スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


カップ戦の始まり ~ サンフレッチェ広島 対 川崎フロンターレ
カテゴリ: ナビスコカップ / テーマ: サッカー / ジャンル: スポーツ
日本3大タイトルのうちの一つ、ナビスコカップが開幕。
今年は、震災の影響で大会の方式を変更。予選リーグがなくなり、1・2回戦は、ホームアンドアウェーの対戦での勝敗、3回戦以降は一発勝負の戦いになる。試合数は少なくなるが、真剣勝負は変わらない。詳しい大会概要は、こちら

ナビスコカップの試合は、代表の試合が関わる時期に開かれる関係もあり、主力選手不在の中で行われることが多い。逆に普段出番のない若手の選手にとっては、アピールする大きなチャンスである。

~ 不在の選手
 サンフレッチェ広島は、西川周作、森脇良太、李忠成が代表で不在。攻守の要がいない上、けが人多数の中でさらに苦しい状態だ。
 対する川崎フロンターレは、今シーズンから加入した柴崎晃誠が代表で不在だ。一人とはいえ中心プレーヤーとして成長している。一方で稲本潤一が復帰しており、あまり影響がないか。


~ 立ち上がりの油断 
 前半2分に川崎がいきなり先制ゴール。ファーストシュートが広島ゴールネットを揺らした。
 センターリングを矢島卓郎が折り返し、中央フリーの山瀬功治がダイレクトでシュート。豪快に突き刺さった。
 
 広島は、立ち上がりを落ち着いてすませたいところを突かれた痛い失点。森脇がいないこともあるが、山瀬をフリーにしたのは、それだけの問題ではないかな。   
 広島の中林洋次は、西川という絶対的なGKの影に隠れて経験不足もある。そのせいかコーチング・ポジショニングに不安がある。開き直りが欲しい。


~ 和製のスタメン
 広島・川崎ともに先発はすべて日本人。
 広島のベンチには、トミッチ・ムジリといった助っ人が入っているが、日本人だけのスタメンというのは、なかなかみられない。 
 

~ 中島浩司 
 広島のボランチの中島浩司は、苦労人だ。ベガルタ仙台に在籍時は、背番号10を背負ったこともあるテクニシャンである。ジェフ千葉に在籍時は、ボランチやリベロを務めたが、主に控えだった。
 その中島は、広島では、中心選手として活躍している。

 この試合、リベロではなく、ボランチのポジションに入っている。ディフェンスラインにさがり、ディフェンスラインに加わったり、ボール回しで経由する役割を果たし、ボールを散らしたりしている。
 今日の広島の攻撃は、中島から始まる、といってもいいような状態だ。
 多少プレーが遅い面もあるが、広島の選手の信頼が厚い選手だ。


~ 膠着状態へ 
 最初は、浮き足立っているように見えた広島のディフェンスも落ち着いた。川崎が開始早々の勢いがなくなったようにも見えるが、これは広島のプレスの出足がよくなったことと無関係ではない。
 広島は、細かいパス回しからチャンスを作るが、なかなかフィニッシュにたどり着けない。

 前半28分、GK中林のパスミスを山瀬がダイレクトでシュートをねらうが、これははずれた。中林の経験のなさ、というか軽率なプレーから生まれたピンチだった。


~ 稲本潤一 
 久々の復帰だ。稲本についての説明は不要だろう、
 稲本が離脱の間、柴崎が定位置を確保した感じもする。稲本としては、定位置を取り返すための試合でもある。
 中村憲剛とのコンビは、代表経験者同士のコンビであり、バランスの取り方は抜群だ。
 運動量も豊富であり、最終ラインから最前線まで、あらゆる場面に顔を出している。

 復帰戦でこれだけ積極的に動いていると体力面での不安もあるところだが・・・


~ パスをつないでのゴール 
 前半41分、山崎のマイナスの折り返しを服部がヘディングシュートをたたきつけて同点ゴール。キーパーの手前でバウンドする、キーパーにとっては難しいシュートだった。
 広島は、この前に右サイドの石川からのボールを中島がダイレクトでディフェンスの裏にねらったパスを送り、これをさらに山崎がダイレクトで折り返した。完全に崩したゴールである。
 川崎のディフェンスの井川祐輔は、ボールが通り過ぎる際、足で触るか迷ったようなシーンがあったが、クリアは難しいシーンであり、さわったことによりオウンゴールになりかねないシュートだった。キーパーに任せた井川を責められない。


~ 交代による変化 
 広島は、後半9分に山崎に代え、ムジリ(グルジア)を投入。
 前半終了間際から後半開始にかけて川崎がボールをキープし、中村憲剛の惜しいシーンも2度ほどあった。そのような流れを断ち切るための交代だろう。
 
 川崎としては、このいい流れの中で点を取りたいところだ。

 後半14分ころから、広島がペースを取り戻し始める。
 カウンターから高萩洋一郎が左をあがる佐藤寿人ではなく右をあがるムジリにパス。ムジリがトラップで止めてそのままシュート。これが決まって勝ち越しゴールが生まれた。
 
 川崎としては、いい流れで点をとろうと前がかりになったところをやられた感じだ。


~ 川崎の攻勢
 川崎は、後半19分稲本に代えて田坂祐介、同23分に小林悠に代えて楠神順平、同28分に登里享平に代えて大島僚太を入れて攻勢にでる。 

 広島は、後半28分に佐藤寿人に代えて井波靖奈を投入。井波は1年目の選手。広島はミキッチの代役の石川大徳も2年目の選手。若い力の奮起に期待だ。

 川崎の攻勢は続く。広島が勝ち越しゴールを決めた後は、川崎によるワンサイドの攻撃ショーだ。広島もどうにかディフェンスラインが踏ん張り得点を許さない。広島はバックパスが多くなってきたが、これを川崎の2トップが激しいプレスをかけている。

 後半35分、広島が最後にきったカード、石川にかわった清水航平は22歳。若い選手がでている。広島は、若い選手の成長が著しいチームでもある。


~ 我慢しきれず 
 川崎の猛攻に対し、体を張り続けた広島の守備陣。
 しかし、川崎は、後半43分、小宮山が起死回生の同点ゴールを決める。
 
 後半42分、井波が1対1でフリーのシュートをはずす。
 次のCK、ショートコーナーから小宮山が角度のないところから思い切ったシュート。これが決まって同点。広島は、中央に意識が固まり、小宮山に対するケアが行き届かなかった。
 しかし、小宮山のシュートは見事!

 ピンチの後にチャンスあり、とは言うけど、本当にそのままだった。広島は集中力が切れたか。


 その後も川崎はチャンスを作るが決めきれず、試合終了。川崎にとってはアウェーということもあり、単なる引き分けではなく、アウェーゴール数で有利となる引き分けだった。
 広島にとっては、次は勝たなければならない試合となった。

 好調の両チームだけに第2戦も楽しみなカードだ。



サンフレッチェ広島 2 ー 2 川崎フロンターレ2分 山瀬功治(川崎)
42分 服部公太(広島)
57分 ムジリ(広島)
88分 小宮山尊信(川崎)


にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ     

スポンサーサイト
2011.06.05 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
順位表
サッカーニュース
プロフィール

弁護士やす

Author:弁護士やす
Jリーグ創設元年からJリーグの試合を追いかけています。弁護士の職業よりもJリーグ観戦歴は長い(笑)
サッカーだけでなく、法律がかかわる問題を簡単にご説明いたします。

Web page translation
FC2ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。