スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


飛躍の年へ ~ロアッソ熊本ー東京ヴェルディ
カテゴリ: J2 / テーマ: サッカー / ジャンル: スポーツ
~サッカーは顔でやるものではない
 大変恐縮な話題である。
 東京ヴェルディの川勝良一監督は、アビスパ福岡がJ2に降格した2006年に監督を務めていた。その年、福岡の博多の森競技場に観戦にいった際に利用したタクシーの運転手が「疫病神の顔」と酷評していた。実際、福岡は降格してしまったわけだが、川勝監督自身は育成にも定評のある監督である。昨年東京ヴェルディを躍進させた実力はさすがである。どこの世界でも同じかもしれないが顔がよければ人気はでる。しかし、それだけでは勝てない。川勝監督がプレーするわけではないが、個人的に川勝監督は応援したい。

~飛躍の年にできるか
 昨年J25位の東京ヴェルディと7位のロアッソ熊本。ともにJ1昇格が視界に見えた中での今シーズン。昨年からの上積みをどう作れているか、そして長いシーズンでどれだけ戦えるか。
 若いチームなだけに勢いに乗れるかも重要になる。

~開始から激しい展開
 試合開始から双方が攻め合い、ボールが動く激しい試合。
 個人技での突破が目立つ東京ヴェルディに対し、ボールをつなぐロアッソ熊本。
 東京ヴェルディは、河野、平本、飯尾といった能力の高い選手が個人技などで攻め込む。他方、ロアッソ熊本も市村が攻め上がり、チャンスを作る。
 互角の戦いといっても過言ではない。
 先制点の根占のシュートは、ディフェンスにあたってコースが変わったラッキーもあったが、思いっきりのよさが呼んだ結果である。

~新戦力マラニョン
 昨年ヴァンフォーレ甲府で活躍し、J1昇格に貢献したマラニョンは、期限付き移籍で東京ヴェルディでのプレーになった。
 来日3年目を迎えており、日本でのプレーにもなれている。
 後半開始から投入されたのも、フィニッシュを決められない攻撃にもうひとつアクセントが必要だと判断されての上であろう。投入当初こそはいい影響が出ていたが、その後ボールが回らず、孤立してしまっていたのは残念だ。

~意思の統一
 ロアッソ熊本は、一貫して攻守の切り替えを早く、早いパス回しをしていた。プレスも早い。これは、後半になっても変わりなかった。戦術の浸透具合が見て取れる。それに対し、東京ヴェルディは、ディフェンスラインが安定せず、後半になると中盤があいたため、セカンドボールが拾えない苦しい展開になってしまった。これがロアッソ熊本にさらなる勢いを与える結果となってしまっていた。1点を追いかける中、焦りもあったのかもしれない。
 川勝監督の選手交代も攻撃的な選手が続いた。バランスを崩すのもやむを得ないが、効果的だったかというと疑問符がついてしまう・・・

~試合を終えて
 ロアッソ熊本は、間違いなく昨年よりもいいチームに仕上がっていた。今日の試合が継続してできれば上位争いに加わるだろう。夏場に運動量がどうなるかも注目だ。
 逆に東京ヴェルディは、ディフェンスに修正が必要だろう。バランスが崩れることが多々あった。また、フィニッシュに向けたプレーをどうするかも考えなければならない。

~余談
 ロアッソ熊本の胸スポンサーが気になったのですが、「武者がえし」はパイ生地のおかしなんですね。石垣をイメージして作られたものらしいです。ホームページがありました。
 神城文化の森は、昭和レトロをイメージした観光施設。こちらもホームページがありました。
 ともに地元の企業です。Jリーグ開始当初は、胸スポンサーは億単位の料金でした。不況の影響でやすくなっているとはいえ、地域密着を主張するJリーグにとってはいい傾向でしょう。地元企業を大切にし、協力しなくては安定はあり得ません。
 各チーム、スポンサー獲得に大変だと思うが、地元の企業との協調を大切にしてほしい。


(結果) 
ロアッソ熊本1 ー 0東京ヴェルディ39 
根占(熊本) 

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
2011.03.06 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
順位表
サッカーニュース
プロフィール

弁護士やす

Author:弁護士やす
Jリーグ創設元年からJリーグの試合を追いかけています。弁護士の職業よりもJリーグ観戦歴は長い(笑)
サッカーだけでなく、法律がかかわる問題を簡単にご説明いたします。

Web page translation
FC2ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。