スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


ラストゲーム ~柏レイソル 対 浦和レッズ
カテゴリ: J1 / テーマ: Jリーグ / ジャンル: スポーツ
勝ち点36で15位の浦和レッズ。前節の勝利でほぼ残留を確実にした。
対するは、勝ち点69で首位の柏レイソル。勝てば文句なしの優勝。


主審は吉田寿光さん。


~ 積極性
 柏は、立ち上がりから積極的なプレーを見せる。
 浦和は防戦一方という展開。前半20分すぎて、浦和のシュートは、まだ0。対する柏は5本を超える。柏の勢いに対し、浦和は対応に困っている状況だ。前半30分すぎても0本。
 
 勝てば優勝という柏の積極性は理解できるところだが、浦和が少し消極的なイメージがある。

 見えるのは、柏の縦への意識の強さ。縦へ入れるボールが、目立つ。常にゴールを意識したプレーが見られる。対する浦和は横と後ろへの意識が強く残っている。


~ 先制は柏
 コーナーキックを蹴ったジョルジワグネルが、クリアで右に流れたボールを直接左足でけり込んで先制ゴール。
 キーパーも反応しきれないシュート。
 常にゴールをねらおうとする柏の意識が現れたゴールだった。

 浦和にしてみたら、とうとうゴールを割られたという感じか。
 コーナーで中央に意識が固まっていたところで、こぼれたボール、しかもサイドに対する意識が薄れていた。 


~ 追加点
 失点後も浦和は防戦一方。攻撃のめどはみえない。浦和で言わせてもらうなら、前線にボールがおさまらないのが大きい。山田直輝をワントップに置いてもボールはおさまらない。そうである以上、前線にボールを送ろうとすぐにカットされて柏のボールになってしまう。
 
 攻め続ける柏の追加点。
 コーナーキックからのこぼれ球。橋本が後ろ向きからゴールに向けたキックがそのままゴールに突き刺さり、追加点、。
 優勝をねらう柏が貴重な追加点。 

 浦和はいまだシュート0本。攻められ続けている。


~ 意地
 前半シュート0本。対する柏は17本。圧倒的に攻められ続けてプライドをずたずたにされている。
 ホーム最終戦、このまま終わるわけにはいかない浦和レッズ。

 前半27分過ぎにようやく初シュートを放った浦和が、その1分後、平川のクロスに飛び込んだのが柏木陽介。フリーでヘディングを決めて追撃弾、ここまでシュートがなかった浦和がようやく放ったシュートがゴールに結びついた。ここで、勢いにのりたいところだ。
 柏木があの位置にいること自体が柏ディフェンスとしては判断を誤ったところだろう。

 ポジションチェンジをどうしながら攻撃をするか、浦和の攻撃の生命線となる。


~ 決定打
 柏は、組織というかルールを守って、固い守りを継続。対する浦和は、攻撃の手がない。そのため、当然のように柏の網にひっかかる。
 後半25分すぎても15分すぎてもシュートが3本でしかないことは、浦和の劣勢を意味している。なにかの打開点があるわけでもなく、苦しみながら防御している状況だ。 

 決定打がはいったのは、思いもよらないシュート。
 茨田のシュートを加藤が処理をし損ない、ボールは決定的となゴールへ吸い込まれた。
 多少回転が普通と違ってはいたが、加藤の処理ミスは否めない。
 ほぼ試合を決定づける得点がきまった。


~ 柏の優勝
 柏は、文句なしの優勝。
 連敗をしないままシーズンを戦い続けた。ネルシーニョのタクトの妙技を感じたシーズンであった。
 柏は、レアンドロドミンゲス・ジョルジワグネルというブラジル人の2人がうまく機能した。特にレアンドロドミンゲスは、J2だけではなくJ1でもその実力をいかんなく発揮し、チームを優勝に導いたMVPといって過言でもない。

 チームの総合力の勝利といえる。
 J2から昇格した年にJ1優勝という快挙。柏レイソルにはおめでとう、といいたい。
 
 クラブワールドカップでも是非、上を目指してがんばって欲しい。



浦和レッズ 1 ー 3 柏レイソル
29分 ジョルジワグネル(柏)
38分 橋本和(柏)
53分 柏木陽介(浦和)
76分 茨田陽生(柏)

にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
2011.12.03 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
順位表
サッカーニュース
プロフィール

弁護士やす

Author:弁護士やす
Jリーグ創設元年からJリーグの試合を追いかけています。弁護士の職業よりもJリーグ観戦歴は長い(笑)
サッカーだけでなく、法律がかかわる問題を簡単にご説明いたします。

Web page translation
FC2ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。