スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


アジアへの挑戦 ~ACL 名古屋グランパス対城南一和
カテゴリ: ACL / テーマ: サッカー / ジャンル: スポーツ
名古屋グランパスにとって3度目のアジアへの挑戦。ストイコビッチ監督にとって5年目を迎えた戦い。
ホームでの開幕戦は負けられない。

主審はシュララさん。バーレーンの方。

~ 先発
 GK 楢崎正剛
 DF 田中マルクス闘莉王 増川隆洋 阿部翔平 田中隼磨
 MF 中村直志 藤本淳吾 ダニルソン 金崎夢生
 FW 玉田圭司 ケネディ

 小川が怪我で欠場といえど昨シーズンと変わりのないメンバー。上乗せとなるかそれとも・・・


~ 個の力と組織の力
 名古屋はどちらかといえば個の力を優先しているチーム。ガンバもそうだが、日本の強豪チームは、個の力に頼るチームがそれなりの結果を出している。組織力があるのが、どちらかといえばという意味では柏レイソルとFC東京となる。
 個の力の頼るチームで一番心配なのは守備となる。組織としての守備ができないためにほころびができてしまう。下がりながらの守備をみていると組織的ではないのだな、ということがより明白になる。ラインのずれが簡単にできてしまう。この点が名古屋がピンチを何度か迎えている原因となっている。
 攻撃は個の力で勝負して何度かチャンスをつくり、数回チャンスをモノにすればいい。しかし、ディフェンスはそうはいかない。一度のミスが大きな結果をもたらす。
 名古屋は組織という点についていえば、前年からの積み重ねというのは特になさそうだ。他の面を強化してきたということだろうか。


~ 勝負の後半
 どちらかといえばチャンスが作れないままに前半が終了した名古屋。対する城南一和は2度ほどのチャンスを作っていた。
 両者無得点で迎えた後半。

 いきなり試合は動く。名古屋のコーナーキックをキャッチしたハカンジンからのロングキックを阿部翔平が中途半端にヘディングしたボールをエバートンに拾われ、豪快にけり込まれた。
 カウンターといえばカウンターだが、阿部がとりあえす頭にあてただけとも思われるボールは楢崎との間におちてしまい、為す術がなかった。ミスといわれてもおかしくない対応だった。


~ 反撃ののろし
 名古屋は、攻撃の形がなかなかいえない。

 後半11分、裏に抜けた玉田が後ろから倒されてPKを獲得。これをケネディが落ち着いて右隅に決めて同点。

 しかし、PKを奪ったパスも単発のものと言わざるを得ない。名古屋はどうやって城南一和のゴールをあけようとするのか・・・イメージがわかない。
 サイドを重視する攻撃をするのは、昨シーズンと同様なのだろうが、中央がどう関わるのか。もう少しやりようがあると思うのだが、極めて単調だ。セットプレーだけではしょうがない。


~ 逆転弾
 名古屋の逆転弾はカウンター。
 ケネディーからのスルーパスに反応したのは永井。永井はそのままシュートにいくかと思ったが、ディフェンスを引きつけつつのまさかのヒールパス。永井のヒールでのパスをうけた金崎が落ち着いてゴール右隅に決めた。

 流れるようなカウンターが決まって、名古屋が逆転した。   

 問題はここからの守備。本当に心配な守備。
 得点後に金崎に代えてダニエルを入れたことで3-5-2にシステムを変更した感がある。守備に不安がある。


~ 最悪の幕切れ
 ロスタイムもわずかのところ。
 エバートンにオーバーヘッドでシュートを決められ、まさかの同点。
 ここも阿部のヘディングでのクリアが中途半端になったところを折り返されての失点。
 玉際の強さ・思いが城南一和が勝った結果だっただろう。

 ストイコビッチ監督もうなだれる試合終了だった。
 

~ 試合を終えて
 名古屋はいいチームだと思う。いいチームだと思うのだけど、個の力を優先するばかりにチームとしての力をあげれていないのではないか。俗に1+1は2ではなく3でも4にもなるというけど、名古屋の場合は最大でも2という感じがする。
 チームとして戦っているようでそうではない。守備では本当にそこのほころびがでている。サイドを崩されていたといえば簡単だが、サイドバックとセンターバック、ボランチの選手との連係が感じられない。高さには強いがそれ以外には弱い名古屋の守備は昨年そのままといってもいい。

 おそらく今年もJリーグでの優勝争いには関わるだろう。しかし、このままの状態でそのような状態になっていいのかは、Jリーグにとって名古屋にとっていいのか極めて疑問である。

 個の力を伸ばすのがストイコビッチ監督のいいところであるが、もう一歩が欲しい。もう一歩はチームとしての力なのだが・・・昨シーズンも名古屋はメンバーが替わるとチーム力も落ちてしまっていた。個の力に頼っていたが故の結果だったと思うが、今年は何か変わるのだろうか。
 期待をして待ちたい。 


名古屋グランパス 2 ー 2 城南一和
47分 エバートン(城南)
57分 ケネディ(PK 名古屋)
73分 金崎夢生(名古屋)
90分+3 エバートン(城南)

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

サッカー ブログランキングへ
スポンサーサイト
2012.03.07 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
順位表
サッカーニュース
プロフィール

弁護士やす

Author:弁護士やす
Jリーグ創設元年からJリーグの試合を追いかけています。弁護士の職業よりもJリーグ観戦歴は長い(笑)
サッカーだけでなく、法律がかかわる問題を簡単にご説明いたします。

Web page translation
FC2ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。