スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


第3節 ~サンフレッチェ広島対鹿島アントラーズ
カテゴリ: J1 / テーマ: Jリーグ / ジャンル: スポーツ
1勝1敗のサンフレッチェ広島と2戦未勝利無得点の鹿島アントラーズとの一戦。
鹿島は、ナビスコで勝利を収めたが、その勢いでリーグ戦今シーズン初勝利といけるか。

両チーム新監督を迎え、チームを作り上げている最中。
広島が昨シーズンからの上乗せに近い形であるのに対し、鹿島は連係に不安が残る。
中田浩二は長期離脱の情報が入っているようだ。左膝痛とのことだが、状態が心配だ。

主審は、井上知大さん。一級審判の方。


~ 序盤
 お互いプレスが早い。鹿島がパスを回そうとするが、広島もきちんと陣形を組み、前線からのプレスもきいている。サイドからのボールに対しても体をはった守備で守っている。鹿島は攻めあぐねている。アレックスはコンディション不良であり、持ち前の運動量が十分に発揮できていないかもしれない。コンディションに心配が残る選手を起用しなければいけないのが、今の鹿島の厳しさか。
 
 対する広島はなかなか攻撃の形ができない。鹿島の守備もきっちりしているだけに前線へのパスがなかなかつながらない。


~ 先制
 先制は広島、佐藤寿人。コーナーキックからのこぼれ球。大崎の力のないシュートをけり込み、ネットをゆらした。
 鹿島はオフサイドを主張したが、(おそらく)大迫の上がりが遅く、オフサイドにならなかった。
 
 佐藤寿人が弓矢をいり、獲物の森脇を射た。その後、獲物の森脇を他の選手が持ち上げての記念撮影。

 鹿島は、先制点を奪われた。リーグ戦得点がない状態で先制を奪われるというのは、生sんてきなプレッシャーになるだろう。
 攻勢にでようとする鹿島だが、なかなかフィニッシュにたどり着けない。先制を奪われるまでは、サイドを使った攻撃がよかったが、焦りからか中央に固まり始めている感じがする。

 ハーフタイムの鹿島の選手の足取りも心なしか重い。


~ 試合を左右するジャッジ
 苦しい鹿島にさらに追い打ちがかかる。
 
 後半10分、新井場がまさかの一発退場。 
 得点機会阻止というジャッジなのだろうが、新井場のスライディングはボールにいっていた。ボールをクリアしたあとの足が大崎の足にひっかかったのだが・・・
 鹿島にしてみたら、何故?という感じだろう。

 見た場所によっては、先にボールに当たったところが見えなかったのかもしれない。 
    

~ 攻めたいが・・・
 選手を2人代えて、より攻撃に出ようとする鹿島。選手が一人少なくなった中で同点・勝ち越しをねらうためには、ある程度の危険は仕方がない。

 しかし、守備にゆるみがあった。大崎がフリーになった瞬間に縦へのパスが入り、これに反応した大崎がゴールにけり込んだ。アレックスが大崎の近くにいたが、サイドの動きを気にして大崎との距離が遠くなり、誰も対応しきれなかった。
 1人少ないことの影響もあっただろうが、あの状態でフリーの選手を作ってはいけない。


~ 今季2勝目を上げて … 広島
 守備がいいなと思う。守備をさぼっている選手がいない。昨シーズンまでの広島は、攻撃に華がある一方で守備が組織的に対応できず、失点を繰り返す傾向があった。その点がうまく修正できている。
 前線の選手は運動量が求められるので、厳しいとは思うが、チーム一丸となって戦う姿勢が見られた。
 
 正直個人的な前評判は低かったのだが、この試合を続けられるのであれば、いい結果が望めそうだ。
 あとは、こういった試合をどれだけ続けてできるかだろう。


~ トンネルは続く …鹿島
 これでリーグ戦3連敗で無得点。鹿島の出だしとしては、過去最悪の出だしだ。
 なにか光明がみえるかといえばそうではない。
 
 もう少しピッチを広く使った方がいいと思うが、どうしても中央に固まり、厳しいところを抜けようとしている。単調になってしまい、工夫がないため、相手も対処しやすかった。
 この試合は不運で一人退場となったが、そうでなかったとしても得点が奪えなかった可能性の方が高いと思う。
 
 個人名を出して申し訳ないが、ジュニーニョがフィットしていない。良さがでていないのもあるけど、チームの中で少し浮いてしまっている。先をみるならば我慢して起用し続けるということも考えられるが、少なくともワントップでロングボールのポスト役を求めるのは酷だろう。
 
 一つ勝っただけでは流れは変わりそうになく、少し我慢が必要と思われるチーム状態。選手は厳しいだろうが、我慢して続けていくしかない。


~ 井上知大
 小さいファールをあまりとらないで流していた。が、それが少し試合を荒れさせそうな雰囲気もあった。
 後半からは少しファールをとるようになっていた。

 勝負を分けたと言われかねない後半10分の判定は、やむを得ないという評価とそうではないという評価に分かれるだろう。
 鹿島の選手にしたら、井上知大という名前は忘れられない名前となりそうだ。
 
 試合コントロールには少し難があった。今後、経験を積む中でどう成長できるか。


サンフレッチェ広島 2 ー 0 鹿島アントラーズ
25分 佐藤寿人(広島)
71分 大崎淳矢(広島)
スポンサーサイト
2012.03.25 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
順位表
サッカーニュース
プロフィール

弁護士やす

Author:弁護士やす
Jリーグ創設元年からJリーグの試合を追いかけています。弁護士の職業よりもJリーグ観戦歴は長い(笑)
サッカーだけでなく、法律がかかわる問題を簡単にご説明いたします。

Web page translation
FC2ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。