スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


ペトロビッチ監督任期満了 ~ サンフレッチェ広島
カテゴリ: J1 / テーマ: Jリーグ / ジャンル: スポーツ
サンフレッチェ広島は、ミハイロ・ペトロビッチ監督との契約を更新しないことを発表しました(広島公式)。

ペトロビッチ監督は、イビチャオシムがグラーツの監督を務めていたときに下部組織のコーチを務め、彼の影響を強くうけた監督として注目を集めました。
2006年6月に広島の監督に就任したものの、2007年には16位でJ2に降格。当時の広島の社長が降格決定の後、いち早くペトロビッチ監督の続投を宣言し、批判を受けたことが記憶に残っています。選手からの人望が厚かったため、結果的にペトロビッチ監督の続投は、選手を残留させることとなり、翌年には1年でJ1昇格を決め、さらに2009年には4位と躍進してACLの出場権も確保しました。2010年にはナビスコカップで準優勝を飾るなど、結果を残してきた監督ではありましたが、今シーズンは3試合を残し12勝11敗8分けの8位とあまりいい成績をおさめることができていませんでした。

ペトロビッチ監督は、若手の積極起用、攻撃的なサッカーで定評がある反面、守備面での課題が大きくありました。3バックやセンターをリベロにして攻撃を図ろうとする反面で、カウンターを受けるともろさを披露してしまう問題点がありました。4バックにしても両サイドは攻撃的な選手を起用しているわけですから、試合展開をみていると3バックと思えるようなシーンは多々ありました。その結果、失点が多くなり、勝ち点も伸びませんでした。
今シーズンの結果が上記のとおりであり、一つ上のステップに行くためには監督を交代させることが必要だと判断したのだろうと思います。

感情を表面に出す監督で、また日本では珍しい攻撃に重点を置いた戦い方は、はまると本当に楽しく観戦することができるものでした。内容と結果を両方追求する監督でした。
J2に降格しながら監督を続投するというケースも当時では(今でも)珍しいものであり、それが外国人の監督であったのだから、尚更だと思います。

ペトロビッチ監督は、間違いなくサンフレッチェ広島の歴史に名前を残した監督です。
日本で他のチームの指揮をとるのかまだ分かりませんが、彼が今後指揮を振るうチームが攻撃的で面白いサッカーを展開すること、彼の成功を祈念したいと思います。


にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
2011.11.09 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
順位表
サッカーニュース
プロフィール

弁護士やす

Author:弁護士やす
Jリーグ創設元年からJリーグの試合を追いかけています。弁護士の職業よりもJリーグ観戦歴は長い(笑)
サッカーだけでなく、法律がかかわる問題を簡単にご説明いたします。

Web page translation
FC2ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。