スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


縁 ~ 天皇杯 横浜Fマリノス対松本山雅
カテゴリ: 天皇杯 / テーマ: サッカー / ジャンル: スポーツ
J1の横浜Fマリノスと来期J2昇格が決まった松本山雅の一戦。
両者は、今年亡くなられた松田直樹さんが所属したチームである。

松本山雅は、J2横浜FC、J1アルビレックス新潟を破っての4回戦進出となる。
横浜FMは、J1の意地にかけて負けることはできない。

使用されるボールがオレンジなのは雪の関係だろう。

主審は山本雄大さん。


~ 立ち上がり積極的な松本山雅
 中盤での素早いプレスが目立つのは松本山雅。技術で勝る相手に自由にさせない。
 加藤監督は残り30分を勝負どころと見ているようだが、立ち上がりを見る限り、最初からとばしているように見える。

 中澤・栗原という日本代表クラスのディフェンスを要する横浜FMのゴールをこじ開けるためには、ミドルシュートは必須。あとは、高い位置で奪ってのショートカウンターをどれだけの回数できるかだろう。


~ プレッシャーに手を焼く横浜FM
 横浜FMは、思うように攻撃をすることができない
 松本山雅の素早いプレスのため、思うようにボールを前につなぐことができない。ピッチの状況がよくないのも影響しているのかもしれないが、それ以上に相手の迫力に押されている形だ。
 よりシンプルにプレーをする必要がある。うまく松本山雅のプレスをかわす必要がある。


~ 先制は横浜FM
 小野裕二が松本山雅のクリアミスのボールをシュートし、これがキーパーの手をかすめてゴールに突き刺さった。
 その前のプレーで金井がサイドを突破。松本山雅の久富がセンターリングを防ごうと飛び込んだところをうまくかわして、センターリング。長谷川がトラップをミスしたものの、こぼれ球を大橋はうまくクリアすることができなかった。小野がワンタッチでシュートをしたため、キーパーもいい準備をしてセーブすることができなかった。

 これ以前にも松本山雅のクリアが小さい場面がいくつかあり、気になっていたところだった。もう少しはっきりしたプレーを心がけたい。
 運動量がおちてくると一歩目が遅れるため、慌てる場面も出てくる。最後まで集中して臨んで欲しい。 
 それから持ちすぎる場面が見られる。相手はJ1の上位のチーム。プレーの判断を早くしたい。


~ 実力差をいかに・・・
 得点シーン以降、横浜FMが試合を支配していた。
 松本山雅は後手後手にまわり、そして疲れから最初の一歩目が遅れることになってしまい、二次攻撃三次攻撃を許してしまい、ピンチを作っていた。
 前半をどうにか最小失点ですませた。

 後半はしきり直し。同点に追いつくことができれば勢いもでるだろう。
 ボールを持ちすぎて横浜FMのプレッシャーにかかってしまう場面が多い。ディフェンスラインでは一転ピンチになるし、オフェンスではチャンスをつぶすこととなる。判断を早くしたい。運動量を維持することは当然のこととして、+αが必要だ。

 徐々にパスミスが目立つようになってきた。苦しいパスが多くなり、ペナルティエリア付近でボールを失うことが増えてきた。


~ 次の1点
 勝負を分ける次の1点は、横浜FMに入った。
 こぼれ球を小野がダイレクトでシュートを放ち、この日2点目を決めた。

 その前のプレーでシンプルなパス回しでエリア内に切り込まれ、こぼれ球への反応が少し遅れたことが失点につながった。

 これで気落ちしたのか、松本山雅の運動量が目に見えて落ちた。直後のカウンターではディフェンス4枚以外、守備に戻れない状態。
 森谷のクロスにファーで小野が飛び込んでハットトリック。
 試合は完全に決まってしまった。

 この試合、小野が躍動している。小野はもともと縦への突破に優れたプレーヤーだが、シュートへの判断の速さ、ボールコントロールなど能力の高さを見せてくれた。18歳の小野は、U22の代表に入る期待ももたれる。
見ていておもしろいし、期待できるプレーヤーだ。

 しかし、松本山雅には意地を見せて欲しい。とにもかくにも1点を奪いに行って欲しい。
 残り時間、下を向くことなく戦って欲しい。 

 その思いもむなしく、運動量は少ない。戻れない。
 小野が持ち込み、ディフェンスを引きつけたところでサイドをあがってきた中村俊輔にパスをだし、中村がこれを流し込んで4点目。

 
~ 準々決勝に向けて
 横浜FMの不安は、フォワードの駒、そして劣勢の流れをかえるための駒だろう。
 大黒が怪我をしたため、渡邉千真に期待が大きくかかる。今日イエローカードを1枚もらったため、次にイエローカードをもらうと次の試合が出場停止となる。勝ち進むことを考えた場合、累積警告も不安材料となる。
 リザーブにフォワードの選手がいないことからも明らかなように駒不足は明らかであり、渡邉千真・小野裕二のいずれかが欠けることも避けたいところだ。リザーブを見る限り、流れを変えられるような選手がいないことも厳しい。
 ACL出場権を得るためには、天皇杯で優勝する以外になく、木村監督も天皇杯の優勝をねらっている。
 現状の選手たちでどう戦っていくか、手腕が試される。


~ 来年に向けて
 天皇杯は、松本山雅の選手たちにとっていい経験となり、また自信を与える大会となったのではないか。最後の横浜FM戦の結果は残念だったが、横浜FC、アルビレックス新潟を破ったのは大きい。
 シーズンを通して戦うとなると、カップ戦と異なるモチベーションで戦うことになるため、結果は思うようにでないかもしれない。しかし、戦えることは十分に証明した。
 この試合、前半で見せていた早いプレスからの攻撃を大切に戦って欲しい。


横浜Fマリノス 4 ー 0 松本山雅
28分 小野裕二(横浜FM)
73分 小野裕二(横浜FM)
75分 小野裕二(横浜FM)
87分 中村俊輔(横浜FM)

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
 
スポンサーサイト
2011.12.17 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
順位表
サッカーニュース
プロフィール

弁護士やす

Author:弁護士やす
Jリーグ創設元年からJリーグの試合を追いかけています。弁護士の職業よりもJリーグ観戦歴は長い(笑)
サッカーだけでなく、法律がかかわる問題を簡単にご説明いたします。

Web page translation
FC2ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。