スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


集大成 ~ ロンドンオリンピック なでしこジャパン対アメリカ代表
カテゴリ: なでしこ / テーマ: サッカー / ジャンル: スポーツ
ロンドンオリンピック女子サッカー決勝。
組み合わせはワールドカップと同様、日本対アメリカ。

ロンドンオリンピック終了後は、佐々木監督の進退のみならず、澤穂希の動向も気にされている。
なでしこジャパンにとっては、まさに集大成の一戦となる。

~ スタメン
 GK 福元美穂
 DF 近賀ゆかり 岩清水梓 熊谷紗希 鮫島彩
 MF 阪口夢穂 澤穂希 宮間あや 川澄奈穂美
 FW 大儀見優季 大野忍


~ 先制パンチ
 長いボールを入れて前線の高さとスピードを効果的に使おうとするアメリカ。身体能力では、やはりアメリカが上回る。
 熊谷の中途半端なプレーからモーガンにボールを奪われ、前半開始早々にモーガンにシュートを打たれてた。
 1対1では分が悪いだけに、中途半端なプレーは避けなければ行けない。

 前半8分、エリア内でボールをうけたモーガンのトラップが少し大きくなり、ここでディフェンスラインに油断が生じた。岩清水のプレスがかからず、モーガンは折り返し。そのボールに後ろから詰めてきたロイドがヘディングを決めて先制点が決まった。
 ディフェンスは3枚いたが、ボールにばかり意識がいってしまい、ロイドばかりかワンバックのマークもあまかった。


~ 苦戦必死
 運動量が少ないなでしこ。ボールを持った選手に対すフォローはなく、スピードアップを図れない上にボールを失うか、苦し紛れのロングボールが入る。
 両サイドのあがりが悪いのは、守備をきにしてのことだろうか。

 ディフェンスラインも簡単に下がってしまう。ディフェンスでプレッシャーはかからない。ドリブルで仕掛けられ、ディフェンスの裏・間をねらわれてはピンチを招いている。アメリカが自由に攻撃をしている格好だ。

 前半17分から立て続けにチャンスを迎える。
 澤のパスにぬけた川澄のシュートは、相手ディフェンスにクリアされ、その後の大儀見の詰めもディフェンスに阻まれた。その後、川澄のセンターリングに大儀見がシ頭であわせるが、ソロがはじき、これがバーにあたってはじき返された。

 お互いにそうだが、前にスペースができ、ドリブルや縦へのパスがでるとディフェンスはずるずるとさがっていく。
 なでしこのチャンスも縦へのスピードある攻撃ができたときだった。

 前半26分、宮間のフリーキックは、リプレイでみてもヒースの手に当たって防がれているが、ハンドの判定はなし。エリア内だたただけにPKとも思えたシーン。時間があるだけに、切り替えなければいけない。

 前半28分、センターリングをクリアにいった岩清水のヘッドがあわやのオウンゴール。ポストに助けられた。

 しかし、アメリカがボールを持ったとき、ラインを上げてディフェンスをすることができない。低い位置でプレーをしてもゴール前でのピンチがふえるだけだし、セカンドも拾えない。
 
 前半33分、宮間のシュートはバーにはじかれた。
 このシーンもそうだが、川澄が仕掛けたときにチャンスになっている。

 前半38分、大野のシュートはわずかに枠を外れた。


~ 次の得点
 後半になり、ラインが少し高く維持できるようになってきた。
 スペースを与えるとスピードにのってくるだけに、きっちりとした守備は欠かせない。
 攻撃にもリズムが出てきた。

 しかし、次の1点はアメリカに入った。
 中盤でボールを受けたロイドがドリブル。宮間は、サイドに流れたモーガンに対する指示をした分、初動が遅れてマークを振り切られた。その後、下がっていたラインは、ロイドにプレッシャーをかけられないままに豪快にミドルシュートを決められてしまった。

 ようやく流れがきていたところで、個人技でやられてしまった。
 しかも心配をしていたラインの問題から。痛い。


~ 追撃
 攻めるしかなくなったなでしこ。とにかく早い時間帯で1点を取ることが大切だ。

 後半14分、阪口に代わって田中。阪口は少しミスが多かったこととディフェンスの強化だろう。中盤とディフェンスラインの間があきすぎている。
 そして、これと同時に澤が少し前に出て行く動きが増えた。

 後半18分、宮間の縦へのパスが大野へ。大野が折り返した先は、フリーの澤。澤のシュートはディフェンスにはじかれたが、これにさらに詰めようとした澤が競ったボールは大儀見の前へ。大儀見がこれを落ち着いて決めて1点差となった。 
 大野が後ろからあがった時点で、アメリカのディフェンスはついていけず、あわてて対応に行った分、澤がフリーになった。こういった動きが続けられれば、チャンスは増えるはずだ。何よりアメリカは2日前に延長まで戦っているから、必ず運動量が落ち対応が遅れるようになるはずだ。

 後半23分、セットプレーからのピンチは福元がコースを消して防いだ。
 疲れがでてきても、セットプレーは要注意だ。

 後半28分、セットプレーからのこぼれ球を岩清水がシュートするが、ディフェンスに阻まれ、つめた熊谷のプレーはファール。

 なでしこは、後半22分、鮫島に代えて岩渕を投入。鮫島は攻撃ではアクセントになっていなかっただけに、残り時間からしても攻撃的にでようという意思の現れだろう。

 しかし、宮間のセットプレーはチャンスになる。

 後半37分、岩渕のプレスから得たビッグチャンスは、ソロがはじいた。岩渕のシュートは確かにコースが甘かったが、少し深めに入りすぎたこととアメリカのディフェンスが戻ってきただけにコースが限られてしまっていた。仕方ない。

 最後はアメリカの金メダルへの意地が勝った。最後までアメリカの足は止まらなかった。


~ 旅のおわりに
 なでしこの戦いは終わった。
 最後に勝てなかったのはやはり残念だっただろう。悔いが残らないかといえば、ディフェンスの仕方に後悔は残るはずだ。
 ただ、身体能力が上の世界に対し、臆せず戦った姿は、素晴らしいの一言だ。個人的には、メダルは厳しいのではないかと思っていたが、見事に個人の予想をいい意味で破ってくれた。

 今大会を境になでしこの構成は大きく変わるだろう。若い世代があがってこなければいけない。労をおしまずに走る運動量、体を投げ出して守備にいける勇気は引き継いでいかなければいけない。

 ブラジル戦、フランス戦の勝利で揶揄されたとおりで常勝軍団となるためには、まだまだ課題が多い。
 次の目標に向けてがんばってほしい。

 そして、とりあえずはお疲れ様といいたい。 
   
      
なでしこジャパン 1 ー 2 アメリカ代表
8分 ロイド
54分 ロイド
63分 大儀見優季
スポンサーサイト
2012.08.10 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
順位表
サッカーニュース
プロフィール

弁護士やす

Author:弁護士やす
Jリーグ創設元年からJリーグの試合を追いかけています。弁護士の職業よりもJリーグ観戦歴は長い(笑)
サッカーだけでなく、法律がかかわる問題を簡単にご説明いたします。

Web page translation
FC2ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。