スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


2011シーズンを振り返る ~アルビレックス新潟
カテゴリ: J1 / テーマ: Jリーグ / ジャンル: スポーツ
「安定しないシーズンだった」という黒崎監督の言葉が的を得ている言葉だと思う。
しかし、安定しなかった理由については、突き詰めて考えられているのだろうか。

新潟の攻撃の中心は、ブルーノロペス、チョヨンチョル・ミシェウで、ここにどれだけ他の選手が絡んでいけるかが攻撃の厚さを増すポイントだった。
アンデルソンを一時期先発で起用していたものの、ブルーノロペスのみとの連係になってしまい、攻撃が単調になってしまった。アンデルソン自身の能力は高いが、チーム力という点ではマイナスの作用をもたらしてしまっていた。
それと比較すると、田中亜土夢の活躍が目立っていたと思う。小柄あがら持ち前の技術と運動量で3人に次ぐ攻撃の役割を担っていた。スタメンに定着するのも理解できる活躍だった。
しかし、結局助っ人だのみという域を脱却できなかった。特にボランチ、サイドバックの関わりというのが極めて薄かったのが残念だった。チーム全体の意識統一ができていないため、単発的なものにしかなていなかった。新潟は、基本的にはブルーノロペスとチョヨンチョルを見ていればいいと評価を脱却できなかった。そのため、この二人の出来に左右されることが多かった。チョヨンチョルが出ていないときは、文字通りブルーノロペスとアンデルソンの二人だけを見ていればいい状態だった。

守備の面でいうとU22代表の鈴木大輔がいるものの、鈴木自身がまだまだ成長しなければいけない上、鈴木とくむセンターバックの選手がいなかった。途中、菊地直哉をセンターバックで起用していたが、彼はボランチで起用した方がチームに安定をもたらしたと思う。しかし、そうできなかったのは台所事情の厳しさだろう。
サイドバックも酒井高徳は、もう少し攻守の意識を高めなければいけないと思う。攻撃にも思い切りがないし、守備も安定しているとは言い難い。攻撃の際に敵陣深くまでオーバーラップすることが極めて少ないし、守備の際、サイドが破られることはセンターに大きな負担をかける。U22の代表として代表の試合に出たいのであれば、もっと大胆に、もっと安定したプレーを披露しなければいけないと思う。

来年に向けてどういうチームを作るのかはわからないが、今年低迷をした原因は確実にあったし、ある意味わかりやすいものだった。
補強でしかできないものと、選手の個々のスキルの向上である程度改善できるものもある。
来年も黒崎監督が続投するとのことなので、今年の問題点をどういった形で解決していこうとするのか手腕を注目したい。

と記事を書いた後にチョヨンチョルが大宮に移籍との発表を見ました。前戦をどうするのかが本当に不安になってきました。エメルソン以降、ブラジル人助っ人頼みの中で次のステップに行くためにはチームとしてどうやるかがポイントだと思っていて、その中でチョヨンチョルはそれができる選手だと思っていただけに衝撃はでかいです。


2011成績
J1リーグ 14位 勝ち点39 総得点38(14位) 総失点46(9位)
ヤマザキナビスコカップ 準々決勝敗退
天皇杯 3回戦敗退


にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
2011.12.22 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
順位表
サッカーニュース
プロフィール

弁護士やす

Author:弁護士やす
Jリーグ創設元年からJリーグの試合を追いかけています。弁護士の職業よりもJリーグ観戦歴は長い(笑)
サッカーだけでなく、法律がかかわる問題を簡単にご説明いたします。

Web page translation
FC2ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。