スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


ゼロックススーパーカップ ~柏レイソル対FC東京
カテゴリ: J1 / テーマ: Jリーグ / ジャンル: スポーツ
昨シーズンJ1の王者と天皇杯の王者との一戦。
Jリーグの開幕をつげる一戦である。

柏レイソルは2シーズン前にJ2を優勝してJ1に昇格、FC東京は昨シーズンにJ2を優勝してJ1に昇格したチーム。
FC東京にとっては、今シーズンを占う力試しとなる試合ともなる。

主審は西村雄一さん。


~ 先発
 柏 GK 菅野
   DF 橋本 近藤 増嶋 酒井
   MF 大谷 茨田 ジョルジワグネル レアンドロドミンゲス
   FW 田中 北嶋

 F東京 GK 塩田    
     DF 太田 森重 徳永 椋原
     MF 梶山 高橋 谷澤 石川 長谷川 
     FW ルーカス

 先発を見る限り、柏は昨シーズンからの上乗せ、F東京は今野が抜けた穴、そして前線の選手の配置をどうするかが課題のようだ。F東京は、横浜FMから渡邉千真を補強し、平山との国見2トップが新聞をにぎわせていたが、そうではない。個人的には、それはやめた方がいいという意見。ロングボールが多くなり、苦戦したJ2の苦戦を忘れてはいけない。


~ 序盤
 F東京がボールをつなぎ、柏に攻勢をしかける。先発を見てもパスをつないだ攻撃を意識しているのだろうと思う。これに石川や谷澤の個人技が関わったところで、どのような形をつくれるか。柏の守備を崩すのは並大抵のことではない。
 ただ、F東京がボールをつなげるのは、柏のプレスが昨シーズンに比べてまだまだ甘いことに一番の原因がある。チームの始動が遅かっただけに、コンディション敵にはまだまだということなのだろうか。ACLが近づいていることもあり、現状では正直不安が残るが・・・


~ 打開 
 ボールをつなぐFC東京のペースかと思われた前半。試合を打開したのは、助っ人の力。
 クリアボールをフリーでひろったジョルジワグネルが前方が空いているとみるやロングシュートを放つ。左足で放ったシュートは、左サイドネットをゆらした。
 ジョルジワグネルの左足の威力はしってはいるが、隙を見逃さない力はさすがだ。前線の選手に力があるがゆえに田中の動きに注意を払わなければいけないとはいえ、見事なシュート。

 F東京は、押していた展開で痛い失点。
 ボールがつなげているだけに、あとはどうフィニッシュに持ち込むからだろう。エリアの外からミドルシュートもおもしろいと思う。


~ 追加点
 F東京としては与えてはいけない追加点。
 ペナルティエリア内で森重が北嶋を後ろから押して倒したとしてPKの判定。
  
 これをレアンドロドミンゲスが左上の落ち着いて決めて柏が追加点。

 F東京にとっては、本当にもったいないPK。今年からホールディングには厳しくすると言っているが、それとは関係ないとしても、厳しいPKの判定だったことには変わりはない。


~ 追撃弾
 F東京の高い位置からのプレスが功を奏したのは、後半20分。
 長谷川のシュートは一度は菅野にはじかれるが、ディフェンスのクリアミスをヘディングで押し込んでの追撃弾。
 柏の守備は、渡邉がオフサイドではなかったことで、少し慌てて対応が遅れた。それが最終的にはクリアミスにつながったのだと思う。

 F東京は、残り25分残して1点差につめよった。高い位置からのプレスを続けられるのであれば、まだまだチャンスはある。ただし、正攻法ではなく、工夫が必要となる。

 
 試合は、そのまま終了した。選手交代などあったが、結果には結びつかなかった。
 ただし、結果につばがらなかったとはいえ、柏でいえばリカルド・ロボ、F東京でいえば羽生が躍動していた。リカルド・ロボは、ゴールに向けた強引さがある。柏の選手はどちらかといえばテクニック・切れ味で勝負している印象があり、ゴール前での強引さに欠けるところがあった。リカルド・ロボは、この点では今までの柏にないものをもたらした。羽生は積極的な動きでゴール前に入る等してチャンスを作っていた。ゴール前での動きが不足していたチームにいい影響をもたらしたのは間違いない。ただし、フィニッシュの問題は変わっていない。


~ シーズン開幕を前に
 柏は、先週に行われた千葉銀カップよりも明らかにコンディションをあげてきている。特に、レアンドロドミンゲスとジョルジワグネルの2人には、その傾向が顕著だ。
 ACLが開幕するため、時間的な余裕はないが、さすがにシーズンに合わせてきている。

 気になるのは、昨シーズンにみられたプレスが遅く緩いこと。この点をどうなるのかが今シーズンを占いそうだ。

 
 対するFC東京。
 高い位置からのプレスや簡単なパス回しなどは効果的であり、J1でも通用することは明らかになった。
 他方で気になるのは、フィニッシュ。試合を通して中央が薄かったため、ボールをつないでもフィニッシュにたどりつけなかったという印象が強い。
 ルーカスはいい選手であるが、ルーカスと関連する選手たちが中央ないし前線に顔をだすようにならないと得点への道は切り開かれない。ただし、平山とルーカスが両立するというイメージはあまりできないので、起用の仕方には問題が残るだろう。
 得点力が改善できるのであれば、上位進出のめどもたってくるだろう。
  

~ 西村雄一
 谷澤が倒れたシーンをシミュレーションと判断したのは適切だった。
 谷澤は足がかかったかどうかとシーンでは、実際に足がかかったかどうかは別として見事に倒れすぎた。谷澤はシーズン通してファールをもらおうとするプレーが多いことも印象としては残っているのではないか。 
  


柏レイソル 2 ー 1 FC東京
26分 ジョルジワグネル(柏)
43分 レアンドロドミンゲス(PK 柏)
65分 長谷川アーリアジャスール(FC東京)

にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ
にほんブログ村

サッカー ブログランキングへ
スポンサーサイト
2012.03.04 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
順位表
サッカーニュース
プロフィール

弁護士やす

Author:弁護士やす
Jリーグ創設元年からJリーグの試合を追いかけています。弁護士の職業よりもJリーグ観戦歴は長い(笑)
サッカーだけでなく、法律がかかわる問題を簡単にご説明いたします。

Web page translation
FC2ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。