スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


J1最終残留争い
カテゴリ: J1 / テーマ: Jリーグ / ジャンル: スポーツ
J1最終節の残留争い
対象は4チーム
勝ち点42 得失点差マイナス1 セレッソ大阪
勝ち点39 得失点差マイナス8 ヴィッセル神戸
勝ち点38 得失点差プラス3  ガンバ大阪
勝ち点37 得失点差マイナス7 アルビレックス新潟

ガンバと新潟は勝たない限り道は開けない。
セレッソは引き分ければ残留、神戸は勝てば残留。


~試合は動く
 ガンバは、試合開始早々サイドを破られ、シュート性のクロスをかろうじてクリアするも前田に詰められて失点。前田にシーズン最初の点を決められたチームは降格するといわれているが、最初と最後を締められてしまうのか。
 他会場では、新潟が先制する。また、セレッソが先制点を許す。

 後半に進んだ試合は、新潟がリードを広げ、セレッソが追いつく中で神戸が先制を許す。
 ガンバは追いつくものの、新潟勝利でセレッソ引き分けでは降格が決まる。ところでガンバの同点ゴールを決めた倉田のプレーは見事だった。一人でディフェンスを振り切り、角度のないところからシュートを決めた。点が決まらないガンバにとっては大きな1点だった。

 その後、セレッソは再度リードを許す。他方、新潟はリードを広げる。
 神戸は攻撃の形を作れないままに時間だけが過ぎていく。
 
 その中でガンバが勝ち越し点を許した。角度のないところで守備のプレスがかからなかったのが一番の原因。ガンバにとって、致命的な時間帯での失点となった。
 
 最終的に新潟の快勝の横で、セレッソが土壇場で同点に追いつき、それとは関係なく敗戦をした神戸とガンバが降格という結論になった。



~ 逆転の残留 … 新潟
 気持ちのつよさが現れた残留だが、ファインプレーは柳下監督だろう。前節で逆上して審判に詰め寄り、異議でのイエローをもらいそうになったブルーノ・ロペスを守った。
 その気持ちがチームに伝わった。
 勝たなければ終わりというわかりやすい構図も手伝ったとは思うし、ホームで降格が決まったチームを迎えるという構図も手伝ったと思う。
 しかし、上位が負けなければいけない中で見事に結果を残し、残留という栄誉を手に入れた。
 最後の粘りが結果をもたらした。

 日本海側のJ1の火を消さなかった。サポーターの数も多いだけに新潟の残留という結果は素直にうれしい。
 他方で新潟がここ数年苦戦しているのは、まさにバランスの悪いチーム状態が影響している。今年残留したとしても来年以降、変わらぬ問題として残る。
 新潟はどういったチームを目指すのか。J1昇格以降見えない課題に取り組まなければいけない。


~ 逆転の降格 …神戸
 首位の広島に力負けしての降格。
 今シーズン、監督をころころ代えてしまった影響を感じざるを得ない。攻撃に対する意識がまったく形になっていなかった。神戸は監督を交代してどういった形をとりたかったのか、本当に疑問になってしまう。選手はいるが、しかし選手を活かした形でのチーム作りがみえなかった。残り3試合で西野監督を解任したが、これも正しかったのかは疑問である。もっと選手を鼓舞する方策があったのではないか。
 
 いずれにせよ降格しても仕方ないところからの降格ではなく、逆転での降格だけに選手のダメージも大きいのではないか。さらにJ2降格という事実は、選手には大きな影響をもたらす。
 移籍で選手を得てきたチームだけに降格という事実を受け入れて残留する選手がどれだけいるのだろうか。
 スポンサーの関係でお金はあるかもしれない。しかし、魅力のあるチームであり続けるためには別の努力が必要だろう。


~ 力及ばず …ガンバ
 前半早々の失点がすべてだっただろうか。ディフェンスラインの最後の弱さがこの試合でもでてしまった。2失点ともに最終ラインでの弱さが出た結果だ。ディフェンスラインが耐えられないことが今シーズンの結果に表れている。
 普通のチームであれば1点とれば勝ちきれることもある。しかしガンバはそうではない。最終ラインのラインコントロールもよくなかったが、最後で我慢できる強さがなかった。失点を重ねれば勝ちきることはできない。
 正直レアンドロが入った時点でぎりぎりで残留するだろうと思っていた。しかし、レアンドロだけではどうにもならなかった。

 降格が決まり、ガンバの編成はどうなってしまうのだろうか。前線の強力なフォワードに頼り切っていたのがガンバの印象。それだけにJ2というカテゴリーが生み出す選手を確保する難しさがガンバに襲いかかる。
 強い外国人選手がいれば、ある程度J2では勝ち残れるとは思える。ただし、それでいいのだろうか。ガンバには今までの負債が積み重なっていると思えてならない。


~ 意地をみせる …セレッソ
 最後に引き分けたのは意地だろう。セレッソの結果は最終的には残留争いには影響がなかった。
 クルピ監督が復帰して以来、チームの立て直しを図ってきたセレッソだが、いい若手を育て、海外に出て行くという構図から、安定したチーム作りができていない。
 そんなセレッソでディフェンスが育っていないのは、チームカラーからなのだろうが、本当に心配だ。セレッソの最終ラインが強くなったら、本当におもしろいんだろうな、と言う個人的な興味は常にもっている。若手が是非とも出てきて欲しい。
 セレッソは若手がどんどん出てくるチームだけにJ1に残って欲しいと思っていた。来年、是非とも盛り返して欲しい。
  
  
スポンサーサイト
2012.12.01 / コメント:: 0 / トラックバック:: 1 / PageTop↑


コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
順位表
サッカーニュース
プロフィール

弁護士やす

Author:弁護士やす
Jリーグ創設元年からJリーグの試合を追いかけています。弁護士の職業よりもJリーグ観戦歴は長い(笑)
サッカーだけでなく、法律がかかわる問題を簡単にご説明いたします。

Web page translation
FC2ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。