スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


天皇杯 ~ 京都サンガ 対 FC東京
カテゴリ: 天皇杯 / テーマ: サッカー / ジャンル: スポーツ
史上初のJ2対決の決勝となった天皇杯。
FC東京は2012シーズンにJ1で戦うことが決まっているが、京都サンガはJ2での戦いとなる。優勝したチームにはACLの出場権が与えられる。過去、東京ヴェルディが降格した年に優勝した際は、J2だからということで出場させなかった過去があったが、今回は日程が許せば出場する権利を与えるようだ。

J2での戦いでは、いずれもFC東京が快勝している。京都は若いチームなだけに成長過程であり、勢いにのれば怖い存在となる。

主審は西村雄一さん。

~ 立ち上がり
 両チームともパスをつないで相手を崩すスタイル。ただし、質でいうとF東京の方が上手。また、バリエーションでいってもF東京の方が多い。縦へ突破できる選手がおり、そしてポジションチェンジが多い。そういった意味では京都は苦しい展開を強いられることとなる。

 立ち上がりに押し込んだのはやはりF東京。石川直宏の縦へのスピードが脅威となっている。
 ポジションチェンジにディフェンスが苦労している。


~ 先制は京都 
 中盤で奪ったボールをドゥトラがドリブル。徳永と今野が挟みボールを奪おうとするが、徳永の足にあたってこぼれたボールを取ったのは中山博貴。キーパーと1対1になった中山は落ち着いて決めて京都が先制した。

 劣勢の中でワンチャンスをものにした京都。あたりまえのことだが、中山がきちんとあがっていたことが大きい。
 逆にF東京は押していた展開だけにボールの奪われ方が悪く、対処に慌ててしまった感じがした。

 京都が先制して試合はおもしろくなってきた。京都がどう試合運びをするかが注目だ。


~ 早い同点劇
 京都のリードの時間はさほど続かなかった。
 2分後、ショートコーナーからのセンターリングをファーで詰めた今野がニアに向けてヘディングシュート。キーパーは完全に振られてしまい、ディフェンスもクリアしきれなかった。
 今野は、センターリングを蹴る瞬間で猛然と飛び込んできたため、京都のディフェンスもケアしきれなかった。

 京都はせっかくの先制点が短い時間で振り出しになってしまった。簡単に勝てるとは思っていなかっただろうが、時間としてはあまりに早すぎる。
 これで試合を支配していたF東京に勢いがでるはずだ。京都はどういなしてカウンターをねらえるか。


~ 勝ち越し
 試合が落ち着き始めてきたと思っていた前半33分、谷澤が倒され、F東京はフリーキックのチャンス。 
 石川がちょんと出したボールを蹴ったのは森重。これが豪快にゴールに突き刺さった。壁を越えた後にキーパーから逃げていくような変化を見せたため、水谷も反応しきれなかった。
 膠着気味だった試合を一撃で動かした。
 高い意識をもって中盤のプレスを続けていた京都にとっては痛い失点だった。

 その6分後、F東京にとっては大きな、京都にとっては痛恨の失点となる得点が生まれた。
 
 水谷からのゴールキックを高橋秀人が競り勝ったこぼれ球、いち早く反応したルーカスが独走。京都は明らかに反応が遅れた。
 ルーカスは落ち着いてゴールに流し込んだ。
 ルーカスは、ガンバ在籍時代に天皇杯で2度優勝している。今回優勝すると3度目の優勝となる。


~ 次の1点
 京都としては後半早い段階で得点をとって差を詰めたいところ。後半開始早々、攻勢にでようとしているが、F東京の壁が抜けられず、効果的なカウンターをうけてはピンチを作ってしまう。ルーカスのプレー・ポジションがいい感じで効いている。うまくスペースのあるところにポジションをとり、キープ・パスを巧く使い分けている。
 後半9分には、18歳の久保を入れて攻勢に出ようとする。
   
 しかし、後半21分、再びカウンターの餌食となる。
 谷澤がシンプルに縦のスペースにパス。ここに椋原が走り込み、ダイレクトで中央ルーカスへ。ルーカスはトラップで外に逃げる。ここで京都の福村がスライディングにいってしまい、あっさりとかわされてしまう。
 角度のないところから、ルーカスが飛び込んできたキーパーの上を越すシュートを決めて、試合を決定づける1点が入った。


~ 意地
 しかし、京都もあきらめない。
 コーナーキックからのボールを途中出場の久保がヘディングシュートを決めて2点差。
 高橋がマークについていたが、久保は後ろにいくと見せかけて前にでて高橋とのポジション争いに勝った。チョンウヨンのボールもよかったが、久保のポジションの争い方もよかった。

 失点から早い段階で得点を奪えた。
 京都は攻めるしかない。

 京都はその後も攻め続けるが、時間とともにプレーが雑になったこと、運動量が落ちたことでプレーのスピードが明らかに悪くなり、チャンスを作りきれなかった。前半にとばしていたことも影響していただろう。

 最後まで攻め合う試合はおもしろくはあったが、雑なプレーとミスでリズムを作れなかったのは残念だった。


~ 天皇杯
 天皇杯の優勝は、F東京が手に入れた。J2優勝と天皇杯の2冠を史上初めて達成したこととなる。
 リーグ戦の前半で苦労して選手が四苦八苦してチームを作り上げたことが結果として表れた。そして、ルーカスが効果的なプレーをしていたのが大きい。ルーカスがうまくバランスをとりつつ、試合を落ち着かせ、チームに安定感を与えている。

 F東京は大熊監督が勇退。しかし、これはF東京にとってはいいことだと思う。次期監督就任が予定されているポポビッチ氏は、確実に今のF東京のチームスタイルをのばしてくれるだろう。個人的にF東京の強さをもたらしたのは、選手たちだと思っている。ここに監督の力がどう加わっていくかだ。

 この天皇杯でJ1相手にも十分戦えることは示した。昨年の柏レイソルのような快進撃ができるかは選手層の厚さにもよるところだし、またACLをどう戦うかにもよるだろう。
 しかし、J1で上位だったチームも油断はできない。


~ 最後に力負け
 発展途上のチーム・若いチームらしく最後まで闘う姿勢を見せてくれた。
 もともと京都は今年のリーグ戦を照準に合わせてチーム作りをしていた。その中で1年目の最後に天皇杯の決勝まで勝ち上がり、そして悔しさを味わったことは大きな糧となる。

 一つ一つのプレーの質の問題、連動する動きだしの質の問題、守備陣の連係の問題といった課題、選手層の問題がまだまだ見えた試合だった。
 元日まで戦い続けたため、自然とチーム始動までの休みの期間が短くなってしまったが、若いチームだけに積み上げていくためにもよかっただろう。
 今年のJ2リーグで確実に昇格争いの中心にいるチームとなる。苦しいときに誰がチームを鼓舞するのかという問題はあると思うが、天皇杯での経験をうまくリーグに活かしてもらいたい。
 



京都サンガ 2 ー 4 FC東京
13分 中山博貴(京都)
15分 今野泰幸(F東京)
36分 森重真人(F東京)
42分 ルーカス(F東京)
66分 ルーカス(F東京)
71分 久保裕也(京都) 

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ  
スポンサーサイト
2012.01.01 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
順位表
サッカーニュース
プロフィール

弁護士やす

Author:弁護士やす
Jリーグ創設元年からJリーグの試合を追いかけています。弁護士の職業よりもJリーグ観戦歴は長い(笑)
サッカーだけでなく、法律がかかわる問題を簡単にご説明いたします。

Web page translation
FC2ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。