スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


存在した差 ~清水エスパルス対柏レイソル
カテゴリ: J1 / テーマ: Jリーグ / ジャンル: スポーツ
勝ち点65で首位にたつ柏レイソルと勝ち点45で7位に位置する清水エスパルスとの一戦。
両チームは、開幕戦でぶつかり、このときは柏が3-0で完勝。しかし、その後清水もゴトビ監督の戦術が浸透し、最近のホームでは9戦負けなしと好調が続く。
開幕戦では、手も足も出ない試合だっただけに清水がどれだけ差をつめたか注目されるところだ。

清水は小野が怪我で欠場。
柏は酒井がU22代表のため欠場。

清水の太田宏介がJ1で100試合出場達成とのことで花束。

主審は、高山啓義さん。


~ 立ち上がりは五分五分
 立ち上がりは、両チームとも早いプレスで中盤のつぶし合い。
 どちらが優勢というわけではなく、五分五分の展開を繰り広げている。
 やや清水がスタートダッシュをかけただろうか。
 しかし、ペナルティエリア付近になると柏のディフェンスに阻まれ、決定機といえるようなシーンはない。


~ キャノン砲
 清水が誇る長距離キャノン砲、ボスナー。
 ユングベリがファールで得たフリーキックのボールをセットするのはボスナー。

 おきまりの長い助走距離をとって蹴ったフリーキックは、誰もさわれずゴール右に突き刺さった。
 グランダーのボール、そしてキッカーがボスナーということであり直接蹴ってくることは予想できたが、柏のディフェンスは対応できていなかった。予想が甘かったという表現が正しいかもしれない。


~ 反撃
 柏は後半から茨田・澤を投入して試合の展開を変えようと試みる。
 中盤から前線でのボールの対応が悪いと判断した結果だろう。清水のプレスがよかったことに対応して自分たちのペースに持ち込もうとしてきた。

 柏の意識の変化が身を結びのは後半17分。コーナーキックを出安泥ドミンゲスが足をのばして中央に折り返したところを工藤が頭で押し込んで同点ゴール。
 この前の増嶋のロングスロー、そしてレアンドロドミンゲスのコーナーキックとチャンスが続いていたところだったが、この流れをきちんとモノにした形だ。


~ 差 
 柏は同点に追いついてから優位に試合を進めていた。
 清水は、ゴール前に襲いかかるという点では、前半同様に不足している。中盤はほぼ互角とみてもペナルティエリアに近づいたところでは明らかに差が出ている。

 この差がでたのは、後半40分。ジョルジワグネルの強烈なシュートを山本海斗がはじいたものの、このボールをレアンドロドミンゲスがヘッドで押し込んで勝ち越し点。
 柏に待望の勝ち越し点をもたらしたのは、ブラジル人助っ人コンビ。
 

~ 残りの試合 …清水
 清水は1年かけて明らかにチームの力を上げてきた。来年さらに積み上げれば上位争いに加わることは間違いないと思われる。

 シーズン通して心配なのは、最終ラインの裏へ抜けるボールへの対処とフォワードの得点力。
 この2点をどう改善しようかによって、今シーズンの残りの試合の戦い方も変わってくる最終ラインの点でいえば中盤のプレスなど工夫している点は見受けられる。
 しかし、決勝点は裏をねらわれたボールであり、まだまだ改善の余地がある。


~ 優勝に向けて …柏
 柏は、これで首位を守った。
 残り2試合。前日にガンバがまけたことから1勝1分けでも優勝となる。残りの試合、どれだけ平常心で迎えることだできるかによるだろう。

 最終節には残留争いをする浦和戦が残るが、浦和も負けなければ残留が濃厚なだけに引き分けをねらってくる可能性もある。
 そうなってくると優勝争いを本当に左右するのは次節の戦いと言える。次節はセレッソ大阪戦。7月2日の対戦ではセレッソが0-5と大勝している。この試合とは別の意味で差が縮まったか、問題点の修正ができたかが注目される。
 

~ 高山啓義
 山場は、ユングベリがレアンドロドミンゲスを倒した後半28分のプレー。
 レアンドロドミンゲスがユングベリの2枚目のイエローをねらった形で倒れたプレーだった。しかし、レアンドロドミンゲスは顔を押さえたが、実際には顔には入ってはいない。
 落ち着いたカードなしのプレーで、ベンチも落ち着かせた。いいジャッジだった。
 

清水エスパルス 1 ー 2 柏レイソル
43分 ボスナー(清水)
62分 工藤壮人(柏)
85分 レアンドロドミンゲス(柏)

  



 
 

  
スポンサーサイト
2011.11.21 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
順位表
サッカーニュース
プロフィール

弁護士やす

Author:弁護士やす
Jリーグ創設元年からJリーグの試合を追いかけています。弁護士の職業よりもJリーグ観戦歴は長い(笑)
サッカーだけでなく、法律がかかわる問題を簡単にご説明いたします。

Web page translation
FC2ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。