スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


ディフェンスから ~ 浦和レッズ対横浜Fマリノス
カテゴリ: J1 / テーマ: Jリーグ / ジャンル: スポーツ
好調浦和レッズと前節ようやく初勝利をおさめた横浜Fマリノスの一戦。
攻撃的な浦和に対し、カウンターをねらう横浜FMという構図が予想される。

今日は関東地方は大雨。試合開始時こそ雨はやんでいたが、ピッチは相当スリッピーになっていると予想される。


主審は吉田寿光さん。


~ 先制は横浜FM
 セットプレーからの流れ、中澤と競り合った槙野がヘディングでクリアしたボールは、齋藤の前にこぼれた。齋藤は、振り切らずにコントロールしたミドルシュートを放ち、これがきれいにゴールに吸い込まれた。
 齋藤は、滑って転ぶ選手が多い中で落ち着いた対応だった。

 浦和は、セットプレーにおいて高さに対応することに意識がむくばかりにエリア外のところがおろそかになってしまった。


~ 攻める意識は高いが・・
 ペトロビッチになってからの浦和の攻撃への意識は高い。
 しかし、横浜FMは中央を中心にうまく固めて、浦和の攻撃が中央に入ろうとするところで、巧くせき止めている。ここの点は横浜FMがうまく対応している。
 横浜FMはよく走っている。

 浦和はもうショートパスだけではなく、裏をねらう動き長いボールやミドルシュートなどを有効的に使う必要がある。
 それから一歩目をもう少し早く出す必要がある。プレーの判断もディフェンスの圧力も少し鈍い。
 

~ せめぎ合い
 攻撃に出たい浦和だが、中盤が完全に死んでいる。前線に人はいるが、動きも少なく、パスコースは完全に横浜FMがつぶしている。
 逆に横浜FMは、奪ったボールを浦和の弱点ともいえるサイドを狙い効果的な攻撃により、浦和ゴールに襲いかかる。

 浦和は何か変化を加えなければ、このままずるずると行く可能性が高い。原口・小島と入れたが、原口はドリブルをして良さがでる選手だが、ボールにいい形で絡むシーンは少ない。中盤の空間を埋めるべく送り込まれた小島もなかなかボールに絡めない。

 逆に横浜FMはこの状態をどうやって継続できるかだろう。
 浦和がファールで攻撃を止めることが多いだけに、セットプレーをどう活かして追加点を取るか。


~ 我慢しきれず・・・
 徐々に浦和の攻撃の圧力が強くなっているのか、横浜FMが疲れ始めているのか。横浜FMのディフェンスの対応が少しずつ遅れ始め、ファールで止めるシーンが多くなってきた。中盤にスペースが空き始めているため、浦和のパスもつながり始めてきた。

 マルキーニョスを投入して個上gきの活性化を図ろうとしたが、齋藤が足をつってしまった。齋藤の運動量豊富なプレーは攻守にわたる要なだけに痛い展開だ。 

 後半33分、エリア左手前でボールを受けた槙野が中央に入っていくとみせかけて、前への突破。これでディフェンスを振り切り、右足でコントロールをつけたシュートをゴール右隅に突き刺した。突き刺したというよりも置きにいった感じだ。槙野の個人技で奪ったゴールだ。
 横浜FMのディフェンスは少し集中力を欠いた。


~ 復活のエース
 同点においついた浦和はホームの声援を背に勝ち越し点をねらって攻勢を強める。
 対する横浜FMは、ロングボールを中心とした攻撃だが、

 後半43分、中村俊輔のコーナーキックにファーで合わせたのは、横浜FMに9季ぶりに復帰したマルキーニョス。ドンピシャのヘディングをたたきつけ、ゴールネットをゆらした。腰痛に苦しんでいたマルキーニョスはうれしい復活弾。J通算110得点目が入った。
 阿部が近くにいたが、完全にフリーにしていた。決定力の高いマルキーニョスをフリーにしてはいけない。


~ 課題のみえた試合 …浦和
 中盤から最終ラインをがっちりと固められたときにどう崩すかという問題に直面した試合だった。細かいパスをつなぐ中で縦にボールをいれるが、がっちり固められるとボールのだしどころがない。運動量がある選手がいるかいないかで、前後の動きの多さが変わるため、前線に選手が固まった状態が継続するとなおさらどうしようもない。
 ディフェンス面では、サイド・裏をねらわれたときの対応が問題だ。もともと、裏をつかれることが多いことは了承済みだろうが、この試合はピンチが多すぎた。セットプレーでの失点が2つであり、セットプレーの対応を考えなければいけないのもそのとおりだろうが、セットプレーを与えないディフェンスを最初に考えなければいけない。苦しいディフェンスをしなければならなくなるから、ファールが増える。改善されるかは極めて希望がもてないところだが・・・


~ 2連勝 … 横浜FM
 セットプレーからの2得点。チームの武器を存分に発揮した形だが、試合全体を通して安定をしていたと思う。後半20分くらいまでのディフェンスの対応は見事で、浦和にほとんどチャンスを作らせていなかった。
 
 うれしい材料はマルキーニョスの復帰だろう。決定力あるエースストライカーが帰ってきた。年齢的な問題はあるだろうが、相手にとって怖い存在であることは疑いようもない。
 大黒、小野といったフォワードとどう絡んでいくのかがまだイメージできないが、今日の守備を継続できれば、攻撃へのいい影響がでるだろう。
       

浦和レッズ 1 ー 1 横浜Fマリノス
12分 齋藤学(横浜FM)
78分 槙野智章(浦和)
88分 マルキーニョス(横浜FM)
スポンサーサイト
2012.05.03 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
順位表
サッカーニュース
プロフィール

弁護士やす

Author:弁護士やす
Jリーグ創設元年からJリーグの試合を追いかけています。弁護士の職業よりもJリーグ観戦歴は長い(笑)
サッカーだけでなく、法律がかかわる問題を簡単にご説明いたします。

Web page translation
FC2ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。