スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


2011シーズンを振り返る ~ ベガルタ仙台
カテゴリ: J1 / テーマ: Jリーグ / ジャンル: スポーツ
あきらめない気持ち、それが現れたシーズンだった。
被災地を代表して戦っていたといっても過言ではなく、勇気を与える戦いぶりだったと思う。
リーグ最少失点を支えた守備は、決して個人の能力で抑えていたというわけではなく、気持ちで抑えていたと思う。高さも早さも決して抜きんでていない仙台を支えたのは、誰もがサボらない運動量だったと思う。気持ちで上待っているのが、行動にも表れていた。
攻撃では、赤嶺の活躍が目立っていた。残念ながら、途中加入のディエゴは目立たなかった。しかし、ディエゴを使わなくてもいいと思うくらいに他の選手ががんばっていたことは間違いない。ディエゴは京都との契約をまだ残すだけに、京都に戻るのは間違いない。しかし、今年の躍進は、「勘違いさえしなければ」必ず来年にも活きてくるはずだ。

来年に向けての課題は選手層を厚くすることになるだろう。
攻撃陣のバリエーションアップのためにどういった選手を補強するのかがポイントとなる。あわせてボランチをどうするかだろう。個人的に梁勇基をボランチ起用しても面白いかと思っていた。そうすることにより、よりボールがさばけるようになるだろうという思いがあってのことだ。梁はうまいがスピードはそれほどでもなく、プレッシャーの少ないところでパサーとして使いたいところだろう。
両サイドは、関口と菅井を中心として前後をどう強めるかの問題となる。今年は得点が少なかったが、これをどう改善していくか、また攻撃的に出る中でどう守備の強さを維持していくかは難しい問題だ。太田吉彰だけではなく、もう一人二人の選手がでてくることが必須となる。

仙台にとっては今年がたまたまではなかったということを証明するために大切な来年のシーズンとなる。今年の快進撃を支えた守備がそのまま機能し、攻撃がさらに活性化するとなれば、さらなる上位進出も夢ではない。
研究されてくるなかで、どういったアクセントをつけられるかが来年の命運を左右するだろう。
復興は1年ではならない。継続して上位に進出し、戦っている姿を我々に見せて欲しい。


2011シーズン成績
J1リーグ 4位 勝ち点56  総得点39(13位)  総失点25(1位)
ヤマザキナビスコカップ 2回戦敗退
天皇杯 4回戦敗退


にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ
にほんブログ村人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
2011.12.22 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
順位表
サッカーニュース
プロフィール

弁護士やす

Author:弁護士やす
Jリーグ創設元年からJリーグの試合を追いかけています。弁護士の職業よりもJリーグ観戦歴は長い(笑)
サッカーだけでなく、法律がかかわる問題を簡単にご説明いたします。

Web page translation
FC2ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。