スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


2011シーズンを振り返る ~ ジュビロ磐田
カテゴリ: J1 / テーマ: Jリーグ / ジャンル: スポーツ
一言でいえば、若手が経験を積むシーズンだったと思う。
山崎亮平・山田大記・小林裕紀・山本康裕・金園英学といったオリンピック世代が試合に出場することにより、実践経験をつんだ。そこに前田遼一、那須大亮、途中加入のロドリゴソウトというベテランが組み合わさることにより、若手の成長する手助けとなった。

若手中心となったシーズンだけあって、成績は安定しなかった。特に前田遼一が不在の間は、前戦は苦戦を強いられた。前田が相手を引きつけるため、山崎や金園は思うようにプレーができていた。悪い意味でいえば、頼っていたという表現となる。シーズン途中でロドリゴソウトが入った後は、中盤でのボールを落ち着かせる役目を果たしてくれる選手ができた格好となり、少しロドリゴソウトに頼っていた状態が見られた。
いずれにせよ今シーズンを戦ったことで、各選手とも一皮むける下地はできたといえる。独り立ちができるか、もう一段階上に成長することができるか。
来年、各選手が真価を試されるシーズンとなる。ポジション争いも厳しくなっており、シーズン当初と異なり、必ずしも出場機会が確保されるわけではなかった終盤。ポジション争いがプラスの方向に向くのか、それとも出場機会が減るという結果だけが残り、潰れていってしまうのか・・・
このまま若手が成長をすれば、磐田は優勝争いができる実力を備えることとなる。

既に天皇杯も敗退しているため、シーズンは終了してしまっている。
来シーズンは、ジュビロの低迷期を支えたジウシーニョが退団、出場機会を求めるベテラン・中堅選手の移籍も予想される。
チーム力をどう上げていくか。

柳下監督が退任し、森下仁志コーチが監督に就任する。
監督経験が乏しいところに不安が残る。コーチと監督では絶対的な違いがある。若いチームに若い監督。いい方向に向かうかどうか未知数だし、個人的には不安だ。苦しいときにどうふんばれるかは、経験に大きく支えられたものだと思う。
セレッソと並び、優秀な若手を要する磐田には、是非、来年優勝争いに加わって欲しいというのが個人的な希望だ。


2011 成績
J1リーグ 8位 勝ち点47 総得点 53(5位) 総失点45(7位)
ナビスコカップ 準々決勝敗退
天皇杯 3回戦敗退
スルガチャンピオンシップ 優勝


にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
2011.12.16 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
順位表
サッカーニュース
プロフィール

弁護士やす

Author:弁護士やす
Jリーグ創設元年からJリーグの試合を追いかけています。弁護士の職業よりもJリーグ観戦歴は長い(笑)
サッカーだけでなく、法律がかかわる問題を簡単にご説明いたします。

Web page translation
FC2ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。