スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


分岐点 ~ ジェフ千葉 対 FC岐阜
カテゴリ: J2 / テーマ: Jリーグ / ジャンル: スポーツ
勝ち点19と首位とはいえ、前節守備が崩壊し完敗を喫した千葉。今日はクラブ20周年記念マッチ、かつホームゲームであり、負けられない戦いとなる。
対するは勝ち点4と最下位のFC岐阜。9試合を終えて総得点5と得点力不足が目立つ。ただし、昨年は、岐阜は千葉相手に五分五分の結果を残しており、首位とはいえ、気後れするところはないはずだ。岐阜としてはまずは得点、そしてその後の勝ち点だ。

千葉としては連敗となるとJ1昇格に向けて暗雲が立ちこめる。まさしく分岐点となる試合だ。


~ システム
 千葉は、いつもどおりオーロイを1トップにおいた4-2-3-1のシステム。もっとも、深井正樹・太田圭輔が高い位置をとり、3トップ気味になるときもある。千葉はセカンドボールをとれるかが生命線。両サイドの二人がどのような位置をとれるかが問題でもある。
 
 出だしから前節途中出場途中交代の太田が枠をとらえるシュートを2発。自分の存在感を示すためにもゴールが欲しい。
 前半9分、オーロイがCKからネットを揺らすがファールの判定。オーロイのところではファールはなかったように見えたが・・・主審の中村太さんには何か見えたのだろう。

 岐阜は4-4-2のシステム。しかし、選手個々の基本となる位置が見えない。中盤の選手も縦に一列になったりして混乱がみられる。落ち着いた場面ではボール回しはできるが、スピードアップができない状態だ。
 

~ 太田圭輔 
 前節途中出場途中交代という屈辱ともいえる起用をされた太田。
 千葉の攻撃は、オーロイに当てるところからはじまるのが基本だが、太田が入ることによりサイドからの攻撃も活性化する。太田は、裏へ抜ける動き・スピードがある。
 もっとも、シュートはことごとくゴールに嫌われているために無得点が続いているが・・・

 太田・深井サイドだけでなく中央も意識した動きができると千葉の攻撃の幅も広がってくる。

 
~ 米倉恒貴
 千葉の先制点は前半29分、米倉のミドルシュート。
 高い位置でボールを奪って、フリーになったところを思い切って打ったシュート。

 米倉は、オーロイのシャドーとして重要な位置でプレーする選手であるが、フィジカルも強くミドルシュートの精度も高い選手だ。


~ 待ちに待った得点 
 岐阜の同点ゴールはCKから。
 ノーマークの田中秀人がヘディングシュート。オーロイはほぼ競らない状態。攻撃時にも実はあまり高くは跳んではいないオーロイ。スピードにも難があるオーロイのマークをはずしての見事なシュートだった。

 岐阜は35分にも管和範が決定的なシュートを放つが、これはマークミリガンがゴールライン前でクリアする。 
 岐阜としてはここ3試合得点がなかっただけに久しぶりの得点でムードは上昇気流だ。
 ここでさらに得点を奪えれば岐阜のペースでの試合になることは間違いない。千葉のディフェンスはゾーンにこだわるばかりマークが甘くなるところがある。必ずチャンスはある。


~ 中村太主審 
 何度か見ているが、ゲームをコントロールできていないな、と。
 流すべきところを流し、ゲームの展開を早くするのはJリーグの方針だったと記憶しているが、これを壊している。ファールはファールであるが、もう少し柔軟性がないと選手やサポーターの信頼は得られないのではないか。
 後半20分の竹内彬に対するカードは審判に対する異議であろうが、流して欲しかったという気持ちはよくわかる。


~ 現在得点王 
 千葉の苦労人、深井。鹿島アントラーズ→アルビレックス新潟→名古屋グランパスと渡り歩いて千葉に在籍。
 なかなか活躍の機会がなかったが、今シーズンは、現在J2の得点王だ。PKのキッカーを務めている分、得点が多い面もあるが、昨シーズンよりもゴールに対する意識が高いことは間違いない。

 その深井が中央右よりでペナルティエリア外から思い切ったミドルシュート。岐阜のディフェンスを振り切った場面であるが、岐阜のディフェンスもあっさりと振り切られすぎの印象がある。

 深井は今シーズン6得点目。    


~ ロングスローだけではない
 オーストラリア代表にも選出されたマークミリガン。
 イメージが強いのはロングスローだ。

 そのミリガンが、64分CKに合わせて右足のダイレクトシュート。この場面もオーロイが前で競ってつぶれた後ろでノーマークの選手が生まれた。
 岐阜としては気をつけない場面でのミスだった。


~ 次につなげるために・・
 2点差とされた岐阜。サッカーでは一番危険な2点差と言われるだけにもう1点とれれば試合はわからない。

 岐阜は後半25分にブルーノ(ブラジル)を投入。ブルーノは練習生を経て登録されたばかりの21歳。そのブルーノはいきなり惜しいミドルシュート。これは岡本昌弘がパンチングでクリア。ブルーノは、中央~左よりでのプレーだが、ゴールを意識しているのがよくわかる。ブルーノとしては得た出場機会で結果を残したいのだろう。


 岐阜は、攻撃に入った際、まず人数が少ない。加えてサイドに人が流れる傾向があり、中央が薄い。この点を意識して、あきらめずハードワークを続ければ必ずいい結果がでるはずだ。もっと最後のゴールを意識したプレーを続けて欲しい。
 岐阜サポーターのためにも得点・勝ち点を目指してあきらめず戦って欲しい。


ジェフ千葉 3 ー 1 FC岐阜

29分 米倉恒貴(千葉)
34分 田中秀人(岐阜)
59分 深井正樹(千葉)
64分 マークミリガン(千葉)


にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
2011.06.13 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
順位表
サッカーニュース
プロフィール

弁護士やす

Author:弁護士やす
Jリーグ創設元年からJリーグの試合を追いかけています。弁護士の職業よりもJリーグ観戦歴は長い(笑)
サッカーだけでなく、法律がかかわる問題を簡単にご説明いたします。

Web page translation
FC2ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。