スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


ジャイアントキリング ~ アルビレックス新潟対松本山雅
カテゴリ: 天皇杯 / テーマ: サッカー / ジャンル: スポーツ
天皇杯3回戦。富山新庄クラブに勝利したアルビレックス新潟とJ2の横浜FCに勝利した松本山雅との一戦。
松本山雅は、過去を3度(湘南・浦和・横浜FC)破っている。


主審は岡部拓人さん。


~ 先発
 松本山雅
  GK 白井
  DF イジョンミン 飯尾 多々良 阿部
  MF 小松 北村 久富 木村
  FW 木島(良) 塩沢
  4-4-2のシステム
  ベンチには、松田直樹さんのユニフォームが置かれている。

 対する新潟は、ほぼベストメンバーで臨んできた。
  GK 小澤
  DF 酒井高徳 石川 鈴木 村上
  MF 本間 三門 チョヨンチョル 田中
  FW ミシェウ ブルーノロペス
  予想フォーメーションは4-4-2になっているが、実際は、4-2-3-1だろう。


~ 立ち上がりの油断
 立ち上がりボールを支配したのは新潟。落ち着いてボールを回し、攻撃に移る。足しうる松本山雅も高い位置からのプレスを意識してボールを自由には回させない。 

 しかし先制したのは、松本山雅。裏をねらうボールを徹底し、奪ったコーナーキック。これを多々良が中央でヘディングシュート。ブルーノロペスの頭を越えるボールでキーパーの前に飛び込む多々良。新潟の村上・田中はマークをはずしてしまい、フリーにさせてしまった。

 松本山雅が先制したことで、試合はおもしろくなってきた。
 攻めざるを得ない新潟とカウンターをねらう松本山雅のせめぎ合いが注目となる。


~ モチベーションの高さ
 松本山雅は、出足と運動量で新潟を上回る。下がるとやられることがわかっているのか、とにかく前に出ようとする意識が強い。
 前半からとばしているだけに体力が持つかは不安が残るところだ。

 また、ブルーノロペスやチョヨンチョルといったレベルの選手とは普段は相対していないだけに、どこまで両選手を抑えられるかも見所だ。


~ 攻めるしかない・・・
 新潟は、後半開始とともに田中に代えて川又を投入。2トップにして得点を狙いにくる。
 
 対する松本山雅は、やることは変わらない。高い位置からのプレス、そして裏へのボール。あきらめない動き。
 前への意識が強い分、中途半端なプレーが少なく、それがいい方向に向かっている。


~ 我慢のとき
 松本山雅は後半15分くらいから少しずつ動きが鈍る。選手間の距離も長くなり、新潟はその分チャンスが増える。やはりブルーノロペスやチョヨンチョルの個人技には突いていけなくなってきている。しかし、最後のところでねばる松本山雅。
 新潟はとにかく継続して攻め続けるしかない。
 
 雨が強くなってきた。滑りやすくなったピッチ、そして雨はどう影響がでるのか。
 ピッチがスリッピィになってくるだけにグランダーのミドルシュートも効果的になってくる。


~ 焦り 
 残り10分になり、新潟の焦りは表だって見えるようになってきた。
 疲れがみえてくる時間なだけにアンデルソンを投入して、個人技にかけることもありうると思うのだが、そういった雰囲気はない。と思っていた後半38分にアンデルソン投入。三門にかわっての投入となるが、場合によっては単にバランスを崩す結果になりかねない。
 
 3トップから4トップ気味になって攻め続ける新潟。前線が厚くなった分、中盤が薄くなっているが、ミシェウやブルーノロペスが下がってきてボールを受けてもいる。
 しかし、松本山雅のディフェンスへの集中力は落ちない。最後のラインを割らせないという集中力は新潟を凌駕している。

 最後まで守りきった松本山雅がJリーグ勢に連勝を飾った。
 次の相手は、横浜Fマリノス。松田直樹さんが在籍したことがある両チームの戦いとなる。横浜Fマリノスは、中盤のパサーと大黒といった裏へ抜ける選手、小野のような縦へのスピードがある選手がそろっているが、松本山雅が今日のような戦いをできるのであれば、チャンスはあると思う。
 天皇杯ならではの快進撃。次も期待したい。
    

~ 岡部拓人
 前半39分、ミシェウとイジョンミンにイエローカード。ミシェウがイジョンミンの頭をこづくようなシーンがあったが、その前後のプレーと合わせて、試合を落ち着かせる意味でのイエローだったと思われる。
 
 後半27分の酒井高徳へのイエローは少し厳しい。ファールをもらいにいった動きにも見えた。



アルビレックス新潟 0 ー 1 松本山雅
5分 多々良敦斗(松本山雅)

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 

2011.11.17 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


天皇杯2回戦 ~ 大宮アルディージャ対福岡大学
カテゴリ: 天皇杯 / テーマ: サッカー / ジャンル: スポーツ
天皇杯2回戦。福岡大学がJ1の大宮アルディージャに挑む。
福岡大学は1回戦でホウヨウACエラン大分を2-0で下しての2回戦進出。天皇杯出場は2年ぶり26回目となる。近年ではU22代表の名古屋グランパスの永井謙佑が所属していたチームである。


~ 先発
 大宮
 GK 北野 DF 村上 片岡 深谷 杉山 MF 植田 青木 東 FW 金久保 渡邉 ラファエル
 先発はリーグ戦に近いメンバー。4-3-3。もう少し細かくみると、4-2-3-1気味。
 

 福岡大学
 GK 藤嶋 DF 黒木 串間 牟田 岸田 MF 長谷 仮屋 黒氏 FW 清武 田村 田中
 注目は牟田。世代別の代表の経験もある。清武はセレッソ大阪の清武の弟。4-3-3。大宮と比較すると守備的な布陣。4-1-2-3という感じになるだろう。


~ 出だしの勢い
 福岡大が立ち上がりはペースを握る。裏をねらったロングボールに猛然と選手が絡み、決定機を2度迎える。出だしにいきなり清武に決定機を作られたことで、大宮は少し浮き足立った感がある。ゲームを落ち着かせたいところだろう。
 しかし、福岡大の立ち上がりはよかった。大宮のミスもあって得点に至ってもおかしくないシーンが2度あった。


~ 地力
 大宮も徐々にペースをつかみ始めるが、片岡のヘディングシュートも藤嶋のファインセーブに阻まれる。
 福岡大は、素早いプレスで厳しいディフェンスを続けて、大宮の中盤を抑えている。ボールを少し持ってしまうと福岡大の厳しいマークにあってしまう。福岡大のディフェンスを崩すためにはシンプルなパス回しが必要となる。福岡大は1人に対し2人マークがつくことがあるだけに、これをかわせれば大きなチャンスになる。

 前半は0-0で終了。福岡大の厳しいプレスが目立った前半だった。大宮は前半の終盤は攻め込んでいたようにも見えるが、効果的な攻撃かときかれると疑問な感じのものだった。
 ジャイアントキリングに燃えるアマチュアを相手にする難しさも感じる前半だったが、後半に福岡大の体力が持つか楽しみでもある。


~ 後半へ
 福岡大は、後半スピードのある岡田を投入。その岡田が突破しようとしたところをたまらず片岡がユニフォームを引っ張って止めてイエローカード。岡田のスピードは大宮ディフェンスを苦しめそうだ。

 時間とともに福岡大がラインをあげられなくなってきている。岡田が前線で孤立するようになってきている。大宮の攻撃の時間が長いこともあるのだろう。ディフェンスでは決定機を与えていないものの、防戦一方となるといつ破られるかわからなくなる。

 後半18分、上田のフリーキックが直接きまり、大宮が先制。崩された結果の得点ではないものの、守備に追われている福岡大にとっては苦しい失点となるか。攻撃に気持ちが切り替えられることになるが・・・

 と思った直後に田中の同点ゴールが決まる。前の文を打ち込んでいる最中だった。大宮のディフェンスのクリアミスで高くあがったボールに後ろから飛び込んで蹴ったボールがネットを揺らした。右のアウトサイドにぶつけた難しいシュートだった。

 苦労して取った得点がいきなり無と化した大宮の方がダメージは大きいだろう。逆に福岡大には勢いが与えられた。  
 石原を投入して攻撃に厚みを増そうとするが、慌てているのか少し強引な攻めが目立ってきた。福岡大は中央をきっちりと守っているだけに単純な攻撃では崩せない。

 結果延長でも決着がつかず、PKで福岡大学が勝利した。ひたむきなプレーが技術の差を押さえ込んだ。


~ 試合を終えて … 大宮 
 最初から福岡大の気迫に押されて思うようなゲームプランができていなかったと思う。リーグで低迷していることも関係しているだろう。どうしてもプレーが消極的に感じてしまう。
 リーグ戦で残留争いをしている中では、後に尾を引きそうな試合展開だった。ここで気持ちを切り替えてリーグ戦のみに集中するということができればいいのだが・・・

 いい選手が多くいながら結果につながらない大宮は、やはり得点への意識が弱いことではないだろうか。ゴール前での思い切ったプレーというのが少ない。中盤でパスが回っても最後が怖くない。エリアの前での仕掛けが少ないから怖くない・・・

 リーグ戦も残り少なく、尻に火がついている状況は変わりない。残留力という言葉が使われてきたチームだが、今年はどうしても最後の強さが感じられない。
 残りのリーグ戦、ここにかけるんだ!という強い思いを期待したい。
 

~ 試合をおえて …福岡大
 よくまとまったチームであり、各自が役割をきちんと果たしているチームだという印象。プレスをかかさず、相手にペースを渡しきらなかったことは本当に素晴らしかった。勝利に値する試合を展開した。
 東、片岡と相手選手の突破を止めるためにユニフォームをあからさまに引っ張りカードをもらったことからすると福岡大の攻撃力はあなどれない。

 アマチュアがプロを破るジャイアントキリングは天皇杯の醍醐味である。今日のような試合を次も見せてくれることを期待したい。



大宮アルディージャ 1 ー 1 福岡大学
 P       K   3 ー 5  


にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 
2011.10.10 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


天皇杯2回戦 ~FC東京対FC鹿児島
カテゴリ: 天皇杯 / テーマ: サッカー / ジャンル: スポーツ
天皇杯2回戦。2回戦からJリーグのチームも参戦する。
毎年、アマチュアのチームがJリーグのチームを破る試合が出ている。モチベーションの差が大きくでる戦いでもある。
FC鹿児島は創部2年目のチームで今シーズン九州リーグで2位につけるチーム。1回戦では佐賀リクシルを5-0で破っている。谷口堅三はサガン鳥栖でのプレー経験もある。


~ 先発
 FC東京 
 GK 塩田 DF 椋原 森重 徳永 中村 MF 梶山 高橋 田邉 谷澤 羽生 FW ルーカス

 FC鹿児島
 GK 船川(航) DF 辻 愛甲 吉元 山内 内山 MF 松元 前田 内薗 田上 FW 谷口 

 FC東京は、ベストメンバーで臨んできた。油断はないようだ。
 対する鹿児島は、5-1-3-1の守備的な布陣。守備に重点を置いてカウンター狙いだ。


~ 技術の差
 先制はやはりFC東京。パスをカットしようとした鹿児島の選手の足にあたったボール、これが谷澤へのラストパスになってしまった。
 谷澤が流し込んで先制点が入った。

 ディフェンスが何とか反応しようとしたプレーだったが、うまくコントロールすることはできなかった。

 鹿児島はもったいない失点だったが、気持ちは落とさずに戦って欲しい。


 さらに2分後、混戦から抜け出そうとした梶山を内薗が倒してしまいPK献上。
 追加点と思われたが、ルーカスのPKは船川が止めた。船川は17歳の高校生。ルーカスのPKはコースをねらっただけに強さがなかった。
 これで鹿児島に少し勢いがもどった。


~ 自力の違い
 鹿児島は防戦一方。5バックで守備に意識を置いているためか、ラインが下がってしまい、クリアしたボールは拾えない。仮に拾ったとしても、上がりが遅いため個人の能力で勝るFC東京にあっさりとボールを奪われてしまう。負けている展開だけにもう少し思い切った攻めを見せて欲しいところだが、そこまでの余裕はない。

 前半30分、中央でフリーの森重にヘディングシュートを決められ2失点目。人はいるが、相手につくことができていなかった。FC東京の中村と鹿児島の田上のマッチアップは、この試合の中では見所だが、ここは中村がフリーでセンタリングをあげ、アシストを記録した。

 前半41分、鹿児島はセットプレーからチャンスを迎えるが、シュートは空振りに終わってしまった。
 前半44分のセットプレーにヘディングで合わせるがゴールの上。
 前半40分をすぎて鹿児島にもチャンスが出てきた。活路はやはりセットプレーか。


~ 自分たちの形で 
 鹿児島は後半から普段採用しているという4バックに戻した。2点差あるだけに守っていても仕方がない。普段の力がどれだけ通用するか、だ。
 後半になり、疲れのためかパスミスが多くなり、ボールに対する反応も遅れだしてきた。試合展開的には、攻撃もできるようになり、見せ場もできているだけにもう一がんばりして欲しい。


~ 最後は自力の差 
 後半31分、ルーカスが石川直宏のセンタリングに合わせてヘディングシュートを決める。鹿児島の選手もついてはいたが、ルーカスの強さが出た。  

 後半45分、谷澤が今日2得点目のミドルシュートを決める。坂田大輔のマイナスのボールをダイレクトでコースをねらいすました素晴らしいシュートだった。 
 

 鹿児島は、最後までがんばった。臆することなく戦っていたと思う。田上、船川(航)は、素晴らしいプレーをしていたと思う。
 しかし、対するFC東京は、J2で戦ってはいるものの、J1レベルの強さのあるチーム。強さを見せつける戦いをしていた。
 プロチームにアマチュアが挑むことができる大会。必死なプレーには見習うべき点が多くあると思う。

 
FC東京 4 ー 0 FC鹿児島
14分 谷澤達也(FC東京)
30分 森重真人(FC東京)
76分 ルーカス(FC東京)
90分 谷澤達也(FC東京)

 
2011.10.09 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


順位表
サッカーニュース
プロフィール

弁護士やす

Author:弁護士やす
Jリーグ創設元年からJリーグの試合を追いかけています。弁護士の職業よりもJリーグ観戦歴は長い(笑)
サッカーだけでなく、法律がかかわる問題を簡単にご説明いたします。

Web page translation
FC2ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。