スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


混戦かそれとも ~ジェフ千葉 対 ロアッソ熊本
カテゴリ: J2 / テーマ: Jリーグ / ジャンル: スポーツ
混戦模様の今年のJ2。抜け出るチームはまだなく、また抜き出るだろうと思われるチームもまだない。千葉は首位に立つとはいえ、次節を迎えるとき3位に転落している可能性もあり、ここで勝てばという試合を必ずと言っていいくらいとれない。熊本も連勝をすれば昇格圏に飛び込むことが可能だ。

両チームはすでに今シーズン5月21日に1度対戦している。結果は1対1の引き分けだったが、試合内容としては熊本の方が押していた展開だった。ホームに強い千葉とはいえ、十分に勝ち点3を奪うチャンスはある。


~ バランス 
 千葉は、ファンゲッセルが体調不良のため欠場。代わりに伊藤大介がボランチに入り、林丈統が右サイドにはいった。システム自体は4-2-3-1のまま。林は今シーズン初先発。
 対する熊本は4-4-2。トップにはファビオ(ブラジル)と長沢駿が入る。若い2トップだ。熊本は、きれいに3列つくり、ブロックをつくる。このブロックがしっかりとしている限り、バランスは崩れにくい。

 千葉のスタメンで起用されたオーロイ・深井正樹・林、そして米倉恒貴はいずれもフォワードないしそれに近いプレーヤー。そのため、千葉は中盤にほとんど人がいない状態が続く。ボランチの佐藤勇人、伊藤がボールをもっても出すところがなく、パスを出しても熊本の守備の網にかかる。ディフェンスラインからボールをいれてもセカンドを拾う選手がいないため、熊本ボールになる。
 悪いときの千葉(たいていはセカンドが拾えない試合ばかりだが)がでている状態だ。


~ あっさり熊本が先制 
 前半5分、コーナーキックから長沢がヘディングシュートを決め、あっさりと熊本が先制。
 コーナーキックの際、千葉はマンマークではなく、ゴール前に選手が固まりゾーンでのディフェンスをする。これを研究してきた熊本は、選手を斜めに走らせ、千葉の選手の前でボールにふれるように練習をしてきたようだ。

 熊本としてはさい先のよい出だしとなった。


~ あっさりと同点
 先制された千葉は、前半9分に距離があるが正面からのFKのチャンス。いつもは伊藤が蹴るところだが、林がスタンバイをする。林が直接ねらったボールは、キーパー南雄太の手前でバウンドし、南ははじくのが精一杯。はじいたボールを竹内彬が詰めて同点ゴールとなった。

 早い段階で同点にした千葉は、勢いにのり勝ち越しをねらっていきたいところだろう。


~ 修正できず 
 千葉は、選手のポジショニングの悪さ、バランスの悪さをいっこうに修正できなかった。ハーフタイムで修正してくるかと思っていたが、全く変わっていなかった。セカンドを拾うことが命の千葉の攻撃にとっては致命的ともいえることなのだが。
 逆に熊本としては、千葉の攻撃に対処しやすかったと思われる。千葉のパスや競ったボールがフリーの状態で自分のところにやってくるのである。練習の賜といえることで、高木琢也監督の思惑どおりであろう。千葉は、ファビオのマークには手を焼いていただけに勝ち越しゴールは熊本の方にでる感じがしていた。


~ アクシデント 
 そんな中、後半開始早々、熊本に予想外の出来事が起きる。片山奨典が後半5分、6分と立て続けにラフプレーでイエローカードを受けて退場。2枚目は厳しい感じもしたが短期間の中でやりすぎた感じがする。
 これで、2トップを1トップに代えて4-4-1に変更せざるを得なくなった。熊本にとって、ディフェンスラインと中盤のバランスは生命線である。
 そして、この2つのラインをしっかりしていれば、千葉の出来からして失点をする可能性は低い。


~ 怒る高木監督
 熊本は、後半40分過ぎくらいから西森正明、チョソンジンの2人を交代で入れようとしていた。ところが、なかなか交代ができない。選手は準備ができているし、プレーも3度ほど切れたが交代できない。
 第4の主審が、交代を告げる電光掲示板の準備に手間取っていたためである。紙に何か書いていたので交代の選手が変更になったのかもしれないが、あまりにお粗末な状態。第4の主審に怒鳴りつける高木監督の姿があった。「なにやってるんだ、早くしろよ」と。
 気持ちはわかる。交代して流れを変えようとタイミングを見計らってしようとした交代を意図的でないにしろ審判に邪魔されているのである。


~ バラバラの千葉 
 千葉は、後半15分に林に代わり青木孝太を投入。青木孝太は、セレッソ大阪の乾と同じ野洲高出身の選手だ。青木孝太が投入されたのは右サイド。そして青木孝太は左利き。青木孝太は途中で米倉と交代して中央に移動するまで、センタリングもあげられず、右足でキックをするのを怖がっている感じだった。これを見ると何のための交代だったのか。

 千葉は後半40分に青木良太を下げ、久保裕一を投入。そして3バックに変更する。正直千葉のディフェンスラインは3バックでしのげる能力はない。ディフェンス間にスペースがあく分、長沢やファビオの狙いどころになるだろう。熊本としては、勝負に出た千葉にチャンスをもらったといっても過言ではない。
 パワープレーに出たという評価もできるかもしれないが、中盤がすっぽりあいていた千葉に必要な交代ではなかった。オーロイとかぶる久保はほとんど見せ場がなかった。


~ 混戦模様 
 結局そのまま試合終了。早い段階で一人減った熊本にとっては仕方のない引き分けだろう。千葉は、頭一つ抜き出る機会を失い、混戦に踏みとどまる結果となった。栃木戦の結果次第では首位も入れ替わるが、1位~4位までは順位がすぐに入れ替わる。
 そして、最近好調の東京ヴェルディの存在も楽しみだ。
 中位と少し離れてきた感じもするが、まだまだJ2の混戦は継続しそうだ。



ジェフ千葉 1 ー 1 ロアッソ熊本

5分 長沢駿(熊本)
9分 竹内彬(千葉) 
スポンサーサイト
2011.07.10 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
順位表
サッカーニュース
プロフィール

弁護士やす

Author:弁護士やす
Jリーグ創設元年からJリーグの試合を追いかけています。弁護士の職業よりもJリーグ観戦歴は長い(笑)
サッカーだけでなく、法律がかかわる問題を簡単にご説明いたします。

Web page translation
FC2ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。