スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


首位攻防 ~サンフレッチェ広島対ベガルタ仙台
カテゴリ: J1 / テーマ: Jリーグ / ジャンル: スポーツ
勝ち点44で2位のサンフレッチェ広島と勝ち点45で首位のベガルタ仙台との一戦。
広島は、天皇杯こそ敗退してしまったが、リーグに集中してこの首位攻防直接対決で勝利をおさめて再び首位に返り咲きたい。
対する仙台。今シーズンは、一貫して首位争いに絡んでいる。目下のライバルである広島を破り、差をつけておきたいところだ。
両チームともよく走るチーム。どちらが走り勝つか。

主審は扇谷健司さん。


~ たちあがり
 五分五分の展開。中盤でのつぶし合いが続く。 
 
 広島が佐藤寿人が抜ける決定機につながりそうなシーンがあったが、これは佐藤寿人がマイナスに出したボールが合わずに終わった。このシーン、仙台はマークしなければいけないはずの佐藤寿人のマークを完全におろそかにしていた。佐藤寿人はシュートにいってもよかったが、角度がなくコースがなかったために大切にいったということだろう。

 それ以外に特に両チームともにチャンスといえるチャンスはなかった。両チームがお互いの持ち味を出して戦った。前半の評価としては五分五分だ。

 後半、どういった変化がでるだろうか。 

 前半終了後、リザーブの桜井にイエローが出たが、主審に異議を述べたためのようだ。

~ 大切なのは思いっきり
 後半3分、フリーでボールを受けた森崎和幸は、思い切ってシュート。シュートが枠をとらえていたかは疑問の残るところだが、これがコースにカットに入った上本大海の足に当たり、コースが変わった。ボールは、キーパーの逆をつき、そのままゴールに吸い込まれた。

 広島は待望の先制点を得た。
 森崎のシュートは上本に当たらなければ入らなかったと思うが、森崎がシュートを打たなければ上本にあたらなかった。森崎の思いっきりの良さがもたらしたゴールだ。

 広島は、これで試合のペースを握れるか。それとも仙台が逆襲をするか。


~ 勝負は振り出しへ
 先制点を許した後、少しおされる時間帯があったが、徐々に仙台も押し返し始める。
 
 最終ラインからの縦のボールに太田が抜けるとマイナスのパス。これを赤嶺がヘディングで押し込み、仙台が同点とした。
 太田に裏に出た時点で少しボールが長かったかと思ったが、見事な柔らかい折り返しだった。そして、赤嶺もディフェンスの前に出ていいポジションを取る動きを見せた。
 広島はディフェンスの間にいた太田に対する対応が明らかに遅れた。

 試合は振り出しに戻った。このまま引き分けで終わりになるのか。それとも勝ち越し点が生まれるのか。


~ 試合はさらに動いた
 後半33分、広島の左サイドから、清水が大きく逆サイドにふったボール。サイドを広く使った分、仙台の守備の対応が遅れた。ボールに追いついた石川が折り返したボール、林が懸命に佐藤寿人と争い手を触れるが、これが高萩の前に落ちた。高萩は、ボールをたたきつけるシュートを放ち、これがゴールに突き刺さった。
 
 再び広島がリードを奪った。
 仙台はせっかく追いついたのにもかかわらず、痛恨の失点。ウィルソンに代えて関口を投入し、勝ち越しをねらってすぐの失点。勢いがそがれた。

 その後、仙台は柳沢を投入し、同点をねらったが、西川の好セーブに阻まれて、同点にはできなかった。

 広島が首位に返り咲いた。


~ 首位攻防を制す …広島
 1度追いつかれながらも見事に勝ち越しに成功した。

 敢えて言うならば守備でサイドへの対応、エリア外での対応に難があるか。昨年に比較すれば格段にいいことは言うまでもない。選手全員がよく走っている。しかし、サイドへの対応が遅い。失点のシーンは、太田への寄せが遅くしかも甘かったために、フリーでいいクロスをあげられてしまった。
 広島の今年の快進撃の理由は守備の安定にあるわけだが、これをより確実にするためには、サイドのスペースにボールをだされたときの対応、そしてエリア前のゾーンでフリーな選手をつくらないことが大切になってくるだろう。

 今年の広島は、みんなが走って守備を行っていることが功を奏している。これはすなわち運動量が落ちれば守備が甘くなり、失点につながることを意味する。
 リーグ戦を制するためには、最低限この試合並みに走らなければいけないだろう。 

~ 負けはしたが …仙台
 チームの戦いは十分にできていたといっていいだろう。

 ただし、1試合をとおして集中力が切れるシーンが何度かある。この試合の失点シーンは、そのものだろう。森崎の位置をみて特段プレスの必要はないと思ったのかもしれないが、人数がいる中でラインを下げてしまい、スペースを与えてしまっては、攻める隙を与えてしまう。2失点目は、サイドを大きくふられたとはいえ、完全に相手をフリーにしてしまい、対応が遅れた。前半に佐藤寿人にフリーで抜けられたシーンも明らかにフリーでいる佐藤寿人に対し、何らの対応ができなかった。
 守備がいい仙台であるが、こういった隙をつかれると、決定力がある相手と戦うと失点は避けられない。守備の安定という面では昨年の方が上だっただろうか。この試合も逆サイドにフリーの選手がいるシーンが何度かあった。

 個人的な意見となるが、選手交代は少し残念だった。柳沢が1本ミドルを放った以外は、特段交代で入った選手が機能したという場面はなかっただろう。
 ウィルソン・赤嶺は、相手にとって脅威になっていたはずだが、これを代えてしまっては・・・疲れがあったとはいえ、高さと強さをもった選手を二人とも消して仕掛ける選手のみにしてしまったのは、攻撃を単調にしてしまったのではないか。結果論となるが、個人的には残念だった。
 
 この一戦で負けたことで2位に後退。浦和が勝ったため、3位までが混戦となった。
 仙台にはぶれずに戦いきってほしい。

  
サンフレッチェ広島 2 ー 1 ベガルタ仙台
48分 森崎和幸(広島)
70分 赤嶺真吾(仙台)
78分 高萩洋次郎(広島)
スポンサーサイト
2012.09.15 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
順位表
サッカーニュース
プロフィール

弁護士やす

Author:弁護士やす
Jリーグ創設元年からJリーグの試合を追いかけています。弁護士の職業よりもJリーグ観戦歴は長い(笑)
サッカーだけでなく、法律がかかわる問題を簡単にご説明いたします。

Web page translation
FC2ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。