スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


強豪の苦悩 ~ ガンバ大阪対ジュビロ磐田
カテゴリ: J1 / テーマ: Jリーグ / ジャンル: スポーツ
リーグ2連敗、ACLも含めれば4連敗中のガンバ大阪。「大阪人はガマン強くないんだよ」「責任問題発生中」の弾幕がだされた。ホームで今季初勝利といきたいところだ。

対するは1勝1分けとまずまずの滑り出しのジュビロ磐田。ナビスコも勝利している。川口が右アキレス腱を断裂で離脱したため、ゴールキーパーが代わることが不安材料か。


主審は家本政明さん。


~ 攻めきれないガンバ
 磐田のブロックがきっちりとしていると表現してもいいが、それだけではない。
 
 ディフェンスラインと最前線の動きがかいあっていないため、ペースをあげることができない。しかし、ピッチを狭く使っているな、という思いは変わらない。密集しすぎているのと、動きが少ないのが問題なのだが、相変わらずのようだ・・・
 決定機があったが、結局は決めきれず、攻めあぐねている。

 ガンバは攻撃的なチームというが、その攻撃が機能していない。
 過密日程の中での修正はやはり難しいのか。


~ 先制は・・・
 開始早々からガンバのペースで進んでいた試合。磐田は前半20分過ぎまでシュート0本。

 ファーストシュートが先制点になった。
 菅沼からの裏へのパスに反応した山本康裕がキーパーの股間を抜くシュートを決めた。

 ガンバは、完全に集中力が切れていた。中澤はオフサイドを主張して、少し追いかけが甘くなっていた。こういった油断がこれまでも失点につながっていたのだが、今日も変わらない失点となってしまった。
 立ち上がりよかっただけに、この失点でがっかりとくるのか、それとも今日はまだ行けると考えるのか・・・


~ 攻めはすれど・・・
 ガンバは、今までよりは形ができているが、ミスが多いのは相変わらず。
 対する磐田は落ち着いた対応が目立つ。守備面でみたら、ガンバも今までの試合よりはいいように見えるが、それでも組織的な守備といえば磐田の方が1枚も2枚も上手だ。

 ガンバのいい攻撃は、必ずサイドを使った攻撃から生まれている。これを繰り返すことができるか。
 集中と分散。本当に中央に固まりすぎている。これをうまく分散させることも混ぜられるともう少し怖いプレーができると思うが・・・


~ 勝負を分ける判定
 後半23分、裏に抜けたボールに反応した前田をエリア内で藤ヶ谷が倒したという判定でPK。
 前田がPKをもらいにいった動きがあったが、藤ヶ谷の足がひっかかったかも微妙なものだった。少しかかった感じはするが、倒れ方は少し大げさか。

 しかし、今野と中澤のセンターバックは、裏を取られたときにセルフジャッジで初動が遅れすぎている。オフサイドをアピールするばかりに動きだしが遅くなっている。この試合2度目。この2度さえなければ守備は安定してるといえるのだろうが・・・今野は日本代表でもセンターバックのレギュラーだけにこういったプレーは本当に不安を覚えざるを得ない。

 これで2点ビハインドになったガンバ。もう攻めるしかない。


~ 追撃弾
 ガンバは、途中出場の倉田が後半38分にヘディングシュートを決める。
 交代後、豊富な運動量でボールに絡んでいた倉田。動きをとめないところは、昨年セレッソで身にしみてついたものか。
 パウリーリョの浮き球もよかったが、倉田のシュートもポストにあたってゴールに吸い込まれる見事なシュートだった。

 倉田のような運動量をもってプレーができていれば、ガンバのチャンスも増えると思うが・・・

 残り7分、ガンバは同点においつき、逆転することができるのか。
 攻撃の起点となるのはパウリーリョ。そして一人動きが違う倉田がどう絡めるか。 


 しかし、試合はそのまま終了。磐田が守りきった形だ。金澤が足を痛めて交代したが、その後も我慢しきった。


~ 快調な滑り出し … 磐田
 磐田は、これで開幕3戦で2勝1分け。昨年よりも守備が安定している感がある、ブロックを作る早さ、攻撃に対する対応、動きだしの早さなど、昨年を上回っている。

 山崎や金園が怪我のため離脱しているが、けが人が戻ってくると攻撃陣にも厚みが増す。ロドリゴソウトがベンチに控えているなど、中盤の選手層には厚みがある。心配だとするとディフェンスラインだろうか。けが人がでたときにどうなるかが問題だ。 

 前年までは若手が経験を積んでいた年、今年の磐田は上位争いに顔をだしてきそうだ。  


~ トンネルは抜けられず … ガンバ
 これで開幕3連敗。ガンバ至上初の3連敗となる。ACLも含めれば5連敗。トンネルは出られない。
 守備陣が集中力を切らすのは相変わらずであり、残念なことだ。今野が加わり、守備の安定だけではなく攻撃にもプラスになるという前評判だったが、今のところはそうではない。
 セットプレーが少なかったこともあり、セットプレー時の対応はわからなかったが、おそらくはあまり変わらないだろう。

 攻撃では少しよかった面もあった。少しピッチを広く使えていた。
 しかし、やはり運動量が少ない。倉田の動きと比較してしまうと、それは顕著だ。攻撃的なパスサッカーを中心にするにしても、相手のマークをずらすためにも動き続けること、効果的な動きをすることは必須だ。この動きがなければパスコースは開けない。
 前線で足がとまっている選手があまりに多いのではないか。

 少しよくなってきたとはいえ、上に行くためにはまだまだ厳しそうだ。もう少し高い意識をもってほしい。



ガンバ大阪 1 ー 2 ジュビロ磐田
23分 山本康裕(磐田)
60分 前田遼一(磐田)
84分 倉田秋(ガンバ)


にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ
にほんブログ村

サッカー ブログランキングへ
スポンサーサイト
2012.03.25 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
順位表
サッカーニュース
プロフィール

弁護士やす

Author:弁護士やす
Jリーグ創設元年からJリーグの試合を追いかけています。弁護士の職業よりもJリーグ観戦歴は長い(笑)
サッカーだけでなく、法律がかかわる問題を簡単にご説明いたします。

Web page translation
FC2ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。