た吉田がコースを狙ったシュート。山形のマークは中央を意識したために外れてしまった。
 吉田の見事なシュートによるゴール。山形は、その得点力からも大きな失点になってしまった。


~ 次の1点
 山形が勝つためには先に点をとってペースを握る必要がある。そのためにも攻めなければならない。

 しかし次の1点は神戸に入る。
 CKをマイナス気味に入れたところに走りこんだのはポポ。ポポがダイレクトでけりこんだボールはゴールネットを揺らした。ここもポポはフリーだった。

 勝たなければいけない山形は3点を取ることが必要となった。


~ 点をとらなければいけない後半
 3点とらなければいけない山形の後半。
 開始早々から山形が攻勢をかけるが、得点のにおいはしない。攻めてはいるが、決定機をつくるに至る攻撃ではない。
 しかし、とにかく攻めるしかない。攻めなければ得点は生まれないばかりかチャンスも生まれない。

 プレッシャーのかけ方が中途半端なため、セカンドボールもとれず、中盤を支配される苦しい展開。

 清水のファインセーブが2度出ながらも、1点もとれずに試合は終了。
 
 
~ 試合を終えて
 神戸が残留を確定。チーム初の1桁順位を狙っている以上は、この先どこまで勝ち点を伸ばせるかがポイントとなる。チーム状態は浮き沈みしているだけに、ここをどうするかがシーズンを通しての問題となる。残留と関係がないところでラストスパートができるか・・・

 山形はJ1昇格して3年目で再び降格。シーズン通して低調なシーズンだった。
 問題点は一言ですむのだが、これは別の記事に譲る。



ヴィッセル神戸 2 - 0 モンテディオ山形
30分 吉田孝行(神戸)
44分 ポポ(神戸)

 





 
スポンサーサイト
2011.11.05 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
順位表
サッカーニュース
プロフィール

弁護士やす

Author:弁護士やす
Jリーグ創設元年からJリーグの試合を追いかけています。弁護士の職業よりもJリーグ観戦歴は長い(笑)
サッカーだけでなく、法律がかかわる問題を簡単にご説明いたします。

Web page translation
FC2ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。