スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


成長過程? ~浦和レッズ対川崎フロンターレ
カテゴリ: J1 / テーマ: Jリーグ / ジャンル: スポーツ
ともに2勝1敗で迎えたこのゲーム。
成績はまずまずだが、真価はまだまだ。

主審は家本政明さん。


~ 先制は・・・
 落ち着いた立ち上がりを見せた浦和。ボールは多少川崎にキープされているが、対応に落ち着きが見えていた。
 この試合、デスポトビッチが腰痛とのことで先発に入ったポポは気合いが入っていた。

 そのポポが梅崎からのクロスにヘディングで合わせて先制点。
 梅崎に対するマークも甘かったためにいいボールが入ったが、ポポのニアに入ってのヘディングもうまかった。川崎のディフェンスもポポについていたが、シュートがうまかった。

 川崎は予想外に早い時間帯での失点だろう。


~ キープはしているが・・
 川崎は、攻めてはいる。攻めてはいるが、正直ゴール前での怖さがない。
 エリア付近になるとシュートにためらいがでている感じがするため、浦和の守備の網にかかってしまっている。もう少し思い切りがほしいところだ。
 チャンスと思えるのは、フリーキックをレナトが蹴るときくらいか。
 
 小松はいい動きはしているのだけど、フィニッシュが課題なのはセレッソ時代と変わらないようだ。

 
~ 同点弾
 前半の先制以降、試合をうまく運んでいたと思えた浦和。ボールをキープさせつつ、カウンターをねらうという形がうまくはまっていた。

 後半、立ち上がりもその継続かと思えた。
 しかし、川崎の攻撃は、ワイドに展開するようになり、また、プレスやパス回しのスピードが上がっていた。

 センターリングを小松が頭で折り返したところを矢島が頭で押しこんで同点弾。
 浦和も人はいたけど、うまくつけていなかった。小松が折り返したところで勝負あり。矢島もうまくインに入ってきた。

 浦和は、矢島とマルシオリシャルデスを交代して間もない時間帯での失点。
 試合の展開をもう一度取り戻すことができるか・・・

 浦和は鈴木啓太に代えて山田暢久を投入。これは正直意図がわからない。


~ 退場劇
 失点後も、攻撃はカウンターに特化された浦和の攻撃。ただし、前半ほど余裕が感じられない。
 怖い攻撃がない。

 浦和は阿部勇樹が後半26分・29分のイエローで退場、そして槙野が後半16分、35分のイエローで同じく退場。試合は完全に壊れた。

 阿部・槙野ともに1枚目は仕方がないと思うカード。甘い審判ならカードはなかったかもしれない。

 阿部は、その後もカウンターになりそうなところで、後からタックルに行ってしまい、2枚面のイエロー。短期間でのイエロー2枚目となるが、プレーをみると仕方がない。阿部自身も仕方がないと思っているような感じだった。

 1人多くなって川崎の攻撃は勢いを増すが、やはりフィニッシュには怖さがない。ゴールに迫るが、あと一歩が足りない。

 後半35分には槙野が2枚目のイエロー。抜かれそうになったところを左手でブロックしたことでの2枚目の井ローだ。

 2人少なくなった浦和は、守るしかない。川崎の拙攻に助けられたとはいえ、最後まで守れたのは、チームの結束の賜だろう。  
 

~ 次節への不安 …浦和
 後半の退場劇は、攻撃面でペースを握れなかったことと無関係ではない。
 もう少しボールをうまくキープできていたら、退場するようなファールをする事態にはならなかったと思う。相手にボールを持たせることが、前半は自分たちのペースだったが、後半はそうではなかった。
 ペトロビッチ監督は攻撃的なサッカーを標榜するが、この試合は、後半開始くらいからどう守るかのサッカーになっていた。そのために後手後手に回ってしまい、結果としての退場となってしまった。

 次節は阿部と槙野という中心選手2名が出場停止。浦和は最終ラインからの中心となる2選手を欠くこととなる。
 他方で選手層の厚さがあるチームであるから、前半戦でこういった事態を体験できるのはプラスとなるかもしれない。
 次節のスタメンがどうなるかはわからないが、ペトロビッチの性格上、守備的なメンバーを入れることはないだろう。


~ 勝ちきれない …川崎
 2人少なくなった相手に引き分け。そのダメージは大きいだろう。

 ただ、攻めているように見えるが、やはり得点のにおいはあまりしなかった。
 攻撃が単調であるとか、ゴールに近づくにつれて迷いが見えるとか原因はある。

 今年の川崎のゲームは初めて見たが、結局のところ、どういった形で得点をとりたいのだろうか。
 ゴールに向けた意図がいまいちわからなかった。中村憲剛が中心なのはわかるが、彼のパスに頼りすぎではないだろうか。それ以外となるとレナトの個人技となってしまう。
 田坂や田中のあがりがあったわけだが、次にどうつなげるのかという意図がわかならないものだった。
 昨年もどう得点をとるのかの意図がみえなかったが、今シーズンも同じようだ。

 相馬監督が助っ人外国人の強さを頼りにする戦術にするのかを判断するのはまだ時期尚早だが、このままいけば昨年と同じような状況になるのではないかという心配がある。
   

~ 家本政明
 正直、試合を作れていたのかと言われると極めて疑問。

 試合が落ち着きをなくしはじめると同時に落ち着きをなくしたジャッジとなっていた。

 槙野の2枚目が直ちに出すことが正しかったのかは、どうなのか・・・
 ちなみに中村憲剛に出したイエローも少々厳しいジャッジだったと思う。

 試合をコントロールできない家本さんは、今年もそのままなのか・・・経験からくるものを感じられない。
 
 


浦和レッズ 1 ー 1 川崎フロンターレ
10分 ポポ(浦和)
59分 矢島卓郎(川崎)


にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ
にほんブログ村

サッカー ブログランキングへ
スポンサーサイト
2012.04.01 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
順位表
サッカーニュース
プロフィール

弁護士やす

Author:弁護士やす
Jリーグ創設元年からJリーグの試合を追いかけています。弁護士の職業よりもJリーグ観戦歴は長い(笑)
サッカーだけでなく、法律がかかわる問題を簡単にご説明いたします。

Web page translation
FC2ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。