スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


元日を目指した戦い ~松本山雅 対 京都サンガ
カテゴリ: 天皇杯 / テーマ: Jリーグ / ジャンル: スポーツ
元日をかけた天皇杯2回戦。
Jリーグ勢が2回戦から登場する。その中の一戦。J2クラブ同士の一戦となる松本山雅対京都サンガの一戦。
この試合、京都はほぼベストメンバー。松本山雅は、リーグ戦からメンバーを5人代えたとはいえ、ガチンコの勝負となることは間違いない。

~ 試合は序盤で動く
 前半4分、縦への尾明日を駒井が落とし、そこに走り込んできた工藤がダイレクトでシュートを決めた。
 松本山雅の3バックのディフェンス間にあいた穴を突いた工藤の動きだが、駒井がボールをうけるときに、そのディフェンスに意識が傾いた隙をねらわれた。
 
 松本山雅はディフェンスに集中するのはいいが、バランスが悪い。下がりすぎなのもあるが、人がいるだけ、という感じがする。プレッシャーがほとんどかかっていない。下がりすぎているから、ボールをとっても前につなげない。苦しい展開の一言だ。

 しかし、立ち上がりの京都の動きがいい。プレスにきちんと行けているし、選手間の距離もいい。シンプルにボールをつないでいく、チームの戦術がよくできている。

 前半13分、京都は、中村がボールをキープし、タイミングよく左サイドをあがってきた黄大城へ。黄大城の低いクロスにニアで駒井があわせて2点目。
 ここまで松本山雅のディフェンスは為す術もなく、やられている感じだ。3バックの布陣でできているスペースを京都にいいようにねらわれている。


~ 反撃は?
 いきなり2点のビハインドを追った松本山雅。反撃をしたいところだが、京都のボール回しについていけず、スペースをつくってしまう。松本山雅の右サイドが特に破られている。中盤の選手がもっとカバーにはいらなければいけない。松本山雅は、全員守備・全員攻撃を標榜しているはずだ。
 天皇杯で格上を破ってきた松本山雅は、全員がとにかく走るイメージがある。しかし、この試合は、そのイメージがなかなかない。プレスはかからない。ずるずるとさがって、相手選手との間を無用にあけてしまい、自由にパス回しをさせている。
 駆けつけているサポーターのためにもこの内容の試合はよくない。もっと必死さを感じるサッカーを見せて欲しい。

 前半30分過ぎからようやく松本山雅の攻撃が厚くなってきた。
 やはり受けてはいけない。京都のディフェンスラインはそこまで強いわけではない。中盤をどうにか抜けて押し込もうとすることで突破口は開けるはずだ。


~ 追撃
 後半もどちらかといえば京都のペース。
 ただし、松本山雅のカウンターも効いていた。チェスビンの縦へのスピードに京都ディフェンスは手を焼いている。

 後半19分、チアゴシウバがトラップでバヤリッツアをかわし、ドリブルであがり、楠瀬へパス。楠瀬は内に切り返し、ディフェンスをはずしてミドルシュート。これがようやくネットをゆらした。前半2本のミドルシュートが京都GKの水谷の正面を突いたが、このシュートはコースをついた。

 松本平広域公園総合競技場は、今日一番の盛り上がりをみせた。そして、サポーターの声量もいっきにかわった。
 チェスビンにかわり、アリソンリカルドを投入して同点をねらう松本山雅。チェスビンのスピードはかなり効いていただけに、交代がどういう結果をもたらすのかは不明だ。 
 しかし、先月加入したばかりのチアゴシウバ・アリソンリカルドを起用することは、この試合の結果にかかわらず意義がある。


~ 次の1点
 勝負をわけるであろう次の1点。
 得点の勢い、サポーターの声援にのって攻撃にでる松本山雅。しかし、なかなかシュートは枠をとらえない。
 審判の判定に対する不満も多くなってきた。確かに足がかかったところでもファールはとられない。松本山雅にとっては、フラストレーションがたまるジャッジだろう。しかし、天皇杯は、通常のリーグ戦よりもさらに審判のレベルは低い。しかし、これは天皇杯というカップ戦の性質上、やむを得ない面がある。

 後半38分、次の1点は京都に入った。中村のキープから浮かせたセンターリングは、ディフェンスの足にあたり、コースがかわる。そこに中村が詰めて京都が貴重な追加点を奪った。

   
~ 試合を終えて
 審判が違えば結果にも影響したかもしれないという「たられば」の話はおいておくとして、松本山雅は、勢いがきていた中で2点目がとれなかったことが大きい。何よりも出だし13分がすべてだっただろうか。
 反町監督は、京都サンガとは10戦やって1戦勝つのが精一杯で、その1勝をリーグ戦で達成してしまっていた。そういう面では、松本山雅にはメンタル的な問題もあっただろうか。出だしは本当にそういう印象を抱くような展開だった。
 個々の力、チーム力、いずれをとっても京都が上という評価は間違いないだろう。しかし、ときにして勢いは別の結果をもたらす。試合後とに顔が違えば、決まった結果にはならない。返す返すも松本山雅は、前半30分以降はいい試合をしていただけに残念だ。

 さて、勝利をおさめた京都。
 中盤でのプレスはいいものがあるが、ここを抜かれた後の最終ラインの不安はまだまだ改善されない。
 サイドがあがっているだけにセンターバック2名だけが残り、その2名が1対1のシーンを作られるということが多い。
 今年の1月1日、FC東京に力負けをしたのは、ディフェンスの力が劣っていたためだ。このまま勝ち残るためにも、そしてJ1昇格という目的を達成するためにもディフェンスのやり方というものをもう一度見直す必要があるのではないだろうか。中盤でボールを奪い、攻撃的なサッカーをするというのは、極めて魅力的であるが、最終ラインにかかる負担があまりに大きい。   
 


松本山雅 1 ー 3 京都サンガ
4分 工藤浩平(京都)
13分 駒井善成(京都)
64分 楠瀬章仁(松本)
83分 中山博貴(京都)
スポンサーサイト
2012.09.08 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
順位表
サッカーニュース
プロフィール

弁護士やす

Author:弁護士やす
Jリーグ創設元年からJリーグの試合を追いかけています。弁護士の職業よりもJリーグ観戦歴は長い(笑)
サッカーだけでなく、法律がかかわる問題を簡単にご説明いたします。

Web page translation
FC2ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。