スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


黒崎久志監督辞任 ~ アルビレックス新潟
カテゴリ: J1 / テーマ: Jリーグ / ジャンル: スポーツ
アルビレックス新潟は、黒崎久志監督と西ヶ谷隆之ヘッドコーチが辞任することを発表した。

正直タイミングとしては遅い。今シーズン始動の時点で監督が代わっていてよかったと思う。
ここ数年の新潟の戦いを見ていて、率直な感想は、中盤が前線とも最終ラインともうまくかみあっていなかったということ。攻撃でいえばブルーノロペスを中心とした一部の外国人助っ人が孤立し、ここにうまく田中亜土夢や本間などの日本人選手が絡むことができていなかった。そのため、攻撃は個人技頼みの単発で終わり、厚みのある攻撃はできなかった。中盤からの押し上げが少ない攻撃は迫力がなく、得点はリーグ最小の7点。チームとしての攻めができていない以上は相手としても対処しやすい。
守備も組織だった守備はできていなかった。少し失礼な話となってしまうが、正直個々の能力としてはずば抜けているわけではなく、チームとしてどう守るかが課題となる。しかし、ラインが整わず、ディフェンス同士でも意識が統一できていたかは疑わしい。サイドがあがったときのフォローなどもできておらず、結局は中盤とディフェンスラインとの連係がどうだったのだろうという疑問を感じざるを得なかった。

ここまでは昨シーズンも感じていた内容。今シーズンはチョヨンチョルがいなくなり、キープできる選手がいなくなった一方で攻撃的な選手を補強したものの、それを活かすようなチーム作りはできず、個々が勝手にプレーをしている印象が強かった。
昨シーズンも攻撃的な選手を補強したが、結局は今年と同じ課題を抱えたまま終了。チームとしての連係を考えれば、監督を入れ替える結論もあったと思う。しかし、それにもかかわらず黒崎監督を続投させ、結果は昨シーズンよりもバランスが崩れた試合を進めてのこの結果。
いい方向に向かう材料もみえなかった。システムなり選手の起用の仕方を大きく変える以外には対策はなかっただろうと思う。
そもそも重要なボランチのポジションやディフェンスラインのポジションの補強を怠ったと思う。攻撃的という言葉に惹かれての話だとは思うが、立て直しは難しいかな、と。
4-4-2ないし4-2-3-1でまずは守備の立て直しが最初の課題。これができるか。

ホームの力を借りて絶大な力を発揮する新潟。サポーターの炎を消さないためにもここからの巻き返しに期待したい。新潟の浮上のきっかけは日本人選手が握っているといって過言ではない。




ちなみに余談。
今回の黒崎監督は「辞任」です。辞任と解任と言葉としては簡単ですが大きな違いがあります。
辞任は自らの意思でとる行動、解任はチームの都合によるものです。違約条項が定められている場合、どんなに成績が悪くても解任であればチームの都合で契約を打ち切る以上は違約金が発生します。これに対して辞任であれば違約金の問題は発生しません。
報道はあまりここまでは気にしてはいません。そのため、どちらだろうと悩むときが多々あります。
今回の黒崎監督の契約終了が辞任であるとすれば、本当に成績不振を責任に感じて身を引いたのだと思います。人柄という問題があれば、ここにも出ていると思います。
黒崎さんには、新潟での経験を生かして次ぎにつなげて欲しいです。
スポンサーサイト
2012.05.21 / コメント:: 0 / トラックバック:: 1 / PageTop↑


コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
順位表
サッカーニュース
プロフィール

弁護士やす

Author:弁護士やす
Jリーグ創設元年からJリーグの試合を追いかけています。弁護士の職業よりもJリーグ観戦歴は長い(笑)
サッカーだけでなく、法律がかかわる問題を簡単にご説明いたします。

Web page translation
FC2ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。