スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


負けられない戦い ~ U22日本代表対U22クェート代表
カテゴリ: U22 / テーマ: サッカー / ジャンル: スポーツ
ロンドンオリンピック予選、クェート代表とのホームアンドアウェーの第1戦、ホームゲーム。
この戦いで負けると予選敗退となる。勝ち上がると9月からのアジア最終予選に臨む。
同点の場合はアウェーゴール数で勝者が決まるだけに失点にも十分に注意したい。

クェートは、この試合ににんじん作戦を採用したとの話もある。それも、家が買えるような破格の内容となっている。繰り返しになるが、注意が必要だ。


~ 先発
 GK 権田修一(FC東京)
 DF 比嘉祐介(流経大)・鈴木大輔(アルビレックス新潟)・酒井宏樹(柏レイソル)・濱田水輝(浦和レッズ)
 MF 清武弘嗣(セレッソ大阪)・山本康裕(ジュビロ磐田)・山村和也(流経大)・東慶悟(大宮アルディージャ)
 FW 山崎亮平(ジュビロ磐田)・大迫勇也(鹿島アントラーズ)
 システムとしては、4-2-3-1が有力。
 永井謙佑(名古屋グランパス)は、足首ねんざの影響もありベンチスタート。


~ 欲しかった先制点 
 開始早々から運動量も多く、サイドをつかった攻撃が目立っていた日本。大迫・東といったところが決定機をはずし、どうなるかと思っていたが、攻撃の手をゆるめない。
 前半18分、オーバーラップした比嘉がセンタリング。大迫がキーパーと競り合い、その上を超えたところでふりーの清武が無人のゴールにヘディングシュート。これが決まって先制。

 日本は、中央とサイドの人の入れ替えが多く、ポジションチェンジをしながら、相手のディフェンスをずらす動きを続けていた。
 フィニッシュの精度が低く得点には至らなかったが、継続が生きた形だ。

 先制したことで、クェートも攻撃を仕掛けるようになるだろう。油断せず、プレッシャーをかけていかなければいけない。


~ 笛には注意か?
 この試合の笛は、イラク人の方々。
 前半27分の大迫のイエローは、相手ディフェンスを蹴ったというもののようであるが、大迫はシュートに行っており、足を蹴ったわけではない。というよりそもそも相手にあたっていなかったのではないか。

 「中東の笛」なんて言葉があったが、無駄なファールは気をつけなければいけない。


~ ようやく・・・
 追加点は、前半37分の前半8本目のCK。ニア・ショートコーナーなどを混ぜず、どちらかといえばファーを狙い続けたCK。
 清武のCKを中央で濱田がフリーでヘディングシュートを放ち、これが決まり追加点。

 清武は、これで1ゴール1アシスト。チームにとって欠かせない存在だ。


~ 修正が必要になってきた
 後半に入り、クェートが攻撃に転じてきた。
 前半とばしていたせいか、少し運動量が落ち始めている。加えてミスパスが目立ち始めている。

 一番気になるのは、選手が重なるシーンが多く見えてきた。声を出し合い、ポジションの確認をしたいところだ。
 一瞬の油断が失点につながる。特にDFは連係の修正をしたい。


~ ようやく決めた! 
 原口元気(浦和レッズ)が準備を始め、ゴールをはずし、持ちすぎたプレーも出始めた大迫が交代だろうと考えていた矢先。
 ようやく決めた、大迫!
 山崎が仕掛け、キープして右サイドの大迫へ。大迫が右足でゴールネットを揺らす。ヘディングを2度失敗した大迫、ようやく仕事をすることができた。
 
 その後の交代は、山崎。


~ 失点・・・ 
 後半23分に失点。酒井宏樹が相手との競り合いからボールを奪われ、センタリング。このセンタリングを鈴木大輔がクリアするものの、そのクリアが中途半端となり、フリーーのJ・ムタイリに豪快にけり込まれた。
 酒井宏樹がセーフティに処理しなかったミス、続く鈴木のミスとミスが二つ続いた失点だった。

 これ以上の失点は防がなければいけない。
 まずははっきりとしたプレーをすることを心がけてもらいたい。



 結局そのまま試合終了。
 原口の惜しいシーンもあったが、失点以降は、クェートのリズムだった。というより、日本が自分たちのミスでピンチを作り続けていた。
 終盤になり、運動量がおちたときのゲーム運びに課題がみえた試合だった。

 23日には、アウェーでの戦いがまっている。負けたら終わりの戦い。疲れたはいいわけにならない。しっかりと修正して試合に臨み、勝利を勝ち取ってもらいたい。




U22日本代表 3 ー 1 U22クェート代表
18分 清武弘嗣
37分 濱田水輝
61分 大迫勇也
66分 J・ムタイリ


にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
2011.06.19 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
順位表
サッカーニュース
プロフィール

弁護士やす

Author:弁護士やす
Jリーグ創設元年からJリーグの試合を追いかけています。弁護士の職業よりもJリーグ観戦歴は長い(笑)
サッカーだけでなく、法律がかかわる問題を簡単にご説明いたします。

Web page translation
FC2ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。