スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


パスワーク ~水戸ホーリーホック対京都サンガ
カテゴリ: J2 / テーマ: Jリーグ / ジャンル: スポーツ
ともに昇格候補の一戦。水戸は勝ち点28で11位、対する京都は勝ち点36で7位。上位と離されないためにも負けられない一戦となる。
ただし、水戸は3連敗中、対する京都は2連敗中で2引き分けを加えると4戦勝ちなし。。連敗脱出がキーワードとなる。


主審は岡部拓人さん。


~ 立ち上がり
 積極的なのは京都。
 パスワークで水戸のディフェンスラインを崩そうとする。大木監督2年目でパスワークについては成熟度が上がってきている。課題は決定力か。

 京都が決定機をはずした後、セットプレーから水戸が先制点を決める。橋本のフリーキックを塩谷がボレーであわせるが、これはディフェンスにあたる。こぼれたボールをキムヨンギが豪快にけり込み、水戸が先制をした。
 こぼれ球に素早く反応したキムヨンギ。京都にしたら、ボールのこぼれ方がついていなかったか。


~ 先制後
  その後も攻勢を見せる水戸。後半15分にはロメロフランクの粘りから橋本がシュートを放つが、追加点にはつながらない。
 この試合、水戸は、ゴールに向かう意識がいつもの試合よりも強い気がする。

 京都は、得点をするためにもフィニッシュにいかなければいけないが、なかなかそこまでたどり着かない。選手の距離が近すぎる感じがする。もう少しワイドにプレーするといいと思うが・・・それを考慮しても水戸のディフェンスがうまくカバーをしている。

 前半37分、ショートコーナーからペナルティエリアに侵入した鈴木隆行を秋本が後ろから倒してしまい、PK。完全に抜かれた後のファールだけにカードがでるかと思われたプレーだが、おとがめなし。
 このPKは鈴木隆行が落ち着いてきめた。
 その後、ゆりかごダンス。市川に出産があった祝い。


~ 追撃
 2点差は危険な点差だという。
 水戸の得点からわずか1分後。エリア深いところから工藤が折り返し、それを合わせた久保のヘディングシュートは、ファー側に流し、ポストにあたってそのままゴールに吸い込まれた。

 京都にとっては追撃の一撃。
 水戸は2点差になったことで少し気持ちにゆるみがでたか。人はいたが競れていなかった。


~ 後半
 1点差で迎えた後半、次の1点はどちらに入るかがポイントとなる。

 ペナルティエリアに侵入した橋本をバヤリッツァが後ろから倒したとしてPK。足はボールにいっていたように見えたが、橋本の体が前にあったことが影響したか。バヤリッツァは苦笑い。
 これを橋本が決めて再び2点差。

 2点差となった後、水戸はなかなか攻撃の形が作れず、防戦の形となる。   
 しかし、京都もエリア前まではパスがつながるが、フィニッシュに至れない。フィニッシュにいけばいいというところでもパスをつないでしまう。シュートを打たなければ得点は入らない。
 
 結局水戸が守りきった。

~ 快勝 …水戸
 水戸は3得点で快勝。

 これまでは横パスが多く、サイドに偏った攻撃が多かったが、この試合は、縦、ゴールへ向かうイメージができる展開が多かったと思う。
 あとは、どこかでためを作れるかどうか。試合を落ち着けられるプレーができるかがさらなる成長のために必要となることだと思う。
 水戸はわりと守備は安定しているチーム。それだけに得点をどうとるかが重要となる。意識の問題となるが、縦への意識、パスが出された後の動きは大切となるだろう。


~ 連敗 …京都
 京都は3連敗。
 攻撃陣にタレントはいるが、守備の安定に不安が残るという個人的評価が的を得ている。攻撃陣もまだまだ荒削りだが、それはおいておくとしても、守備が我慢できない。
 今シーズン、バヤリッツァを獲得することで守備を安定させようとしたのだろうが、バヤリッツァは攻撃的なイメージの方が強い選手。そういったチームを作ろうという意図は感じられるが、守備が安定しなければ、昇格への大きな課題となりかねない。
 攻撃は、勢いがあるときはいいが、そうでないときは、守備が安定しなければ勝ち点はとれない。京都の攻撃はパスワークはいいが、フィニッシュに問題がある。パスがいいチームにかぎって起こりうる話だ。
 
 京都は再び大きな壁にぶつかっている。
 

水戸ホーリーホック 3 ー 1 京都サンガ
13分 キムヨンギ(水戸)
38分 鈴木隆行(PK 水戸)
40分 久保裕也(京都)
47分 橋本晃司(PK 水戸)

スポンサーサイト
2012.06.24 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
順位表
サッカーニュース
プロフィール

弁護士やす

Author:弁護士やす
Jリーグ創設元年からJリーグの試合を追いかけています。弁護士の職業よりもJリーグ観戦歴は長い(笑)
サッカーだけでなく、法律がかかわる問題を簡単にご説明いたします。

Web page translation
FC2ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。