スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


昇格候補の変化 ~ジェフ千葉対徳島ヴォルティス
カテゴリ: J2 / テーマ: Jリーグ / ジャンル: スポーツ
ここ2年、昇格候補にあげられながらも秋口の大ブレーキで昇格を逃し続けているジェフ千葉。J2で3年目で3人目の監督を招聘した。どのような変化が見られるか。なお、キャプテンの佐藤勇人は、前節に足を痛めて欠場。
対する徳島ヴォルティスは、昨シーズン、最後の最後で昇格を逃してしまった。今年こそはという思いが強いだろう。しかし、佐藤や柿谷といった攻撃的な選手を失ったことは大きい。

過去の対戦成績は、千葉の3敗1分け。

注目は、セリエAのシエナから千葉に加入したレジナルド。

主審は飯田淳平さん。30歳で国際主審の資格をもつ方。


~ レジナルド
 それほど大きくなく、また、ちょっと太い感じもする。筋肉による太さだろうか。

 トップ下あたりでの先発と思ったが、右サイドでの先発だ。千葉は2列目中央に兵働をおくシステムが機能していただけに、そこはいじらずにきたのだろう。
 ちょっと右サイドにはったポジションになりすぎている気がする。中央に選手が少ないだけに、もう少し中に切れ込んでいく姿などみたい。

 守備をさぼるわけではない。きちんと守備をしている。運動量もある献身的な選手のようだ。

 あとはどうチームにとけ込み、そしてゴールに近づくプレーができるかだろう。


~ 先制
 序盤、五分五分の展開。
 徳島は、鈴木達也の動きがいい。しかし、少し選手の連係が悪い。
 千葉も攻めるが、決定機には至れない。徳島のプレスが生きている。

 先制を決めたのは千葉の深井。クリアしたボールを藤田がトラップして、そのボールを兵働がサイドをあがっていた深井にパス。深井の豪快なシュートがキーパーの手をかすめて決まった。

 徳島にしてみたら、完全に予想外にボールがこぼれ、カウンターをうけた。対応が後手に回った結果、深井が完全にフリーになってしまった。ここまでは割と安定した守備をしていただけに残念な失点になってしまった。


~ 大岩一貴
 U23の代表の千葉の大岩。U23ではベンチ要員となってしまっているが、千葉でスタメンを手に入れたようだ。
 千葉の弱点であるサイドバック。そのサイドで積極的な攻撃を見せている。タイミングやポジションもいいし、体の強さも出ている。千葉にはうれしいことだろう。

 その大岩のJ初ゴールは、前半31分。コーナーキックのボールをヘディング。浮いたボールは、ゴールライン上にいた津田の頭を越えてゴールに吸い込まれた。


~ 攻勢の徳島
 前半に2失点を喫した徳島。
 後半に、気持ちプレスが厳しくなった気がする。そして、これが功を奏している。
 厳しくなったプレスの中で千葉の中盤でのパス回しにも余裕がなくなった。
 
 ただし、ジオゴが孤立している感は否めない。ジオゴの強さを活かして、ポストにしようとする意図が見えたとしても、ジオゴにからむ選手がいない。適切な距離に選手がいないため、ジオゴにあててもすぐに千葉にボールを奪われてしまう。
 津田や鈴木達也といったいい選手がいたとしても、ボールがいい感じで落ちてこないのであれば、どうしようもない。
 この状態でこのサッカーを続けていたとしてもゴールへの道は遠い。   
 

~ 決定打
 千葉は、昨年のシンボルとも言えるオーロイを投入。
 対する徳島も選手交代をして、攻撃の活性化を図ろうとする。しかし、やはり決定機は作れない。

 後半40分、大岩の一撃が炸裂する。
 サイドでボールをうけた大岩がフリーとみるや、左斜め40度くらいのエリア付近から豪快にミドルシュートを突き刺した。
 U23代表では控えに甘んじている大岩がその能力の高さを発揮した。


~ 3試合目の無失点 … 千葉
 千葉は完封で3試合目の無失点試合、そして3試合目の複数得点の試合。
 アウェーでの戦績が1敗1分けとやはり振るわないのが気になるが、ホームでの試合ではその不安を払拭させる。この後アウェーが2試合続くだけにここをどう戦うかだろう。ホームで勝ってもアウェーで萎縮して勝てないようでは、昇格争いは厳しい。

 初スタメンのレジナルドは、献身的な動き、技術の高さを見せていた場面もあったが、この状態では普通の助っ人外国人という程度のもの。コンビネーションは今日のプレーでも問題ないが、さらによくなったプレーを見せて欲しい。

 サイドの大岩はいい。ただし、逆にオリンピック期間に不安がのこるか・・・
 

~ 得点ができない … 徳島
 徳島は得点が奪えない。というよりも、形ができていないというのが適切な評価だろうか。
 前線の選手が入れ替わった徳島。ジオゴを核にしての戦いということを意図しているのだろうが、そのジオゴとの連係ができていない。ゴールに向かおうと一歩を踏み出したところで、すぐにストップしまっている。
 ジオゴを頂点にして津田や鈴木がどう関わっていくのか、距離感など修正すべき点は多そうだ。

 今年こその意気込みはあっただろうが、少し蹴躓いてしまった感じだ。しかし、今シーズンは各チームの実力は拮抗している面もあるし、プレーオフもある。一歩一歩チームとしての形を作っていってほしい。

  

ジェフ千葉 3 ー 0 徳島ヴォルティス
16分 深井正樹(千葉)
31分 大岩一貴(千葉)
85分 大岩一貴(千葉)

にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ
にほんブログ村

サッカー ブログランキングへ
スポンサーサイト
2012.03.25 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
順位表
サッカーニュース
プロフィール

弁護士やす

Author:弁護士やす
Jリーグ創設元年からJリーグの試合を追いかけています。弁護士の職業よりもJリーグ観戦歴は長い(笑)
サッカーだけでなく、法律がかかわる問題を簡単にご説明いたします。

Web page translation
FC2ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。