スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


パスサッカーの戦い ~ 清水エスパルス対セレッソ大阪
カテゴリ: J1 / テーマ: Jリーグ / ジャンル: スポーツ
元日へあと2つ。残ったタイトルとACLの出場権を争う2チームの戦い。
セレッソは、敗北をした時点でクルピ監督の指揮が終了することとなる。少しでも勝って最後にタイトルをプレゼントしたいところだろう。
対する清水は、リーグ戦開幕からするとずいぶんよくなったが、ユングベリや小野という中心選手に怪我が相次いでいることが不安材料だ。今シーズンの成長の証を示すためにも勝ち進みたいところだろう。

主審は松尾一さん。


~ 立ち上がり
 両者ともパスを回すチームだが、セレッソに一日の長がある。ポジションチェンジなどをみても、一枚上手だ。

 試合が動いたのは11分。左サイドから中央にだされたボールをキムボギョンがトラップ。清水のディフェンスはこの時点で左サイドに意識が偏っていたため、対応が遅れた。対応の遅れた太田宏介は焦りからか、トラップだけで、マークをはずされてしまった。


~ アクシデント
 前半16分、ユングベリがパスを出した後、グランドに倒れて、左足太股を押さえる。復帰したばかりだっただけに、コンディションの調整不足が原因か。または今シーズンの自分のプレーへの焦りか。

 いずれにせよ、清水は同じく怪我あけの小野を投入することとなる。

 その小野が起点となり、大前のドリブル突破からのスルーパスに伊藤翔が反応するが、これはクリアされる。しかし、そのこぼれ球を高原がシュート。このシュートをクリアにいった丸橋が手に当ててしまい、PK。
 このPKを小野が決めて同点となった。


~ 試合は一進一退から・・・
 同点ゴールを決めた後は、一進一退。ボールの支配はややセレッソの方が上だが、小野が入ってから清水もボールが落ち着くようになった。

 しかし、徐々にセレッソがリズムをつかんでいく。ゴールに迫るtyはン巣としては明らかにセレッソの方が回数が多い。縦と横へのパスとドリブルを組み合わせた攻撃はディフェンスのポイントを絞りずらく、マークがずれる場面がみられる。
 清水は2列目の押し上げが遅いため、ボールがキープできなくなっている。ゆっくりつなごうとしているときはいいが、それ以外は、簡単にセレッソの網にかかっている。

 セレッソが決めきれなかったと言うのがいいのか、それとも清水が守りきったというのがいいのか。


~ 勝負の延長戦
 攻めたセレッソ。耐えてカウンターをねらう清水という構図。両者とも決定力を欠いて勝負は延長戦へ。
 清水は、小野を交代。小野は、痛めていた足が完全ではなく、最後の方は足を明らかに気にしていた。

 得点は、いきなり動く。開始3分、清武が密集を細かいタッチで二人を抜いてキーパーと1対1に。ディフェンスを翻弄する切り返しで大きな勝ち越し点を奪った。
 清水は、少し運動量が減っている苦しい中で清武の動きについていけなかった。運動量が少なくなっていること、そのため中盤の押し上げができていないことからすると、厳しい失点だ。
 しかし、運動量が落ちているのはセレッソも同じ。中盤が少し間延びしている。チャンスは必ずくるはずだ。

 再びゲームを戻したのは、途中出場の高木。するするとゴール前に切り込んでいき、そのままシュートを放ち、これがネットをゆらした。
 疲れが顕著であり、攻め手をかいていた清水にとって、大きな個人技からの得点となった。これで少し息を吹き返せるか。
 高木がドリブルであがっていくところで、セレッソディフェンス陣はプレッシャーをかけることができなかった。疲れからきているのは間違いないが、試合自体は支配しているセレッソにとっては疲れを増す同点弾だ。 
 
 
~ PK戦
 攻めたセレッソだが、山本海人がゴールを死守した。清武のループを背面片手でクリアしたのはファインセーブだった。好調の山本はPK戦でも存在感を発揮できるか。
 延長終了間際、高原とキムジンヒョンが交錯。PKにどう影響がでるか・・・


 清武弘嗣   ○   大前元紀  ○
 キムボギョン ○   アレックス ○
 倉田秋    ○   伊藤翔   ○
 丸橋祐介   ○   岩下敬輔  ×
 播戸竜二   ×   ボスナー  ○
 山口螢    ○   高木俊幸  ○
 小松塁    ○   山本海人  ×

 7人目までもつれたPK戦は、山本海人がはずし、セレッソの勝利で終わった。
 しかし、柏の菅野がそうだったが、試合中に好セーブを連発したゴールキーパーが自らの蹴ったPKで敗北するというのはどういう気持ちになるのだろうか。活躍すれど何らの達成感も得られないむなしい気持ち。極めて切ない。山本の来年の活躍を期待したい。


~ 準決勝へ
 セレッソは準決勝へ進出した。
 準決勝の相手はF東京だ。今年J1への昇格を決めたF東京は、チームの特徴としてはセレッソと同じタイプだ。J1に比し、決して実力が落ちるとはいえず、強敵だ。ポジションチェンジの多さからすれば、セレッソの方が上だが、その中で今野・森重のセンターバックをどう混乱させ、裏をついていくかだろう。
 
 クルピ監督に最後にタイトルを、というセレッソの選手たちの気持ちが達成されるかどうか。過密日程になってくるため、延長を戦ったセレッソにとっては気持ちの勝負ともなる。



清水エスパルス 2 ー 2 セレッソ大阪
11分 キムボギョン(セレッソ)
23分 小野伸二(清水)
延長前半3分 清武弘嗣(セレッソ)
延長前半14分 高木俊幸(清水)

PK戦
清水エスパルス 5 ー 6 セレッソ大阪



にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
2011.12.24 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
順位表
サッカーニュース
プロフィール

弁護士やす

Author:弁護士やす
Jリーグ創設元年からJリーグの試合を追いかけています。弁護士の職業よりもJリーグ観戦歴は長い(笑)
サッカーだけでなく、法律がかかわる問題を簡単にご説明いたします。

Web page translation
FC2ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。