スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


第46回青梅マラソン
カテゴリ: マラソン大会 / テーマ: マラソン / ジャンル: スポーツ
第46回を迎える人気の大会である青梅マラソンに出てきました。

中央線河辺駅で下車をして会場に向かうこの大会は、青梅街道をコースにする大会で10キロコースと30キロコースがあります。
私は当然30キロコースに出場しました。
エントリーの人数が1万5000人もいたそうです。そして制限時間は、4時間。30キロの大会としては適切なところでしょう。

ちなみに参加賞はTシャツ。
完走賞はストラップでした。

コースは、ハイカラの街、青梅の商店街を通り抜け、あとは坂・・・
青梅の商店街を通り抜けるときは、赤塚不二夫博物館の前を通るとき、付近のレトロな店から松村和子さんの「帰ってこいよ」が流れてきて、往復の道の遠さを実感しつつ、レトロな感じにぴったりな選曲と関心。

しかし、その後は、ただひたすら坂の連続。青梅マラソン名物ですね。
左手に渓谷、右手に中央線を見ながらのランニング。景色はなかなかです。
沿道の応援もよかったです。チョコレートや氷砂糖を差し入れてくれる人たちがたくさんいましたし、バナナやリンゴをくれる人たちもたくさんいました。青梅の名前からも連想される梅の差し入れもありました。ボランティアの準備した給水所もありました。本当に暖かい応援でした。

坂ばかりなので、当然疲労もたまり、普通の大会よりも疲れます・・・

へとへとになって帰ってきたレトロな街並みでまっていた曲は・・・AKBのヘビーローテーションでした。
ちょっとどこではなくがっかり・・・AKBどうのではなく・・・

完走賞のストラップですが、おうめくんのストラップかと期待していましたが、単なる皮のストラップでした。正直残念・・・


正直、長距離に慣れていない人には本当に厳しい大会だと思います。
片側1車線の道路に大勢が走るだけではなく、何よりも坂が厳しい。平地でのジョギングの慣れていても、相当厳しいと思います。
来年どうするかはわかりませんが、楽しかったです。

次は京都マラソン。きちんと準備して臨みたいです。
2012.02.19 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


第32回館山若潮マラソン
カテゴリ: マラソン大会 / テーマ: マラソン / ジャンル: スポーツ
千葉県館山市で開催された館山若潮マラソンに出てきました。
夏場は海水浴でにぎわう館山ですが、実は魚がおいしい街でもあります。

私が出場したのは、フルマラソンの部。他には10キロの部とファミリーの部(2キロ)があります。
フルマラソンの制限時間は6時間。20キロ地点に2時間50分、33キロ地点に4時間四〇分で関門があります。

まぁ、朝から寒かったです。風も強いし、曇っているし・・・
手荷物預けに3〇〇円払い、集合場所へ。

コースは、海辺を中心に走るコースで、内房の海がこんなにきれいだとは思っていませんでした。眺めがいいです。ただ、海辺はやはり風が強い・・
フラワーロードという菜の花が植えられた道を走るのですが、菜の花の時期はもう少しのようです。
平坦な部分が少なく、どちらかといえば坂が多いです。疲れてきたときに30キロ付近でやってくる長い坂が本当に心を砕きます。

この大会、交通規制が不十分なため、普通に車両が通行してくる箇所が多いです。最後は路側帯を走っていました。田舎ゆえに車しか移動手段がなく、また、抜け道が少ないことが影響しているのでしょうが、交通事故が起きてもおかしくないと思います。
改善は難しいでしょうね。

ゴール後は豚汁が振る舞われます。地元の作り方なのかな。少し特殊な感じでした。


最後は、館山のゆるキャラダッペェ。こんなのいたんですね。

館山若潮
2012.01.29 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


第10回新宿シティハーフマラソン
カテゴリ: マラソン大会 / テーマ: マラソン / ジャンル: スポーツ
新宿10


国立競技場スタート、国立競技場ゴールの大会に出てきました。写真は、スタートラインと電光掲示板を写したものです。照明が工事中のようです。

東京都新宿区という街を走るという楽しみと、他方でコースをどうとるかという苦しさが表れている大会でした。
人数に比して少し走路が狭すぎるかなという思いがあります。スピードをあげようとしても、前に人が詰まっていてなかなかうまくいきませんでした。人がばらけてきたのは8キロ地点くらいだったでしょうか。2周目(周り方は違うけど3周です)以降、さらにコースが狭くなります。
1週目より2週目が短く、3週目はさらに短い。距離感とペースがつかみづらいコースでしたね。
2週目にトンネルを800メートルくらい走るのですが、トンネルは距離も速度もわかりづらいですね。完全にペースが乱れました。
途中、車両を通したり、歩行者を通したりをしていましたが、やむを得ないでしょう。

途中でトイレに駆け込みましたが、そこは2週目に入る前に公園に準備されていた仮設トイレに駆け込みました。タイムは・・・2時間を少しだけ超えてしまいました。

まぁ、とは言え楽しく走ることができました。初めてだったのでコースがわからず少し困惑気味でしたけど、新宿のハンズの前を通ったときは、「ここか」と思いました。
普段走れないところを走るのは楽しいですね。

参加賞は、ゴール後にもらえました。ポーチかな。記録賞も当日にもらえます。まぁ並びますが・・・

同じ時期に、市原高滝、フロストバイト、サンスポマリンなどありますが、個人的にはこの大会が一番好きかもしれないです。


人気ブログランキングへ
2012.01.15 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


第3回香取小江戸マラソン
カテゴリ: マラソン大会 / テーマ: マラソン / ジャンル: スポーツ
千葉県香取市で開催される香取小江戸マラソン。第3回目を迎えることになりました。
水の郷という肩書きを持つ香取市。

スタートは、香取市にある香取神宮。そこから香取市内を走ることとなります。親子コース、5キロコース、10キロコースと設定され、10キロコースは、香取の古い町並み、川辺を走ることができます。スタートは共通で香取神宮の入り口の鳥居付近です。

10キロコースに出ないとなかなか香取の街を堪能することはできません。田園風景の中を走るだけになります。
コース全ての特徴としては、スタートまもなく、長くなかなか急な坂の上り下りがあり、これを折り返して帰ってきたときにもう一度体験します。最後の坂がなかなか厳しく感じます。
地元の人たちが多く参加しているようで、ほのぼのとした大会です。

会場でのサービスとしては、けんちん汁、そして地元の特産の紫いもをふかしたものが振る舞われます。ふかし芋は大人気で長蛇の列ができていました。
3回連続参加しましたが、ふかし芋は食べられませんでした。

香取神宮の商店街が会場付近にあります。コースの一部でもありますが、ここで団子を食べることができます。
香取の名産は、うなぎがあります。これは、地元の店で食べられます。マラソンで走った後に体力を回復させるというのも楽しみの一つです。ちなみに私は、毎年ウナギを楽しみに走っている口です。


小江戸マラソン

人気ブログランキングへ
2011.12.11 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


ゆりかもめリレーマラソン
カテゴリ: マラソン大会 / テーマ: マラソン / ジャンル: スポーツ
東京都の有明にある有明臨海防災公園で開催された第1回ゆりかもめリレーマラソンに参加してきました。
新日本スポーツ連盟東京都連盟が主催になります。会場は東京都内の公園を問い合わせ続け、どうにか見つけたとのことでした。

この大会、最近のはやりでもあるのですが、1チーム10名以内のランナーでタスキをつなぎつつ、フルマラソン(42.195キロ)を走るというものです。

会場は、防災公園というだけあって、開けたところです。
繧・j縺九b繧\convert_20111123183740

コースの反対側がよく見えるので、自分のチームのメンバーがどこにいるのかもよくわかりました。

制限時間は4時間半、1周1.31キロのコースになります。100チームの定員だったはずですが、少し少なかったようです。できるだけ時間を短縮するため、1周ごとにタスキをつなぎ続けます。
こういった大会の特徴でもあると思うのですが、何周走ったか、それぞれの周回のタイムはどれくらいかということを自分たちで記録していきます。
最終周は赤いタスキをつけて走ることになります。

で、我がチームですが直前のキャンセルが出て、なんとチームを形成するのに最低限必要な4名(4名以上のチームという制限あり)。きつかったですね。
最終のタイムは3時間15分28秒と一人で走ったらとてもでないタイムでのゴールとなりましたが、予想外に9周走ったため、明日は筋肉痛間違いなし・・・

入賞の商品やとび賞の商品がありました。写真にちょっと写っていますが、農作物です。我がチームもとび賞でじゃがいも1箱をいただきました。
手作り感があふれる大会でした。大会運営に特に支障があるようなこともなく、第2回以降、よりよくなっていく大会だと思います。
個人で走るだけではなく、こうやってタスキをつないでチームで走るというのもいいですよね。でも、次回はもう少し人数を集めて臨もうと思います。

参加された皆様、お疲れ様でした。

人気ブログランキングへ
2011.11.23 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


順位表
サッカーニュース
プロフィール

弁護士やす

Author:弁護士やす
Jリーグ創設元年からJリーグの試合を追いかけています。弁護士の職業よりもJリーグ観戦歴は長い(笑)
サッカーだけでなく、法律がかかわる問題を簡単にご説明いたします。

Web page translation
FC2ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。