スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


協会に異議をだしたい・・・
カテゴリ: ニュース
 日本プロサッカー選手会が2月の臨時総会で労働組合化を決めたそうです。いつから労働組合化するかは今後の議論によるようです。
 ちなみにお隣のプロ野球では、既に労働組合化されています。
 今現在は、選手で構成される日本プロサッカー協会は単なる団体にすぎません。今回あえて労働組合化することを選択したわけです。では、労働組合化をするとどうなるか?
 憲法でも認められている団結権・団体交渉権・団体行動権が認められることになります。さらに労働委員会に届出をすることにより、仲裁などの手続きを利用することも可能となります。
 イタリアのセリエAが開幕する際、最近よくストライキが話題にあがりますよね。労働組合化したことにより団体行動権が認められると、日本でもJリーグでストライキをすることなどが可能となります。
 労働組合の構成員は多いほど、団結した行動がとりやすくなります。もっとも労働組合に加入することを強制すること、加入することを阻害することは認められていません。今後、どのような方向で労働組合を組織していくかは、日本プロサッカー選手会の手腕にもかかわることでしょう。

 日本代表の報酬の件について、話し合いを継続していくというけど、どうなるのでしょうか。場合によって、代表戦をストライキでやめる、ということもあるのでしょうか。
 日本代表というのはサッカー選手にとっての一つのあこがれであり、難しい気もします。
 ストライキとなれば、チーム・サポーターに対する影響も大きなものになります。もっとも、その威嚇がストライキの大きな魅力なのですが・・・

 カズやゴン中山など比較的高齢の選手もでていますが、サッカー選手の寿命は、やはり短いです。十分な収入もなく、業界を去る選手もたくさんいます。引退後の生活において、指導者や解説などに進めるのはごく一部。大多数は、第二の人生を送るのに大変な苦労をしています。私の知り合いのサッカー選手は、引退後に備え、大型二種免許をとっていました。
 現役として働ける期間が短い以上、その間の待遇は大切なものです。短期間としては給与はよくても(若手は新入社員のサラリーマン以下です。)、長い目でみるとどうなの?という気持ちがあり、以前、巻誠一郎選手に「長い目でみれば、やすさんは俺たちの何倍も稼ぐから」と言われたこともあります。
 
 弁護士の立場としては、労働組合を結成し、意見を主張することはいいことだと思います。
 選手にとってもチームにとってもサポーターにとってもいい方向にむかうことを祈りたいです。



(ニュースはこちら)
http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2011/03/09/kiji/K20110309000394690.html


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
2011.03.09 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
順位表
サッカーニュース
プロフィール

弁護士やす

Author:弁護士やす
Jリーグ創設元年からJリーグの試合を追いかけています。弁護士の職業よりもJリーグ観戦歴は長い(笑)
サッカーだけでなく、法律がかかわる問題を簡単にご説明いたします。

Web page translation
FC2ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。