スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


一戦必勝 ~ セレッソ大阪 対 浦和レッズ
カテゴリ: ナビスコカップ / テーマ: Jリーグ / ジャンル: スポーツ
ナビスコカップ準々決勝。準々決勝からACLに出場していたチームが参戦。そして、準々決勝は一発勝負。勝った方がベスト4に進む。タイトルへと近づく一戦。負ければ終わり。一戦必勝だ!
ホームは、ACLに出場したチームである。

セレッソ大阪は、ACLベスト8で敗退し、清武弘嗣、キムボギョンといったところが怪我。しかし、若手の成長は著しい。今年のリーグ戦は厳しい戦いが続くが、来年以降、本当に楽しみなチームだ。
対する浦和レッズは、リーグ戦15位と大苦戦。チームとしてのまとまりを欠く厳しい状況だ。ナビスコで勝ち抜くとそれだけリーグに集中できな悪循環に陥ることにはなるが、チームに勢いをつける試合ができれば、リーグでの戦いも変わるかもしれない。


主審は吉田寿光さん。


~ 先制は思わぬところから
 浦和は攻撃の形ができないと言われている。実際、フィニッシュの直前くらいのプレーから苦し紛れのプレーが増え、決定的なフィニッシュにたどり着けないことが多い。
 
 しかし、この試合、先発の入れ替えが功を奏しているのか、バランスがいい。あとは山田直輝が開始早々から躍動している。
 高い位置で扇原貴宏が緩いプレーでクリアしようとしたところを山田直輝にボールを奪われ、そのまま中央に折り返される。
 これをクリアにいった茂庭照幸がこれもクリアしそこねて足に当たったボールはそのままセレッソのゴールに吸い込まれた。
 浦和の選手が競り合ってたわけではなく茂庭の反応の方が早かったわけだが、中途半端に早かったのが致命傷となってしまった。

 決定力に苦しむ浦和は、山田直輝のプレーが先制点のプレゼントをもたらした。


~ 浦和らしくない
 この試合、いい意味で今シーズンの浦和らしくない試合が展開されている。
 一言でいえば試合開始から積極的な試合を展開している。

 目立っているのはエクスデロセルヒオ、山田直輝の二人だが、ここにマルシオリシャルデスの出場停止で機会を得た梅崎司が絡んでいる。
 1トップが孤立義務だったチームが、エクスデロセルヒオが前線にはることで2トップ気味となっている。エクスデロセルヒオは積極的な仕掛け、ディフェンスが光り、デスポトビッチの孤立を防いでいる。
 あとは柏木陽介のポジションがいつもよりも前目のようだ。前線のパス回しに巧く関わっている。

 ディフェンスラインでいくと両サイドのあがりが抑えられている感じがする。それからラインが少し低めで裏をとられることを警戒している。

 セレッソが防戦ということで攻撃に迫力がないせいか、ディフェンスのバランスもなかなか崩れない。裏をねらわれるボールが少ないこともあり、ディフェンスラインが崩れていた印象はいまのところはない。


~ 若さ故か 
 セレッソは、先発がベストメンバーから最大評価で5人異なる。選手の入れ替えでチーム力をあげてきたセレッソであるが故にベストメンバーが誰かということは評価が難しい。
 
 前線でキープできるポイントがないのも苦労している理由かもしれない。
 小松塁というターゲットはいるが、うまく生かせていない。防戦のためか2列目の選手がうまく絡めていない。

 浦和のプレスの出足がいいが、これが最後まで持つとは思えない。形勢逆転は十分に考えられるところだ。


~ ギアチェンジ
 後半にはいり、スピードのある村田和哉を投入したセレッソ。村田がスピードを活かし、前線をかき回す。
 セレッソの前線の特徴である選手のポジションチェンジも少しずつだが出てきた。

 後半16分には、播戸竜二を投入してさらに前線を厚くする。扇原との交代だが、この試合、扇原は動きが悪すぎた。注目の選手ではあっただけに残念だ。
 セレッソもあとはフィニッシュの精度の問題だ。1点入れば試合はどうなるか本当にわからなくなる。
 

~ 播戸竜二
 いつもの前線ではなく、中盤でボールを受けた播戸竜二からの浮き球のパス。一度は浦和のディフェンスがヘディングでクリアしようとするが、そのボールを再度播戸が前線にスルーパス。この時点で浦和のディフェンスは中央播戸に意識は集中し、後ろにいたファビオロペスをフリーにしてしまった。
 裏へ抜けたファビオロペスは落ち着いてゴールに流し込んだ。

 後半28分で押していた浦和は同点に追いつかれる。ここで強い気持ちで戦えるか下がってしまうのか。
 準々決勝から一発勝負なだけに点を取らなければ勝ち上がれない。両チーム点をねらって戦うしかない。


~ 流れの中から
 浦和の流れからの得点はいつ以来みていなかっただろう、
 中央山田直輝→デスポトビッチ→柏木陽介→梅崎司→デスポトビッチと右サイドから左サイドに流れ、最後に中央に戻ってきたボールをフィニッシュ。エクスデロが前で跳び、デスポトビッチの得点をサポート。最近の浦和ではみられなかった流れるような攻撃、そしてサポートする動き。ボールを持ちすぎないパス回しも最近の浦和ではそう簡単にみられるものではない。

 浦和が見事なチームで奪った得点で勝ち越した。


~ 試合を終えて … セレッソ
 若い選手にムラがでた前半の試合展開だった。オウンゴールは扇原の怠慢といわれても仕方のないプレーからだった。
 また、2列目の選手にボールをキープ、さばける選手が欠けていたのは大きかった。パスミスが招くピンチ。これは2失点目のきっかけとなった。
 
 これでねらえるタイトルは天皇杯のみとなった。
 できることなら若い選手に出場の機会を与えてチーム力の向上を図って欲しいところだが、来年のACLの出場権は得たいところだろう、。
 リーグ戦と天皇杯とどううまく戦うか注目をしたい。


~ 試合を終えて … 浦和
 最初の方でふれたが、いい意味で今シーズンの浦和らしくない試合だった。
 チームとして試合の大半機能していた試合を見たのは、いつぶりだろう。攻撃も連動していた、守備も大きく崩れた場面も少なかった。ねばりも最後まであった。動きが停滞し、個人技に走りバランスを崩すという浦和の姿はなかった。
 今日のような試合ができればリーグ戦の降格争いにも光明が見えるのではないか。
 もっとも安定しない戦いが浦和の弱点でもあるし、ペトロビッチ監督の采配でもあるのだが。できれば、同じメンバーで次のリーグ戦も戦って欲しい。

 ナビスコの次の相手は、リーグ戦で軽くひねられたガンバ大阪。リベンジのチャンスとして欲しい。
        


セレッソ大阪 1 ー 2 浦和レッズ
9分 オウンゴール(浦和)
73分 ファビオ・ロペス(セレッソ)
83分 デスポトビッチ(浦和)

にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


2011.10.05 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


オレンジ決戦ナビスコver2 ~アルビレックス新潟対清水エスパルス
カテゴリ: ナビスコカップ / テーマ: Jリーグ / ジャンル: スポーツ
第1戦は、清水エスパルスが2-1でアルビレックス新潟を破った。しかし、わずか1点差。しかもアウェーゴールという点では、新潟が1点取っているということもある。

どちらも勝ち上がるためには、勝ちを目指して闘う必要がある。


主審は飯田淳平さん。国際主審の資格をもっている若手審判。


~ 新潟の先発 
 新潟は、普段スタメンのアンデルソン、菊地直哉、小澤英明といったところがベンチスタート。センターバックは、鈴木大輔と千葉和彦。フォワードはブルーノロペスとミシェウのブラジル人コンビ。
 先発をいじってきた。


~ 先制点
 ファーストレグを終了し、差がでているだけに先制点がこの試合を大きく左右する。
 試合開始早々からしみずの方が積極的に仕掛けている印象がある。先制点を奪えば有利に試合を展開できるという考えはあるだろう。逆に新潟は得点を奪わなければ仕方ない。

 清水の思惑が実現するのは前半25分。
 小野伸二のスルーパスに高木俊幸がライン際で追いつき折り返し。このボールを武田洋平がはじくが、ボールは大前元紀の前へ。大前の一度目のシュートは武田がはじくが、そのボールをもう一度大前がシュートし、これが決まる。

 小野の見事なスルーパス、そして追いついた高木のプレーが生み出した先制点。大前も2度度のシュートを落ち着いて打てた。

 新潟は、先制点を奪われ、90分で勝利するためには3得点が必要となった。


~ 追撃弾 
新潟の攻撃は、選手の動きが少ないため、ボールのだしどころがない。そのため、停滞し、横パスやバックパスがどうしても増える。
 どうにかしないとと思っていたところ・・・

 チョヨンチョルの縦への仕掛けからマイナスのパス。ボスナーのマークをはずしたブルーノロペスがダイレクトでシュートを決める。チョヨンチョルの仕掛けというのも久方ぶりに鋭いものをみた気がする。ブルーノロペスも得点を決めたことで気分がよくなっているだろう。
 得点が入ったことで新潟のリズムはよくなるか。

 しかし、ブルーノロペスのマークをはずしたボスナーの守備はいただけなかった。


~ 勝負の後半
 清水は守り抜けば勝利。対する新潟は、1得点以上奪って勝たなければ負けが決定してしまう。

 残り45分。新潟は攻めるしかない。
 対する清水は、小野のプレーがよく効いている。効果的なパスの供給でペースをもって試合を進められるか。清水は、後半から小野に代えてユングベリを投入。小野が効いていただけに残念な交代だが、コンディションが完全ではないのかもしれない。
 ユングベリもまだチームにフィットしていないので、その真価は見えない。


~ 振り出しから・・・ 
後半、新潟がペースを握る。これは小野が交代したことと無関係ではない。
 
 後半10分、ミシェウのディフェンスラインとゴールキーパーの間に入れたボールを山本海人がどうにかはじくが、そのボールを田中亜土夢がダイレクトでシュートを決める。ミシェウのセンタリングもよかったが、田中のシュートもよかった。
 清水のディフェンスラインが中途半端であったことから生まれたゴールでもあった。

 その直後、酒井高徳の折り返しを平岡康裕が股を抜かれそうになったところを防ごうとして、ボールはミシェウの前に転がり、ミシェウがこれを押しこんで追加点。
 押されて振られたところでついていけずに慌てる清水の悪い癖が出てしまった。

 この時点で、このまま試合終了すれば新潟の勝利。逆に清水が1点とれば試合に負けてもアウェーゴールで勝ち上がることとなる。


 清水はそのまま見せ場もないまま試合は終了。攻撃の形が見えないまま無念のホイッスルを聞くことになってしまった。
 新潟は会心の逆転勝利でナビスコカップ準決勝進出が決定。

 準々決勝は、名古屋グランパスとの戦いとなる。


~ 試合を終えて … 新潟 
 久々の勝利、そして快勝。この後のリーグ戦にも勢いを与えるのではないか。
 ただし、リーグ戦のスタメンと多少異なるメンバーで勝ち取った勝利。次のリーグ戦でどういった選手起用をすべきか、黒崎監督も悩むところだろう。

 前半最初にみられたような前線の動きの停滞がみられるようだと得点力不足は解消できない。チーム全体で勢いにのり、動きを保てるようにしなければならない。

 ナビスコで勝ち上がってもリーグで降格しては意味がない。いいイメージで次戦に臨んで欲しい。


~ 試合を終えて … 清水 
 小野不在の戦い方にやはり不安を残す。ボールがおさまらず、また、効果的な攻撃も影を潜めてしまう。ボールの失い方もあっさりしているため、守備にも負担がかかる。それほど中盤で奪えるチームではないので、最終ラインにかかる負担も大きい。そしてその最終ラインが何より安定していない。サイドからの攻撃、裏へぬけるボールに対し、安定した対処ができていないのは誰がみても明らかなところだろう。

 攻撃も決してリズムはよくない。同じラインに選手が重なるシーンがよくみられた。これでは決定機を演出するのは難しい。ユングベリもポジションがよくないのもあって、なかなかボールにさわれない。他の選手と近い位置にいすぎる気がする。
 
 今シーズンなかなかかみ合わない守備と攻撃。ヨンアピンの絡み方などまだまだ高めるところが多い。      



アルビレックス新潟 3 ー 1 清水エスパルス
25分 大前元紀(清水)
36分 ブルーノ・ロペス(新潟)
55分 田中亜土夢(新潟)
58分 ミシェウ(新潟)

にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ
にほんブログ村

2011.09.29 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


神奈川ダービー ナビスコver1 ~ 横浜Fマリノス対川崎フロンターレ
カテゴリ: ナビスコカップ / テーマ: Jリーグ / ジャンル: スポーツ
ヤマザキナビスコカップ1回戦のファーストレグ。
今年は東日本大震災の影響もあり、予選リーグはなし。トーナメント方式となっている。
リーグ戦では明暗わける両チーム。横浜Fマリノスとしては、週末のガンバ戦に向けて温存しつつ勢いをつけたいというある意味矛盾した希望をもつ試合。栗原勇蔵、大黒将志といったところがベンチスタート。
対する川崎フロンターレは、リーグ戦8連敗中。なによりも勝利が欲しい。しかし、中村憲剛、稲本潤一といったチームを支える選手が欠場と厳しい状況。先発の小林悠はリーグ戦途中出場ながら結果を残しており、期待したい。

主審は山本雄大さん。28歳とのこと。


~ 出鼻をくじく
 ゴールキーパーからのボールを渡邉千真がセンタリング。菊地光将がカットに入り、キープしようとしたのだろうが、ここでトラップが大きくなり、小野裕二にペナルティエリア内で奪われる。そのボールをパスをうけた兵藤慎剛がけり込んで先制は横浜FMに入った。

 先の失点は避けたかった川崎にとっては、あげたくなかった先制点だが、中途半端なプレーが生んでしまった失点。これも連敗中故の焦りからだろう。連敗中の川崎の守備はいつも厳しさが足りず、はっきりしない守備をする。気持ちが張りすぎるが故に視野が狭くなり、判断の幅が狭くなっている。


~ 2段目
 川崎の守備はやはり悪い。プレッシャーをかけられないまま、ズルズル下がり、人はいるが相手にプレッシャーはかからないという状態が続く、攻撃は守備からというが、守備がまとまらない。

 横浜FMの2点目はサイドで小野が薗田淳に競り勝ち、そのままサイドをあがる。薗田は出足が遅れる。中央に折り返したボールを渡邉がダイレクトでゴールに突き刺す。菊地が足を出すが、プレッシャーはかからない。

 前半スタートダッシュを欠けている横浜FMにとっては予定以上の結果がでている。
 対する川崎は、ディフェンスの一歩目が遅い。プレッシャーが全くかかっていない。


~ 孤軍奮闘 
 川崎の攻撃の核、ジュニーニョ。個人技での突破からチャンスを作る。田坂裕介の決定機を演出し、後半13分には裏に抜け、中澤祐二にゴール際でクリアされたが決定的なシュートも打った。
 
 ただ、残念なことは、川崎のチャンスは常にジュニーニョの個人の力から生まれる。ジュニーニョの力は賞賛すべきであるが、他からチャンスが生まれない。チームとしての崩しの中でのジュニーニョではなく、ジュニーニョの個の力頼みの状態になってしまっている。


~ 三段目
 交代後4分後のプレー。川崎の心を砕くに十分な3点目。

 兵藤がボールにさわらず中央に流れたボールに薗田が反応しきれず、大黒将志の足下へ。田中祐介も十分に詰め切れず、プレッシャーもかかり切らないままシュートを放たれる。これが突き刺さり、3点目。

 大黒のシュートも素晴らしかったが、それ以上に得点のたびに思うのは、川崎の守備の甘さ。負けを重ねるごとにプレッシャーが徐々にかからなくなっているのは個人的な気のせいだろうか。
 この試合、川崎の選手にイエローが多く出ているが、一歩遅いからファールにせざるを得なくなる。


~ 詰め
 ロスタイム、裏に抜けた大黒がダイレクトで出てきたキーパーの頭を越えるループ。
 巧いシュートだ!簡単にやったように見えて本当に絶妙なシュートを放った。

 試合展開として余裕があっただけに気持ちにも余裕があっただろう。
 大黒の裏にぬける動きは秀逸とはいえ、川崎のディフェンス陣もあっさりと裏を取られる。


~ 総括 
 横浜Fマリノスは思った通りの試合展開ができており、危ないシーンも少なかったことから、この試合は会心の試合だったのではないか。いいイメージで週末の試合に臨めるだろう。
 ただし、ガンバ大阪は攻撃力が高いチームだけに2~3度見せていたピンチは多くなるだろう。ここをどうしのぐかがポイントになる。

 対する川崎は、やはり重症だ。
 攻撃は置いておくとしてやはり守備の立て直しが急務だ。ある程度の荒治療をすべきではないか。今日は井川祐輔をはずしてきたが、意識の高さがかわっていない。人はいる、プレーもきちんとしている、だけど質の高いプレーはできていないというのが現状だ。川崎の評価で「悪くない」という言葉をよく聞く。逆を言えば「よくはない」ということだ。守備の連係の悪さ、プレッシャーのかからなさは本当に気になる。高い意識をもち、失点を防がなければならない。課題を守備にしてでも失点0で抑える試合をまずは作らなければいけないのではないか。得点をしてもそれ以上の失点をすれば負ける。そして打ち勝つだけの攻撃力も今の川崎にはない。
 守備に重点を置くというのは相馬監督の本意ではないかもしれないが、現状の問題点をみれば、守備をどうするか、である。
 応援に駆けつけるサポーターのためにも勝利をつかんで欲しい。次はリーグモンテディオ山形戦。降格圏に沈むチームを相手にするのは浮上のきっかけをつくるいい契機になるが、他方で負けると降格圏を気にせざるを得なくなり、さらに悪循環に陥いる、
 今日0ー4の負けというのは次の試合にも重くのしかかる。若い相馬監督にとっては「切り替え」の仕方というのが本当に難しいと思う。 


~ 山本雄大 
 笛の吹き方がまだ若さと経験のなさを感じる。流すべきシーンで試合を止めたり、多少ファールの取り方にぶれがみえたりした。
 しかし、まだ28歳ということもあり、今後経験を積んでいい審判に育って欲しい。



横浜Fマリノス 4 ー 0 川崎フロンターレ
6分 兵藤慎剛(横浜FM)
24分 渡邉千真(横浜FM)
69分 大黒将志(横浜FM)
90分+1 大黒将志(横浜FM)


にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
2011.09.15 / コメント:: 2 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


どちらの攻撃力が ~ 川崎フロンターレ対サンフレッチェ広島
カテゴリ: ナビスコカップ / テーマ: サッカー / ジャンル: スポーツ
ともに攻撃力を自慢とする両チーム。勝ったチームが次のステージに進む。
両チームともリーグ戦では足ぶみしている状態であるが、ここで勝って勢いをつけたいところだろう。

主審は中村太さん


~ 先制点は小林悠 
 広島の守備が中央に固まり、田中祐介がフリーに。
 中央からパスをうけた田中がミドルシュート。これを西川周作がはじいたとおころに小林が詰めて川崎の先制ゴール。
 広島の守備のバランスがよくないことを表した失点であったと思う。あの位置でサイドバックをフリーにし、シュートを打たれるようでは厳しい。

 そして田中のシュートが打たれた瞬間、ディフェンスの足がとまった。どうなのか・・・


~ 悲観することはない 
 広島は失点するまでの間は、ボールをキープしていた。
 裏へ抜けるボールに対し、川崎のセンターバックの井川祐輔や菊池光将が対応に苦労しているというシーンもある。
 広島は、佐藤寿人や李忠成といったところが裏にぬけるときにどれだけいいボールを供給できるか、そしてそれと相関してどれだけいいミドルシュートが放てるかだろう。

 広島は佐藤寿人の1トップで李と高萩洋次郎の2シャドーのようであるが、生命線はこの3人のポジションの前後。固定した感じで動きがすくなくると一気にチャンスを作れなくなる。

 広島は狭い範囲で苦しいパス回しをしている感じがする。もう少しフィールドを有効に使えるといいのだろうが。


~ 同点ゴールは芸術的 
 中島浩司がキープしたボールを中央の高萩にパス、高萩がダイレクトパスで落としたボールを佐藤寿人がトラップでディフェンスを振り払い、ゴールに突き刺す。
 広島らしいゴールだった。
 
 菊池は、佐藤のマークにつきなが、高萩に気持ちがいき、佐藤をフリーにしてしまった。


 
~ ディフェンス 
 両チームとも最終ラインが甘いかな、と。
 裏へねらわれる質のいいボールが出されると両チームとも対応できないのではないか。
 そして、両チームとも左サイドが弱いように感じられる。
 
 
~ カウンター 
 佐藤寿人が何度か相澤貴志のファインセーブに阻まれた後の広島のコーナーキック。
 このこぼれ球を拾った登里亨平がドリブルで持ち込む。ジュニーニョに対するパスの選択肢を持たせつつ、シュートを放つが一度は森崎和幸がブロック。しかし、これが登里の進路、かつ西川の逆をついた位置に転がり、登里が、角度のないところからシュートを決めて勝ち越し。
 
 広島は、このプレーの前、攻勢にでて佐藤寿人が2度ゴールに襲いかっかったがゴールには至らなかった。これが大きくでた。
 広島のディフェンスはもう少し早い段階で登里をつぶそうとしてたら違う結果になったかもしれないが、どのタイミングでいくか、多少の迷いがあったように見えた。


~ 決定的な得点 
 広島が森崎浩司、山岸智を入れて攻撃的にでた矢先の後半17分。広島にとっては気の重くなる得点が入る。

 中盤の大島僚太から中央小林に出したパスがつながり、小林は森脇良太のマークを外に逃げるようにはずす。そして、フリーの状態からシュートを放ち、これがほぼ試合を決定づける一撃となる。

  
~ ジュニーニョは健在 
 後半25分に交代したジュニーニョ(ブラジル)。スピードに対する恐怖は常に広島ディフェンスに与えていたと感じられる。攻撃にリズムも与え、速度を上げていた。
 川崎のフォワードに足りなかった部分を十分に補っていたと思う。足りない部分というのは、スピード、そしてなによりディフェンスに与える恐怖だ。

 一人でシュートまで行こうとするイメージが強かったが、経験とともに明確にいい方向に働いたようだ。
 ジュニーニョの活躍は他のチームにとって大きな脅威となるだろう。 


~ 紙一重の試合のようにみえるが 
 広島は、ディフェンスラインの安定は絶対的な課題。あっさりと抜かれる場面、裏を取られる場面、相手をフリーにする場面が目立つ。
 そしてもう一つ、佐藤寿人に次ぐフィニッシャーの存在。李忠成、高萩ともにフィニッシュに行く意識が薄く、また精度が悪い。この試合、佐藤寿人が決めていればと思うかもしれないが、この二人が他の機会に決めていればよかった問題。そして、シャドーの恐怖があがることにより佐藤寿人の怖さも増す。
 この試合、決定的なシュートは佐藤寿人のものだけといって過言ではない。

 他の選手の奮起がなければ今後のリーグ戦は厳しくなるのは間違いない。   



川崎フロンターレ 3 ー 1 サンフレッチェ広島
10分 小林悠(川崎)
39分 佐藤寿人(広島)
54分 登里亨平(川崎)
62分 小林悠(川崎)


にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
2011.07.28 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


カップ戦の始まり ~ サンフレッチェ広島 対 川崎フロンターレ
カテゴリ: ナビスコカップ / テーマ: サッカー / ジャンル: スポーツ
日本3大タイトルのうちの一つ、ナビスコカップが開幕。
今年は、震災の影響で大会の方式を変更。予選リーグがなくなり、1・2回戦は、ホームアンドアウェーの対戦での勝敗、3回戦以降は一発勝負の戦いになる。試合数は少なくなるが、真剣勝負は変わらない。詳しい大会概要は、こちら

ナビスコカップの試合は、代表の試合が関わる時期に開かれる関係もあり、主力選手不在の中で行われることが多い。逆に普段出番のない若手の選手にとっては、アピールする大きなチャンスである。

~ 不在の選手
 サンフレッチェ広島は、西川周作、森脇良太、李忠成が代表で不在。攻守の要がいない上、けが人多数の中でさらに苦しい状態だ。
 対する川崎フロンターレは、今シーズンから加入した柴崎晃誠が代表で不在だ。一人とはいえ中心プレーヤーとして成長している。一方で稲本潤一が復帰しており、あまり影響がないか。


~ 立ち上がりの油断 
 前半2分に川崎がいきなり先制ゴール。ファーストシュートが広島ゴールネットを揺らした。
 センターリングを矢島卓郎が折り返し、中央フリーの山瀬功治がダイレクトでシュート。豪快に突き刺さった。
 
 広島は、立ち上がりを落ち着いてすませたいところを突かれた痛い失点。森脇がいないこともあるが、山瀬をフリーにしたのは、それだけの問題ではないかな。   
 広島の中林洋次は、西川という絶対的なGKの影に隠れて経験不足もある。そのせいかコーチング・ポジショニングに不安がある。開き直りが欲しい。


~ 和製のスタメン
 広島・川崎ともに先発はすべて日本人。
 広島のベンチには、トミッチ・ムジリといった助っ人が入っているが、日本人だけのスタメンというのは、なかなかみられない。 
 

~ 中島浩司 
 広島のボランチの中島浩司は、苦労人だ。ベガルタ仙台に在籍時は、背番号10を背負ったこともあるテクニシャンである。ジェフ千葉に在籍時は、ボランチやリベロを務めたが、主に控えだった。
 その中島は、広島では、中心選手として活躍している。

 この試合、リベロではなく、ボランチのポジションに入っている。ディフェンスラインにさがり、ディフェンスラインに加わったり、ボール回しで経由する役割を果たし、ボールを散らしたりしている。
 今日の広島の攻撃は、中島から始まる、といってもいいような状態だ。
 多少プレーが遅い面もあるが、広島の選手の信頼が厚い選手だ。


~ 膠着状態へ 
 最初は、浮き足立っているように見えた広島のディフェンスも落ち着いた。川崎が開始早々の勢いがなくなったようにも見えるが、これは広島のプレスの出足がよくなったことと無関係ではない。
 広島は、細かいパス回しからチャンスを作るが、なかなかフィニッシュにたどり着けない。

 前半28分、GK中林のパスミスを山瀬がダイレクトでシュートをねらうが、これははずれた。中林の経験のなさ、というか軽率なプレーから生まれたピンチだった。


~ 稲本潤一 
 久々の復帰だ。稲本についての説明は不要だろう、
 稲本が離脱の間、柴崎が定位置を確保した感じもする。稲本としては、定位置を取り返すための試合でもある。
 中村憲剛とのコンビは、代表経験者同士のコンビであり、バランスの取り方は抜群だ。
 運動量も豊富であり、最終ラインから最前線まで、あらゆる場面に顔を出している。

 復帰戦でこれだけ積極的に動いていると体力面での不安もあるところだが・・・


~ パスをつないでのゴール 
 前半41分、山崎のマイナスの折り返しを服部がヘディングシュートをたたきつけて同点ゴール。キーパーの手前でバウンドする、キーパーにとっては難しいシュートだった。
 広島は、この前に右サイドの石川からのボールを中島がダイレクトでディフェンスの裏にねらったパスを送り、これをさらに山崎がダイレクトで折り返した。完全に崩したゴールである。
 川崎のディフェンスの井川祐輔は、ボールが通り過ぎる際、足で触るか迷ったようなシーンがあったが、クリアは難しいシーンであり、さわったことによりオウンゴールになりかねないシュートだった。キーパーに任せた井川を責められない。


~ 交代による変化 
 広島は、後半9分に山崎に代え、ムジリ(グルジア)を投入。
 前半終了間際から後半開始にかけて川崎がボールをキープし、中村憲剛の惜しいシーンも2度ほどあった。そのような流れを断ち切るための交代だろう。
 
 川崎としては、このいい流れの中で点を取りたいところだ。

 後半14分ころから、広島がペースを取り戻し始める。
 カウンターから高萩洋一郎が左をあがる佐藤寿人ではなく右をあがるムジリにパス。ムジリがトラップで止めてそのままシュート。これが決まって勝ち越しゴールが生まれた。
 
 川崎としては、いい流れで点をとろうと前がかりになったところをやられた感じだ。


~ 川崎の攻勢
 川崎は、後半19分稲本に代えて田坂祐介、同23分に小林悠に代えて楠神順平、同28分に登里享平に代えて大島僚太を入れて攻勢にでる。 

 広島は、後半28分に佐藤寿人に代えて井波靖奈を投入。井波は1年目の選手。広島はミキッチの代役の石川大徳も2年目の選手。若い力の奮起に期待だ。

 川崎の攻勢は続く。広島が勝ち越しゴールを決めた後は、川崎によるワンサイドの攻撃ショーだ。広島もどうにかディフェンスラインが踏ん張り得点を許さない。広島はバックパスが多くなってきたが、これを川崎の2トップが激しいプレスをかけている。

 後半35分、広島が最後にきったカード、石川にかわった清水航平は22歳。若い選手がでている。広島は、若い選手の成長が著しいチームでもある。


~ 我慢しきれず 
 川崎の猛攻に対し、体を張り続けた広島の守備陣。
 しかし、川崎は、後半43分、小宮山が起死回生の同点ゴールを決める。
 
 後半42分、井波が1対1でフリーのシュートをはずす。
 次のCK、ショートコーナーから小宮山が角度のないところから思い切ったシュート。これが決まって同点。広島は、中央に意識が固まり、小宮山に対するケアが行き届かなかった。
 しかし、小宮山のシュートは見事!

 ピンチの後にチャンスあり、とは言うけど、本当にそのままだった。広島は集中力が切れたか。


 その後も川崎はチャンスを作るが決めきれず、試合終了。川崎にとってはアウェーということもあり、単なる引き分けではなく、アウェーゴール数で有利となる引き分けだった。
 広島にとっては、次は勝たなければならない試合となった。

 好調の両チームだけに第2戦も楽しみなカードだ。



サンフレッチェ広島 2 ー 2 川崎フロンターレ2分 山瀬功治(川崎)
42分 服部公太(広島)
57分 ムジリ(広島)
88分 小宮山尊信(川崎)


にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ     

2011.06.05 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


順位表
サッカーニュース
プロフィール

弁護士やす

Author:弁護士やす
Jリーグ創設元年からJリーグの試合を追いかけています。弁護士の職業よりもJリーグ観戦歴は長い(笑)
サッカーだけでなく、法律がかかわる問題を簡単にご説明いたします。

Web page translation
FC2ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。