スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


意識の問題~なでしこジャパン対スウェーデン代表
カテゴリ: なでしこ / テーマ: サッカー / ジャンル: スポーツ
初戦をどうにか勝利で飾ったなでしこジャパン。2戦目は、強敵スウェーデン。
カナダ戦は、試合はみていないが、講評を見ている限りは、あまりよくなかったのだなという予断をもっている。


~ 先発
 GK 福元美穂
 DF 近賀ゆかり 岩清水梓 熊谷紗希 鮫島彩
 MF 阪口夢穂 澤穂希 宮間あや 川澄奈穂美
 FW 大儀見優季 大野忍


~ 前半
 久方ぶりになでしこの試合をみたのだが、全く別のチームになっているというのが、素直な印象。
 サッカーをすることに喜びを感じているようなひたむきさはない。運動量は少ない。多少のリスクをおかしても短いパスをつないでいこうとする姿勢も感じられない。

 見えるのは、運動量の少なさ、そして一発をねらおうとする縦パス。一歩目の遅さ。感じるのは、落ちた点ばかり。メダルを期待され、注目度もあがるとやはり選手のモチベーションは変わってしまうのだろうか。

 せっかくのチャンスとなってもあがりが遅いから、どうしても孤立してバックパスを出さざるを得なくなる。
 
 短いパスをつなごうとしてもミスが目立つため、相手ボールになってしまう。ボールポジェッションこそ高い比率かもしれないが、それほど優勢とは思えない。

 戦い方として、最低引き分けを狙い、あわよくば勝ちをねらっているスウェーデン。これをうまくかわしてこの試合戦い切れるだろうか。 

 これも個人の印象とおもって欲しいが、なでしこの試合は、実況も解説も前向きにプレーをとらえる、と思う。どう考えてもミスのプレーでもミスとはとらえない。こういった前向きな気持ちが日本サッカー自体に必要なのかもしれない。


~ 後半
 シュートシーンは増えたが、決して決定機とはいえない。身長の高いチームに対し、裏をねらうことは悪いこととはいえない。ただ工夫がなさすぎる。

 後半10分、澤にかえて田中を投入。正直澤は、パスミスがめだって、ブレーキになっていた。前半は決定的なピンチを招いた。運動量が持ち味になってきているが、そこも落ちている状態だったので、しかるべき交代だったと思う。

 後半20分過ぎから大儀見がフリーでシュートを打つが、キーパーに防がれる。その後、サイドの崩しから大野がシュートを放つが勢いなくキーパーにセーブされる。

 後半25分からスウェーデンの攻撃。ディフェンスは個の力では劣る。どう1対1になるのを防ぐかだ。底をおろそかにしたり、対応がおくれると、この時間帯のようなピンチを迎えることとなる。攻めてているとはいえ、点を取られたら、ディフェンスとしては負け。常に集中力を保たなければいけない。
 後半27分のプレー、オフサイドをアピールしたが、ディフェンスが1枚低かったためにオフサイドにならず。少し連係がなっていない。

 しかし、フィールドをワイドに使おうというところすっかりなくなったな。サイドにフォーローが欲しいところでも人はいない。中央ばかりを意識している。
 これでメダルは・・・

 後半35分、大野にかわって、岩渕。裏をよりねらおうというところだろう。高さと強さでの争いは大儀見がいるから、あえて岩渕の選択だろう。

 その後、スウェーデンの攻撃を受けて守勢に回る。正直出足が悪い。ディフェンスの詰めも悪いから、セカンドを拾われ、ピンチが続く。

 実況は盛り上がるが、それほどのプレーは見られない。

 試合はそのまま終了。勝てなかったという評価が多いかもしれないが、個人的には負けなくてよかった、という評価だ。 

~ 雑感
 日本が研究されていることを含めてもワールドカップのときの方が試合を見ていて気持ちよかったし、強かったと思う。
 なにか一発をねらう、勝つのがふつう、といった雰囲気を感じなくもないが、日本はそれほど強くない。それはオリンピック前にアメリカ、フランスに負けて十分にわかりうることだったはず。
 
 日本の武器は運動量とひたむきさ。ここが二つとも欠けていたのでは、強豪相手には勝ちはない。

 終盤は、とくにプレスがかかっていなかった。よく失点しなかったというのが正直な印象。
 
 負けていいというわけではないが、必死のプレーを見せて欲しい。仮にこの試合も必死だといわれても、明らかにワールドカップと異なる。
 もう一度初心に戻って欲しい。この試合からは何の感動も得られない。


なでしこジャパン 0 ー 0 スウェーデン代表


  
スポンサーサイト
2012.07.28 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
順位表
サッカーニュース
プロフィール

弁護士やす

Author:弁護士やす
Jリーグ創設元年からJリーグの試合を追いかけています。弁護士の職業よりもJリーグ観戦歴は長い(笑)
サッカーだけでなく、法律がかかわる問題を簡単にご説明いたします。

Web page translation
FC2ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。